LINEで送る
Pocket

 

 

 

ありのままの自分で

そのままの自分で行くこと。

 

 

 

それは少し勇気がいることだし

恥ずかしいって

感じてしまうかもしれません。

 

 

 

だけど

そのままの自分で

進むことができたら、

生きることができたら、

何も着飾る必要がないし

非常に生きるのが楽になります。

 

 

 

今回はありのままに生きる

そのままの自分で生きるという点について

管理人なりの気持ちを

述べていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

☆気まま日記☆そのままの自分でいってみる、これができたら超楽

くせ毛なのも心配性なのもそのままにして生きる

 

 

 

くせ毛なのがコンプレックスだった管理人。

湿度が高い日などは

毛先がくるくるになってしまい

四方八方にぴょんぴょんと

髪の毛が飛び跳ねてしまうくらいのくせ毛です。

 

 

 

そのくせ毛が

どうしても好きになれなくて

毎朝ストレートアイロンをかけては

何とかこのくせ毛を隠したいと

努力していました。

 

 

 

ところがある日、

髪を切りに行った時に

美容師さんにこう言われたのです。

 

 

 

「髪に癖があった方が

将来的におしゃれをしやすい。

髪の量が減ってくると

ストレートだと

薄毛なのが目立ってしまうけれど

くせがあるとそれを隠すことができる。

年を取っただけでなくって

今この時もワックスなどを使って

そのまんまおしゃれすることもできるんですよ」

 

 

 

(゜Д゜)ぽかーん

 

 

 

数十年悩まされていたくせ毛は

美容師さんのこの一言で

管理人の長所になったのでした。

 

 

 

そう自分の欠点だと思っていた点は

裏を返せば長所になることもあるのです。

 

 

 

美容師さんから言わせてみれば

私のくせ毛はパーマがかかっているように

いい感じのウェーブらしいです。

うまくワックスやスプレーなどで

調整してあげれば

ストレートアイロンを使わなくても

大丈夫だよとのことでした。

何だったんだこれまでの苦労は・・・w

 

 

 

また自分が非常に心配症ということも

実は欠点だと思っていたのですが

裏を返してみれば

非常に慎重で物事をしっかりと見極めている。

その点で仕事上で

かなり重宝されていることに

気が付きました。

 

 

 

「細かいところに気づいてくれるから助かる」という言葉を

何度も上司からかけられています。

 

 

 

ほんと心配症でどうしようもないなーと

否定的に思っていましたが、

大人になってから

これが長所に変わって

今とても驚いている状況です。

 

 

 

自分のそのままの個性を

活かしていけば

こんなにも生きやすくなるんだなと、

欠点と思わず長所との部分として

伸ばしていけば

こんなにも生きるのが楽なんだなぁと

実感しました。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

☆気まま日記☆そのままの自分でいってみる、これができたら超楽

まとめ:欠点は長所になる!!

 

 

 

ありのまま、そのままの自分の状態で行く、

つまり自分の何かしらの欠点と

思ってる部分を隠さないで生きる。

 

 

 

普段だったら

ストレートアイロンを必死に当てて

まっすぐにしていた髪の毛も

あえてブローして

ストレートアイロンをかけず

くせ毛を生かしていく。

 

 

 

心配性な部分も

仕事では非常に役に立つので

それをフルに活かして仕事する。

 

 

 

こうすることで

だいぶ心も軽くなりましたし、

それに意外と自分の欠点って

役に立ってたんだなぁということに

気がつきました。

 

 

そしたら途端に生活するのが、

生きていくのが楽になったので

何も武装しないで

ありのままの自分でいくって

本当に楽なんだなーって感じました。

 

 

 

もし今自分に

何かコンプレックスがあったら

そのコンプレックスについて

深く掘り下げてみてください。

 

 

 

どうしてもそのコンプレックスについて

自分で長所を見つけられないようであれば

信頼できる友達

もしくは全く関係ない第三者の方に

相談してみて

別の視点から見てもらうようにすることを

お勧めします!

 

 

 

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です