【HSP】一人でいる方が好き。HSP気質のマイが語る一人の時間の大切さ

HSP





敏感で繊細な気質を持っている
HSP、Highly sensitive person。




その繊細な気質から
HSPの人は
一人でいることを好みます。



以前このブログでも
一人でいることを好む
HSP気質について書きました。




誰かと一緒にいるよりも一人でいることが好きなHSPの特徴とは?





この記事を書いてから約1年半。
HSP気質の現在の私について
書いていきたいなと思います。




一人でいる時間を増やしたところ、割と気持ちのフラットに保てるようになった






自分がHSPであることに気づいたこと、
また、先日中島輝先生の講座に参加してから、
自分の気質について
もっと理解を深めたいと思うようになりました。



また自分の魂が求めるように
生活することを心がけました。




その結果、
一人でいる時間を
多めに取るようになりました。




以前の私の場合、
休日も活発に動かないともったいない・・・
疲れ残ってるけど
外出かけるか・・・



と言って
余計に疲れて帰ってくることが
ひじょ~~~に多い(笑)



そこで休日でも、
気が乗らない時、
疲れが残っている時は
無理に外に出ないようにしました。



刺激の多い外には
無視していかず、
自宅でのんびり過ごします。



YouTubeでHIKAKINさん、SEIKINさんの動画をみたり、
マイクラをやってみたり、
スマホのゲームを進めてみたり・・・
本を読んだり、ブログを書いたり、
部屋を掃除したり・・・



こんな風に過ごしています。



その結果、
気持ちをフラットに保てるように
なりました。




フラットにするというのは
例えば仕事でクレーム対応してぐったりしても
「あ~~~も~~~なんだよ!!」と
いつまでも怒っているのではなく、
「あー疲れたわ、さ、忘れよ、次~」という風にして
怒りを手放すようにしたんです。



そのおかげで
仕事で落ち込むことが減ったし、
だいたいご機嫌でいられるようになりました!



あと笑っていることが
多くなったかな・・・
「仕事しんどwwwwwふふふwww」みたいな(笑)
危険な笑いかもしれませんが、
苦しい苦しいと呻くよりも
随分と生きやすくなっています。






刺激から離れて休むことによって気持ちや体調をフラットに保てるんだと確信しました。





もともとHSP気質の私は
たくさんの刺激がある
人混みの中にいるより、
一人の時間が好きです。
自分の内面に深く潜るのが好きだし、
空想にふけるのも好き。
もくもくと絵を描くのも好き。




一人の時間を増やすことによって
気持ちや体調も
フラットに保てるようになりました。




何より好きなことができるようになったので
毎日楽しいです、ほんと!



自分が元気になることを優先して
人付き合いもあまりしていません。
そのことに関して
周りの人が何といっても
気にしません。
気にしないようにしました。




「寂しくない?」と友人に言われることがありますが、
全然寂しくないです。
むしろ充実しまくってます。



人といる方が疲れちゃいますから。
のんびりと自分の時間を過ごすことができて
とってもリラックス。



一人でいれば、
周りの雰囲気を変に察して合わせたり、
余計な刺激を受けないのがいいです。



もともと体力とか少ないんですが、
一人の時間を増やしたら
自分の体力回復をすることができるようになったし、
前よりも仕事も精力的にやれています!





まとめ:一人が好きなのはあなたの気質。あなたの気質に合わせていきていこうよ!!






前回も書きましたが、
周りの人に無理くり合わせる必要はないです。
人には人のペースがありますし、
貴方にはあなたのペースがある。




無理に人混みの中でがんばらなくていい。
逃げて一人の時間を確保するのも
全然OKなんです。




自分の気質に気が付くまでは
周りの目を気にしすぎて
がんじがらめで生活していました。
ホントに呼吸困難になってたんじゃないくらい
かんじがらめ。
生きにくかったですね・・・



そこから
人の目を気にせず
自分の魂が望むように
一人の時間を増やし
生活を始めたところ、
楽しく過ごせるようになりました。



私は
HSPの方こそ
自分の魂が求める、
自分が本当に求める生活の仕方を
してほしいと思います。



それこそ人の目を気にせず。
最初はちょっと難しいかもですがね(笑)
(私もそうでしたw)




あなたの気質に合わせて
生活すれば、
周りの人と違う部分が出てくるかもしれない。
でもそれでいい。
みんな違って、
みんなOKなんです。



このブログで
自分の生き方に悩む方に
ちょっとでも響いて
自分の気質に合わせて
生活できるきっかけになればいいなと
思います。








関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました