【ADHD疑惑】幼い頃の自分がどれだけ頑張ってきたかが痛いほどわかったって話【HSP】

この記事は約4分で読めます。



通院している心療内科に行ってから
数日・・・・・。
ADHDかもしれない、その傾向があると、
判明してから数日。



正直ショックだった、
更にいろいろ納得してしまって、
また軽率に死にたくなっている



でも、でも、でも。
どんなに死にたくなっても、
どんなに自分に絶望しても、
どんなに生きにくくても、
幼い時にわたしが必死に頑張ったことは、
変えようのない事実なのだ。




あの頃の自分を、ものすごく褒めてあげたいんだ


どーもどーも!
生きづらさの根源がやっとわかった。
マイ(@iamxxxgv)です!




ADHDの傾向があるって言われて、
ちょっといろいろ調べたの。
どういうものなのか、
どんな苦しさがあるのか、
何が原因なのか。



で、気が付いた。
わたしはADHDの特徴があったし、
それをカバーするために
いろんな対策を考えて生きていた
んです。



一個一個、困る特徴を、
壁を作って補強して守って。



レンガを丁寧に積み重ねてきてたんです。





マイにあったADHDと思われる
デメリット的な特徴がこちら↓



  • ケアレスミスが多い
  • テストで問題をぱっとみて回答してしまいがち
  • じっとしているのが嫌だった
  • 長時間時間を拘束されるのが嫌
  • 衝動買いをしてしまう
  • 約束や期日を忘れちゃう
  • 優先順位が決められない




小さいときにもあったし、
よくよく思い出したら
大学生時代もこの傾向があった
通りで生きにくいわけだよ・・・



で、小さい頃に積み重ねた、
マイが作ったレンガの防御壁がこちら↓


  • しっかり文字を読む
  • 見逃しがないか確認する
  • 基本石橋は叩いて渡る
  • 予定ができたら手帳に書き込む、毎日見る
  • 衝動買いしそうになったらすぐにその場を離れる
  • 人といると疲れるから独りの時間を作る




小さい子どもが、ですよ
7~8歳くらいの子どもが。
一生懸命生き抜くために考えに考えて、
一個一個積み重ねてきたのである。



すごくない?
子どもが、だよ。

偉すぎだろうよ、頑張り過ぎだろうよ。
どんだけなのぉ、偉いわ・・・天才だわ・・



傷つきながらも、
これ以上傷つかないように自分を守って
周りに置いていかれないように、
必死に勉強して成績をキープして
周りから見捨てられないように
自分の気持を殺していい子でいて
(しかもHSP気質もあるもんだから、
周りに合わせがちだったし・・・)


・・・子どもってすごいね。
今、大人のわたしがそれをやれるかって言ったら
やれないですね。
ふざけるなって思っちゃうもん。



今にして思えば、
母親もADHDだったのかもしれないです。



あの人片付けができないし、
時間なんて守らないし、
すぐモノなくしてヒステリー起こすし、
それを子どものせいにするし。



あの人を見ていて
絶対に自分はああならない」と
強く思っていました。



なんせ片付けしないと汚いじゃん。
もうそれがいやでいやで。
おかげさまで自分の家は
モノは多いけどキレイに並べているし。



時間を守るのもそう。
母親を見て平気で時間守らないのが
嫌で仕方なかった。
自分の価値観ばかり押し付ける親が
嫌で嫌で仕方なかった。



そういう面は自分では出さない。
すっごく気をつけて気をつけて、
生きてきたんです。




マイ
マイ

・・・・頑張ったね。




もうそれしか言えない。
それ以外にない。
否定もできないし、けなすことなんかできるわけない。



だから、あの頃の頑張りを
今のわたしが崩すわけには
いかねーって思うのです。




まとめ:否定はしない。これからは頑張らないでいられるように。


正直ね、正直よ。
ADHDかもって言われて
まじでショックだったの。



だってめちゃくちゃ注意深く仕事してるし、
時間だって守るし、落ち着きはあるしさ・・・
絶対に自分は違うって思ってた。



でも、そうじゃなかったみたい。
ADHDの特徴がもともとあって
それをカバーするために壁を作って、
今になってるんだって。




だから、生きにくさや、
仕事で息苦しいことがあって当然なんだよ。
むしろよく適用させようと努力したわ・・



ADHD疑惑があることはショックだった。
だけどこれまでの自分は否定しない。
受け入れよう。よく頑張ったね。



此処から先の50年近くは・・
ゆる~~~く生きよう。
もう壁なんか作らなくていいし。
補強しなくても大丈夫。



もう頑張らないでいられるようにしたい。
そうなりたい。
疲れちゃうから。



どうやればいいか、どうすればいいか。
また調べていろいろ考えていきます。
そこでまた絶望するかもしれないけど。
でもガチで死にたいって思わないと思う。タブンネ。




では、今日はここまで。
ゆっくり上がっていって
ゆる~くのんびり生きる。
それでいいんだ。



ありがとうございました!



written by マイ(@iamxxxgv

コメント

タイトルとURLをコピーしました