【HSP】外出時にイヤホン付けるだけで疲労がちょっと軽減した話

この記事は約3分で読めます。

******ご案内******
★いよいよ開始!のメニュー
数秘バースデーカラーセラピー

★マイの各種SNS、励みになるのでフォローお願いします!
Twitter(@iamxxxgv)
Instagram(ashes_sun_cloudy)
LINE公式アカウント
*****では記事をどうぞ!!*****



健康診断と普段の通院のため、
朝から動いてました。
ああ、疲れた、もうぐったり・・w



で、健康診断が札幌だったので、
いろいろ準備したのね、
とにかく人が多いだろうから。
受ける刺激を減らそうと思って・・



マイはエンパス強めのHSP。
目からも、耳からも、鼻からも
刺激が全方向からやってきて
まじで疲れてしまいます・・
なので出かけるときの準備は
かなり入念にやるようにしております

(心配性w)



忘れちゃならんと思ったのが
イヤホン。
今回は音楽聞かなくてもいいから、
イヤホンをしておこうと思って。



電車の音、周りの人の話し声、
ガチャガチャざわざわの音。
館内音声やらBGMやらなんやら。



普段自宅で余暇も仕事も過ごしてるから、
そういう騒がしいところに行くと、
絶対疲れると思った
ので、
イヤホンをとりあえず付けて歩いてみたんです。



そしたらねー、
刺激をだいぶ遮断できましたね・・!
イヤホン素晴らしい!

※ちなみに普通の有線のイヤホンです。



結局テンション上げるために
音楽を聞きながら歩いてたんだけど、
音が遮断されるだけで
かなり刺激が減りました。

おかげで精神的な疲労がちょっと軽減・・!



何より好きな曲流しているから
守られている感があって
安心します・・!




これがノイズキャンセリングイヤホンだったら
どうなるんだろう・・・
もうちょっと疲れ軽減できるかな・・
なんかおすすめあったら教えてください!









正直イヤホン付けて歩くのって
ちょっと怖かったんですよ。




人が近づいてきてひったくりにあったらどうしよう。
車が近づいていたらどうしよう。
自転車が接近してたらどうしよう。
変な人が後ろからつけて来てたらどうしよう。



危険から身を守るためにも、
”周りの音”は常に聞いていなくちゃ。



そう思って・・・
イヤホン付けずに歩いて、
常に周りの音気にしてたの。
そしたら疲れ方が尋常じゃなくて・・・



ただでさえ目からの刺激も多いのに、
耳からも容赦なくかつ気にして刺激受けてたら、
外に出る気もなくなってしまって・・・



確かに危機管理ではあるけれど、
自分が疲れすぎては意味がない。




それに、ある程度、
目から情報は得ることができる。
歩きスマホしなければ、
横断歩道もちゃんと渡れるし、
車とどうしても接近する場所でも
気をつけて歩けるし。
最悪夜道を歩くときは
後ろを警戒して歩けば良い。



なにより・・
今日帰りにね、
イヤホンで音楽聴きながら、駅出たのよ。
その時後ろから3人のお子様連れのお父さんが
来ているのに気がついて

駅の重いドア、開けておくことができた。
「どーぞー」、「あ、どーもー」って。
ちゃんと親切することはできた。



だからイヤホンつけることはよしとします
うん。自分のためでもある。









して、もう一個。
ちょっと気になることがある。



わたし、不審者に対して心配しすぎじゃない・・?



いやまぁ確かにこれでも女だし。
いるかもしれん、変な人が。
実際声かけられてめっちゃ怖かったことあったし。
全力で逃げることもできるが、
雪道は走れんし・・・
力技になったら男の人には敵わんし・・・



警戒するに越したことはないんだけど、
ちょっと警戒が強すぎる気がして。




混雑してるときの駅のエスカレーターとか、
他人と距離が近すぎるじゃん?
殴られたらどうしよう、
カバン取られたらどうしようって、
めっちゃ怖くなるの。



脅迫感・・極度の不安症。
そして対人恐怖症。

なんかいろいろ合併して
警戒心が強くなってしまっている気がする・・



まずはちょっと自分で調べて、
向き合って考えてみるけど、
それでも改善しないなら
誰かに相談・カウンセリングを受けたりしようと思います。



自分でもびっくりするくらい
外に出てるとき気を張ってる・・
「危害を加えられるのでは」っていう
警戒心が強い・・
「他人からの視線が怖い」が起因なのかなぁ・・









午前中から夕方にかけて
外で活動しました。
疲れた~よく頑張りました!



では、今日はこのへんで!
ありがとうございました!



written by マイ(@iamxxxgv

タイトルとURLをコピーしました