LINEで送る
Pocket

 

 

 

何か買い物をする時に、

お金を使うことに

罪悪感を感じてしまう。

 

 

 

インターネットで

欲しかった商品を

注文した時に、

「お金を使ってしまった」と

後悔してしまう、

罪に感じてしまう。

 

 

 

 

管理人は

日々生活している中で

このような考えが

よく出てきてしまうので

「一体なんでだろう」と

考えるようになりました。

 

 

 

 

深く考えてみると

子供の頃に刷り込まれた

思い込みが

大人になっても

そのまま生きていて、

それで苦しくなっている、

ということに気がつきました。

 

 

 

 

今回は

お金を使うことへの

罪悪感について、

管理人なりの考えを

述べていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

お金を使うことへの罪悪感、それは過去に刷り込まれた思い込みのせい

それは親のお金への価値観だった

 

 

 

そもそも

今管理人が手にしているお金は

自分で仕事をして

稼いで得たお金です。

 

 

 

正直このお金を

どう使おうと

管理人の勝手です。

 

 

 

外でご飯を食べに行っても

全然いいし、

ポケモンセンターで

好きなだけポケモンのグッズを

買ってもよし。

自由に使っていいはずのものです。

 

 

 

 

だけど・・・

いざ買い物をしようとする時、

いざお金を使おうとする時、

そしてお金を使った後・・・

管理人は

「お金を使ってしまった・・・

なんて罪深いんだ」と

思うことがあります。

 

 

 

お金の大きさに関わらず

ふとした時に

こんな風に

罪悪感を感じてしまうんです。

 

 

 

 

どうして

この罪悪感を感じるのか。

よくよく思い出してみたところ、

親のお金のに対する価値観が

そのまんま生き残っている、と

いうことに行き当たりました。

 

 

 

 

子供の頃、

親は「とにかく節約をして

生きることが正義、

お金をたくさん

持っていることは悪いことだ」という

価値観を植え付けてきました。

 

 

 

実際両親は

管理人にお金を支払っている様子は

見せなかったし、

常に節約節約と

言い聞かせていました。

 

 

 

またことあるごとに

お金を持ってそうな人を見ると

妬ましいような顔で

見かけており、

その様子を見ていた

子供の管理人は

必然的に「お金を使うこと、

お金を持っていることは

悪いことだ」と

思い込んでしまったんです。

 

 

 

 

その思い込みのまま

大人になってしまったので、

今も時時々

お金を使うことに

罪悪感を感じてしまうと

言う状態を引き起こしていたんです。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

お金を使うことへの罪悪感、それは過去に刷り込まれた思い込みのせい

まとめ;その価値観はもういらない!

 

 

 

 

昔の価値観に

縛られていたということに

気がついた管理人は、

その他の生活に対する

価値観についても

子供の頃に親を見て育ってきたことが

大きく影響しているということが

よくわかりました。

 

 

 

やはり幼少期の生活というのは

その人の人生にとって

すごく大きな影響を与えるんだな、と

深く思い知らされました。

 

 

 

 

きっと幼少期の管理人は

「親に見捨てられないよう

親の望むような子供」で

あろうとしたために、

親の価値観を

黙って飲み込んでいたんだと思います。

 

 

 

「あーそうなんだ。

そうしないと自分の眠る場所も

食事をとることも

できなくなってしまう」。

 

 

 

大げさでなく

こんな風にしないと

見捨てられてしまうと

考えたため、

ちょっと苦しいですが

飲み込んだんです。

 

 

 

子供ながらに

生き抜く方法を

考えていたんだなと思います。

 

 

 

 

正直この価値観のまま

この先何十年も

生きていくということは

できないです。

 

 

 

なのでこの価値観を

少しずつでいいから

崩していきたいと思います。

 

 

 

 

だってその方が

ずっとずっと生きやすいですし

自分のために

お金を使っているんだから

楽しいはずです。

 

 

 

 

ただ長年使っていたこの価値観を

そう簡単には崩せない、と

いうことは管理人も実感しています。

 

 

 

自分のお金なんだから

使っていいと言い聞かせても、

昔の価値観が

「いやいやそれは駄目でしょう」と

邪魔をしてくることなんて

しょっちゅうです。

 

 

 

なかなか消えてくれないこの価値観。

じっくり腰を据えて

変えていきたいなと思っています。

 

 

 

 

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です