LINEで送る
Pocket

 

 

 

無意識に唇を噛み切ったり、

指のささくれを

むいてしまったり、

とがったもので

肌を突き刺したり・・・

 

 

 

気が付いたら

血まみれになっている。

 

 

 

このような自傷癖

悩まされている方は

多いのではないでしょうか?

 

 

 

かくいう管理人も、

自傷癖に悩まされている

一人です。

 

 

 

噛み切ったり、

破いてしまうと

やはり痛いですし、

傷がついてしまうと

目立ってしまいますよね。

 

 

 

ですので何度も、

「やめよう、やめよう」と

思うのですが、

なかなかやめられず、

今現在も自傷癖に困らされています。

 

 

 

そこで今回は、

自傷癖の原因と

その改善方法

ご紹介したいと思います。

 

 

 

少しでも同じ悩みで

困っている方の

役に立てればと思います。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

自傷癖はこうして改善しよう!自分を傷つけてしまう理由と改善方法

自傷癖って例えばどんな行為?

 

自分で自分を傷つけてしまう

自傷癖。

 

 

 

自傷癖の行為とは

一体どういうものなのでしょうか。

 

 

 

自傷癖の行為には

主に以下の様なものが

挙げられます。

 

 

 

・自分の体を切りつける

リストカットやアームカット、

レッグカットなどが挙げられます。

代表的な場所としては

手首のリストカットです。

 

 

 

・自分の体に火傷をさせる

例えば

火のついたタバコや

ライターの火を

体に押し付けたりします。

 

 

また熱湯を

かけたりすることによって、

火傷をするようなこともあります。

 

 

 

・自分の頭を壁に強く打ち付ける

・自分の髪の毛やまつげなどを抜く

・食べ過ぎ、食事を極端にとらない、食べても吐いてしまう

・爪を噛む爪をはがす、皮を剥く

 

 

 

ちょっとした行為ですが、

この爪を噛むという行為や

皮をむくという行為も、

自傷行為に含まれます。

 

 

 

軽いものですと

癖ということも考えられますが、

血が出るまで

ボロボロになるまで

噛んでいる場合や

剥いている場合は

自傷行為の可能性がすごく高いです。

 

 

 

管理人は、

皮を剥くという行為

非常に多いです。

 

 

 

気がつくと

手がボロボロになっており、

血まみれになっていることが

あります。

このため

絆創膏は常に持っていないと

心配になってしまいます。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

自傷癖はこうして改善しよう!自分を傷つけてしまう理由と改善方法

自傷癖の理由とは?

 

 

 

自傷癖を繰り返してしまう

理由としては、

性格面や、

感情のコントロールが

下手であること、

また周囲の注目を集めたくて

やっているという場合があります。

 

 

 

性格的な問題と言うと、

強い責任感を持っている性格だったり、

完璧主義の性格だと

人の目を必要以上に

気にしてしまいます。

 

 

 

これにより

目標を達成できなかった場合や、

何かミスをしてしまった場合、

自分をひどく責めて

自責の念に駆られてしまいます。

 

 

 

こんな現実から逃げるために、

自分の体を傷つけてしまうのです。

 

 

 

また、

自己否定の気持ちが強いと、

自傷癖が出てきてしまいます。

 

 

 

現実の自分は、

全然理想の自分に

届いていないと言う

現実と理想の差を受け止めきれず、

自分の体を傷つけることに

走ってしまうのです。

 

 

 

感情のコントロールが

下手という点で言うと、

例えば精神的に

辛いことがあった時など、

感情の乱れを落ち着かせるために、

自分を傷つけ、

気持ちを落ち着かせようとしているのです。

精神的なストレスを、

痛みで紛らわしているのではないかと思います。

 

 

 

周囲の注目を集めたくて

やっているという場合については、

自分の苦しみを

わかってもらいたい、と言う

気持ちがあってやっているとのこと。

 

 

 

自分でも

あまり気が付いていないかも

しれませんが、

誰かに助けて欲しい、

助けてもらいたいと言う

気持ちがあって

自傷行為をやってしまうのです。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

自傷癖はこうして改善しよう!自分を傷つけてしまう理由と改善方法

自傷癖はこうやって改善しよう!

 

この自傷癖を改善する方法としては、

自分を傷つけると言うことではなくて、

別の行動にすり替えるということが

一番良い改善方法です。

 

 

 

例えば、

何かショックな事があり

気持ちが落ち着かない時は、

自分を傷つけるのではなく、

深呼吸をしてみたり、

ストレッチをしてみたり、

或いは不安な気持ちを

紙に書き出すという風に

別の行為をやると良いです。

 

 

 

逆に

「 自分を傷つけてはいけない」と

強く思い込みすぎると、

余計に自傷癖が進んでしまいます。

 

 

 

管理人も

「傷つけるのをやめなければ」と

何度も止めようと思いましたが、

そのプレッシャーのせいで

精神的に追い詰められ、

余計に自分を傷つけていました 。

 

 

 

ですので、

まずは自分が

何か不安なことがあると

自分を傷つけてしまいがちということを

受け入れてしまいましょう 。

 

 

 

その上で

自分を傷つけそうだなと

気がついたら、

何か別の行動(ストレッチなど)を

行うようにしてみましょう。

 

 

 

このようにすることで

自傷癖が出るタイミングを

減らすことができるはずです。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

自傷癖はこうして改善しよう!自分を傷つけてしまう理由と改善方法

まとめ:自分を傷つけるのはなにか不安なことがあるということ

 

 

 

自分を傷つけてしまう時、

それはきっと何か不安に感じたり、

危機が迫っているのかもしれません。

 

 

 

そんな時は

自分をきつく責めず、

深呼吸したり、

もしくは紙に不安を書きだして

発散していきましょう。

 

 

そして少しずつ、

自分の体についた傷を

減らしていきましょう。

管理人も一緒に頑張ります。

 

 

 

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です