【HSP】推察:HSPは脳の温度が上がりやすくて、手が熱くなりやすいのでは・・・?

HSP
この記事は約5分で読めます。




敏感で繊細な神経を持つ
HSP、Highly Sensitive Person。



私自身がHSPのため
HSPの特徴や
生きやすくなるためのコツなどを
ブログで発信しています。





HSP気質な私ですが、
実は子どもの頃から
あることで悩みというか、
他の人と違いすぎて
「なんじゃこれ」と
思っていることがあります。


それが・・・・



手が年がら年中
熱い。




ということです。



子どもだから体温が高い、は分かるけど、大人になっても続くのはなんでだろう?





「手が年がら年中温かい」



そんな話をすると
「子ども体温なんじゃない?」と
よく言われます。



確かに子どもたちって
常に体温高いよね。
うん、それはわかる。
眠くなったりしてくると
温かくなってきて
抱っこしているこっちまで
眠くなる的な。



だが、しかし。


マイ
マイ

私もうアラサーだし・・・
子どもじゃないんだけどねぇ・・

なんかの病気の可能性とか
あるんかな・・・?





はい、不安になりました。
ホントに年がら年中、
今でも、夏だろうが、
冬だろうが、
手が熱いんです。



「え、何!?熱でもあるの!?」と
心配されるぐらい
熱いんですよ。



ということで
手が年がら年中熱いことについて
ちょこちょこ調べてみたんです。



手が熱い原因を調べてみると、こういう理由があるらしい・・だけどなんか納得できん!w



Googleで検索してみると
手がずっと熱いのは
以下のような原因が
考えられるとのことです。



  • 発熱
  • 皮膚の病気
  • 更年期障害
  • 自律神経失調症
  • 甲状腺機能亢進症

参照:メディカルノート




ほほうなるほど・・・
と思ったんですが、
どれもあくまで
症状の一例、みたいな感じで
はっきりした記載は
なかったんです。



私に該当しそうなのは、
更年期障害か
自律神経失調症かと。



今の生活状況や体調を考えると
更年期障害ではないなと・・



であれば自律神経失調症である
可能性が高いな、と思いました。




自律神経のバランスが乱れて
体に不調が起こるものです。



これかなぁと納得しかけたのですが、
どうにもしっくりこなくて、
私はHSPの特徴について
再度調べなおしたんです。



その結果、
HSPの特徴が
手が熱いという症状に
繋がっているのではないか、と
思いました。




HSPは脳の処理が丁寧→脳の温度を下げるために手から熱を発しているのかな?




HSP気質の人は
外から受け取った刺激を
脳で丁寧に処理して
受け入れます。



脳で丁寧に処理をするってことは、
脳が人よりも
細かく働いて
オーバーワークになるってこと。



それで疲れやすくなることなんて
ザラにありますからね。



となると・・・・


マイ
マイ

もしかして
脳の動きと
手の熱さが
関連してるんじゃないか・・?




と思い付きました。
天才的ひらめき。



ということで
まずは脳の動きを調べてみました。



脳もパソコンと同じように、働き続けると熱を発する




人間の脳みそって
パソコンとおんなじで
働き続けると
熱を持ち始めるんです。



パソコンで
絵を描いたり、
文章を書いたり、
動画を見ていたりすると、
パソコンが熱くなってきて
冷却しようと
排熱が行われます。



人間の脳も同じように
勉強し続けたり、
仕事し続けたり、
刺激を受け続けると
熱を持ち始めるんです。



「知恵熱」っていうと
身近に感じますでしょうか。



脳の温度が上がると、さまざまな生理現象により、温度を下げようと体が動く




脳が働きすぎて
脳の温度が上がってくると、
さまざまな生理現象により
脳の温度を下げようとします。



例えば・・・



  • あくび
  • 脳の「前視床下部」から指示が出て、手先足先から熱が放出される
    (毛細血管が拡張され、皮膚から熱を放出します)




脳の「前視床下部」から指令が出て、
脳を冷やすように
体を動かします。



日中の生あくびなどは、
働きすぎている脳を
クールダウンさせるための
生理現象なんです。



我慢しないで
あくびしましょ☆彡



そして、脳の温度を下げる
生理現象として
熱を放出するために
毛細血管が広がり、
手先足先が熱くなります。




マイ
マイ

お・・・・
脳の温度を下げるために
手が熱くなる・・・

ってことは・・?







HSPの特徴と脳の動きを考えると、手が年がら年中温かいのって・・・?




HSPは脳の処理が深くて丁寧、
脳は働きすぎると温度が上がるため
手先から熱を放出しようとする・・・





HSPと脳の特徴を考えると
こう推察できます。



HSPは受け取った刺激を脳で深く丁寧に処理をする

脳が働きすぎて、脳の温度が高くなる

手先や足先から熱が放出される

HSPは常に脳が丁寧な処理をしているので、脳の温度が高めになる

脳の温度を下げるために、手先から常に熱を放出している

このため、年がら年中手が熱くなる





これなら納得できる・・・!!!w
(無理やり納得できる
理論を確立しただけでは・・w)



HSP気質の心の動きとか
脳の働き方を考えると、
こうなるんじゃないかと
思うんですよ。



こういうの考えるの
めっちゃ好き(笑)



でもそれなりに筋は
通っていると確信しております。




まとめ:あくまで私の仮説。HSP気質と脳の動き、手が温かい件で関連性があるかどうか、今後も調べたい!




これが私の結論!!
自分の手が
年がら年中熱い、
手が温かいのは、
HSP気質で
脳がオーバーワークしちゃうため、
手から熱を放出している。




そう、自律神経失調症ではない。
と思う。
だって子どものころから
絶えずずっと手が温かい。
高校時代も、
そのあと大学生、
社会人になってからも。



となると、
HSP気質が起因なのかなって
思うんです。



ただネットで調べたんですが、
HSPと手が熱くなるという
関連性は見つけられなかったです・・・



今のところ私の持論になってしまいますが、
これからも本やネットで調べて
関連性を見つけていきたいと思います。



手がいつも熱くて
ちょっと不安になってたアナタ。
それは正常な体の反応ですよ、
安心してください!





HSPな私の体験談が気になってますね?さぁ次のブログヲクリーック!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました