【HSP】誰かと一緒にいるよりも一人でいることが好きなHSPの特徴とは?

HSP
この記事は約5分で読めます。




神経が敏感で
周りからの
影響を受けやすい、HSP、
Highly sensitive person。


管理人もHSPのため
ここではHSPの特徴や
生きやすくなるためのコツなどを
紹介しています。






HSPの特徴としては
周りに影響されやすいという
性質があるのですが、
実は一人でいること、
自分の世界に入ると
元気が出るという
特徴があることも
ご存知でしょうか?




今回は
一人でいることを好む
HSPの特徴について
ご紹介したいと思います。





一人でいる方が楽?HSPの特徴は?




HSPの人は
一対一で向き合って
相手と深く関わり合うことを
望むため、
付き合える友人の数も
限られてしまう傾向に
あります。





会話をするときも
時間をかけて
ゆっくりと
考えをまとめてから話すので、
反応が遅いように
思われることもあります。




また
何か話をするときも
前もって話す内容を
決めておかないと
スムーズに話すことが
できないという
特徴もあります。





それゆえに
雑談や世間話は
苦手なタイプです。



HSP気質の人は内向的



外交的な人たちで
人とよく話せる
リア充と呼ばれるタイプの人達とは
違うタイプで、
HSP気質の人は
どちらかと言うと内向的です。




しかし
HSPの特徴として
人の気分を察して
相手に合わせてしまうという
特徴があります。





この特徴のため
大勢の人のいる中で
無理をして
相手に調子を
合わせてしまうと
いうこともあり ます。




まれに自分には
関係のない問題に
巻き込まれてしまったり、
予測もしていなかったほどの
たくさんの人に
嫌な思いをさせられたり、
意図せず深い付き合いに
なってしまうこともあります。





また一人でいることを好み、
自分の世界に入ると
元気が出てくるのが
HSPの特徴です。




一人で何かをじっくりと
考えたりすることが
できる人です。





このため
よく空想にふけったり、
ぼーっとしていることが
多いようです。
(現に私がそうですw)




周りの刺激を全部吸収して、脳で解析するもんだからめちゃくちゃ疲れる



なんで一人になるのが
好きかっていうと、
HSPの性質上、
周りの刺激に敏感に反応して、
脳が深く処理して
事細かに刺激が何なのか分析するため、
脳がめちゃくちゃ疲れるんです。




周りの刺激、
人混みや話し声、
車の音、信号機の音・・・
そういったものが
ぜ~~~~んぶ刺激として受信して、
脳が細かく解析します。



全自動で行われるので、
全自動で疲れちゃうんです。





なので、必然的に一人、
つまり周りからの刺激がない、
静かな場所にいることを好むのです。




静かなら脳が刺激を受信して
解析することがないですからね。




HSPと人間関係



どうしても
この世の中は
外交的で
活動的であることを
求めてきます。







そうすると
一人でいることが好きな
HSPの人にとっては
非常に生きづらい
世の中になっています。





そんな世界で生きていくために
HSPの人は
無理をして
人に合わせて
活動をしたり 、
いわゆるリア充な人たちと
一緒に過ごせるように
頑張ってしまいます。





またHSPの人達は
周りに合わせないと
自分が嫌われてしまうのではないか、と
考える傾向もあるため、
より人に合わせてしまうという
特徴が出てきてしまいます。







ですが
本来の自分ではない
性質を全面に出そうとして
無理をしているため
やはりどこかに限界が来ます。





いつも
他人に合わせてしまって
神経を使いすぎ
心も体も疲れ果ててしまうことが
とても多いです。





あなたは
人の期待を満たすために
生きているわけでは
ありません。





自分を満たすために
生きているのです。





ですので
相手のために、と
気を使いすぎるのではなく、
自分が気持ちいいと思える
関係性を作っていきましょう。





友人が多いということは
必ずしも良いということでは
ありません。
その考えは捨てましょう。





そして、
人との付き合いは
頻度よりも
一回一回会うたびの
出来事を大切にするようにして、
少ない友人を
大切にしていきましょう。




まとめ:生きづらさを感じてもあなたらしく!自分らしく!





社会で生きていく中で
どうしても
大勢の人と関わりを
持たなければならない時が
大変多いと思います。





そういう時
HSPの人にとっては
人に合わせてしまうという
特徴があるため
ひどく疲れてしまうことが
多いと思います。





私も
以前は友人がたくさんいることが
素晴らしいと思い込み、
いわゆるリア充になろうと
努力しました。






しかし、
やはり自分の性格に合わず
最終的には気を使いすぎて
倒れてしまうということがありました。





それ以来
自分にはこういう性格は
合わないということに
気がついて
自分のペースで
一人でいる時間を
大切にするようにしています。







HSPの人は
全人口の15%から20%のため
どうしても生きづらさを
感じてしまいますですが
落ち込むことはありません。





嫌われることを恐れずに
自分のペースで
生きていきましょう。





それがHSPの人が
この世界を生きていくために
必要なポイントです。











HSPな私の体験談が気になってますね?さぁ次のブログヲクリーック!!

ポケモン剣盾プレイ日記はこちらだ!さぁ読んでいくのよ!

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました