LINEで送る
Pocket

 

 

 

殺風景な部屋に

何かアクセントが欲しくて

「植物を置いてみたい!」と

思うことがあるかと思います。

 

 

 

しかし、

植物は生き物。

 

 

 

水やりを怠ってしまうと

簡単に枯れてしまい

命を終えてしまいます・・・

 

 

 

そこで今回は

植物を元気に育てるために必要な

水やりのポイントについて

ご紹介します!

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

植物に水やり!室内で元気に植物を育てるために必要な水やりの3つのコツ

水やりのポイント1:土の表面が乾いてから水やりを

 

 

 

植物を育てるに当たっては

水やりが大切。

 

 

 

ですが、

やり過ぎもOUT!

何故なら、

水が多すぎると

根っこが腐ってしまい

水を吸い上げることが

できなくなってしまいます。

 

 

 

そうして最終的に

植物は枯れてしまうのです・・

 

 

 

ですので、

水やりをするときは

表面の土が乾いているかどうかを

目印にして

水やりしましょう!

 

 

 

表面の土を触ってみて

乾いているようであれば

水やりタイミング!

 

 

 

触ってみて

土が湿っているようであれば

まだ水やりタイミングではない・・

 

 

 

実際に触ってみると

とても分かりやすいです!

 

 

 

 

水やりのポイント2:根っこに水が届くようにたっぷり水やり

 

 

 

 

植物は

根っこから水分を

吸い上げているので

根っこに水が届かないと

意味がありません。

 

 

 

ですので

水やりの際は

水受皿から水が出るまで

あげましょう!

 

 

 

こうすることで

プランター内の

土全体に水が広がり

根っこから水を

吸い上げることができます!

 

 

 

そして

水受皿に水が出て余った場合は

それを捨てるようにしましょうね!

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

植物に水やり!室内で元気に植物を育てるために必要な水やりの3つのコツ

水やりのポイント3:葉っぱにも水を吹きかけてあげる

 

 

 

霧吹きなどで

葉っぱに水をかけてあげることも

効果的!

 

 

 

葉っぱが潤って

見た目にも綺麗になります!

 

 

 

もし霧吹きがない場合は

手を水で濡らして

それをはじくようにして

葉っぱに水をかけてあげてもよいです。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

 

植物に水やり!室内で元気に植物を育てるために必要な水やりの3つのコツ

まとめ:植物は生き物、家族のように接して育てていこう!

 

 

 

植物は

何も言わないですが

生きています。

 

 

 

水やりをするときに

葉っぱの状態を確認したり、

花のつぼみを見つけたり、

声をかけてみたり・・・

 

 

 

家族の一員のように

接していきましょう。

 

 

 

そうするとなんとなく

植物も元気になっているように

感じます。

 

 

 

植物が元気な様子をみるを

こっちも元気になってきますよ!

 

 

 

ぜひ

育ててみてください!

 

 

 

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です