目の前になくても、そこにモノがあるように感じる・・マインズアイの3つの特徴

この記事は約3分で読めます。



【2020.03.12更新!!】



目の前にその物体がないのに
あたかも目の前にあるように感じる。



その物の裏面や断面、感触、
味、におい・・



そういったものまで
リアルに感じることができる。



この超感覚的特性を
マインズアイといいます。



今回はこのマインズアイについて
ご紹介したいと思います!



マインズアイとは・・・?その3つの特徴





マインズアイとは
物の見える部分と見えない部分まで
立体化して想像することができ、
リアルに映像として感じてしまう、という
特性です。

主な特徴は以下の3つです。



  • 目の前にないものをまるで「目の前にある」と認識して想像することができる
  • 見えない部分でも映像化して自分がその場にいるようにリアルに感じてしまう
  • 文章でとらえるよりも絵や映像など、感覚的にとらえる方が得意




私:マイはマインズアイの
特性を持っています。

今までこの特性が
マインズアイと呼ばれていることは
知りもしませんでした・・・



そして、この特性を持っている人は
他にもいるんだと知って安心した次第です。


また、周りにその場にはないのに
まるで目の前にあるように話せる人、
創造性が豊かで言葉で表現するよりも
絵で表現する方が得意、
そのような方がいらっしゃるのではないでしょうか?


もしかすると
このマインズアイを持っている人かも
しれません。



マインズアイの良いところ・悪いところ





マインズアイは
目の前にその物がなくても
まるであるように感じ取ることができる
特性です。


この特性には
いいところと悪いところがあります。


まずは・・・先に悪いところ、
ちょっと困ることをご紹介します。



<マインズアイの悪いところ>


マインズアイの特性により
人から話を聞いただけ、
映像をみただけで
自分がその場にいるように
リアルに感じてしまう。

例えば・・・


  • 災害の映像などを見ると自分がその場所にいるようにリアルに感じてしまう
  • けがや手術の話を聞くと痛みを想像してしまって自分まで痛くなる




このようなちょっと困る点があります。


一旦痛みや災害の映像を感じてしまうと恐怖を感じますし、
怖くなって仕事や学業に集中できなくなってしまいます。



あるときふとマインズアイの特性が出て
恐怖に飲まれてしまうことがあります。


では良いところはなんでしょうか?



<マインズアイの良いところ>



目の前にものがなくても
自分の前にあるように感じる


例えば・・・


  • 仕事中など膝の上に猫が乗っているように感じることができるその猫のぬくもりも感じることができる
  • お花畑を想像すると太陽の暖かさ、花の香りなどをリアルに感じることができる





このように
リラックスできる環境を感じることができると、
ストレスを感じたときや
仕事中にリラックスすることができて
非常に助かります。



私はよくラベンダー畑や
ひざの上にピカチュウが乗っていることを
想像して仕事を乗り切っています(笑)



まとめ:良いところも悪いところも自分の特性として認めちゃおう





マインズアイは発達障害と言われています。



確かに災害の映像をみて
リアルに感じてしまうのは一種の障害です。
正直厳しいです。


しかし、この特性、
生かせばいい面もあります。


私はいつもそばにポケモンたちがいてくれる、
そう感じることができて
ラッキー☆、と思っています(笑)



良い面も悪い面も自分だ、と
認めてしまえば楽ちんです!



このブログが
マインズアイを知るきっかけに
なってくれればと思います。




よりマインズアイについて
書いたブログはこちら↓







HSPな私の体験談が気になってますね?さぁ次のブログヲクリーック!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました