WordPressでブログを始める時に導入しておきたいプラグイン一覧!

ブログ運営
この記事は約6分で読めます。


WordPressでブログを始める時、
ブログを快適に運営するための
プラグインをインストールします。



ただ、このプラグイン、
あまり入れ過ぎると
ブログ自体が重くなってしまい、
読者が読みにくくなってしまう・・という
デメリットもあります。



そこで今回は
私が導入している
おすすめのプラグインを
ご紹介したいと思います。




これからブログを始めようとしている方、
今導入しているプラグインを
見直しする予定の方、
良かったら参考にしてください!



マイのブログで導入しているプラグイン一覧はこれだ!!




まず!!!
前提条件として、
私はCocoon(コクーン)という
無料のテーマを使っています。



テーマの中に
SEO対策や
アイキャッチ画像の設定等
組み込まれているので、
重複するプラグインは
省くように心がけています。



余分なプラグインがあると
サイト自体が重くなっちゃって
読者さんに不便になるからです。




この前提の上で
マイのブログ
ピカピカ☆ステーションで
導入している
プラグインです。


  • Advanced Ads
  • Black Studio TinyMCE Widget
  • Broken Link Checker
  • Classic Editor
  • ContactForm7
  • EWWW Image Optimizer
  • Google XML Sitemaps
  • Invisible reCaptcha for WordPress
  • Jetpack by WordPress.com
  • Lazy Load
  • PubSubHubbub
  • TinyMCE Advanced




ざっくりと
どんなプラグインなのか
ご紹介していきます!


おすすめプラグインその1:Advanced Ads



Advanced Adsは
GoogleAdsenceなどの広告を
どこにいれるか、
設定しておくことができるプラグインです。



例えば、
「H2見出しの上に必ず広告をいれる」と
設定しておけば
記事を書く時に
いちいちHTMLタグを挿入しなくても、
自動的にH2見出しの上部に
広告が入ります!




GoogleAdsenceを使って
ブログを運営するのであれば
導入しておくと
記事の作成が楽になりますよ♪
(私は超絶楽になりました)


おすすめプラグインその2:Black Studio TinyMCE Widget



Black Studio TinyMCE Widgetは
ウィジェットで
ビジュアルエディターを
使用することができるプラグイン。


ブログでいうと
サイドバーのところに設置する
プロフィールとか。


だいたいこういう
エリアのエディターって
クラシックエディターのように
HTMLで入力しないと
画僧を入れられないっていう風に
なってたりするんです。


Black Studio TinyMCE Widgetを入れることによって
HTMLではなく
画像を思いのままに
入れることができますよ!


おすすめプラグインその3:Broken Link Checker



自分のブログで
記事に貼りつけたリンクに
リンク切れがあるかどうか
チェックしてくれる
プラグインです。



せっかく貼ったリンクが切れていると
読者さんがリンク先にいけないですし、
サイトの運営上も
よくないので、
入れておきましょう!


おすすめプラグインその4:Classic Editor


現在WordPressでは
ブロックエディターという機能で
記事を編集・投稿するようになっています。



ブロックエディターについてはこちら↓



新しいブロックエディターではなく
旧式のクラシックエディターで
書くことができるのが、
このプラグインです。



最終的には
ブロックエディターに
慣れておいた方がいいのですが、
クラシックエディターを使う場面も
出てくるので
入れておいて損はないです!


おすすめプラグインその5:ContactForm7



定番のお問い合わせフォームを
作製してくれるプラグインです。



お問い合わせフォームの
スタイルを作り上げると
ショートコードが出来上がります。


ショートコードを
固定ページの本文に入力すると
勝手にブログ上で
お問い合わせフォームを
表示してくれます!


イヤー便利な世の中だ!


おすすめプラグインその6:EWWW Image Optimizer


EWWW Image Optimizerは
ブログにアップした画像を
自動的に圧縮してくれる
プラグインです。



アップロードした画像が
重たいと
ブログを表示するのに
時間がかかってしまいます。


時間がかかると
管理している私も
イライラするし、
読者さんもイライラしちゃいますよね。


画像のロードで
時間を取らないためにも
入れておきたい
プラグインです。


おすすめプラグインその7:Google XML Sitemaps



XML形式で
サイトマップを作ってくれる
プラグインです。



こんな感じね↓




XML形式のサイトマップを作ることによって
Googleのクローラーさんが
ブログを巡回してくるように
します。



クローラーが来てくれないと・・
検索結果とかに
出てこないからねw


これもお忘れなく!



おすすめプラグインその8:Invisible reCaptcha for WordPress



セキュリティのプラグインで
スパムメールなどの
対策をしてくれます。



ブログを運営していると
お問い合わせフォームを
作ることになりますが、
そこからスパムのメールが
ガンガン送信されてくることも
あります。


それをブロックしてくれる
とっても優秀なプラグイン!
これも入れよう!


おすすめプラグインその9:Lazy Load



Lazy Loadの機能、
ネットサーフィンしてて
見かけたことがある・・・
という方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか。



Lazy Loadは
画像の読み込みを遅延させる
プラグインです。



どう遅延させるかというと、
スマホでサイトを見ている
イメージで考えると分かりやすい☆



ページをスクロールするときに
画像が見えている部分は
表示して、
まだ見えてこない下部の画像については
まだ読み込みをしない。



ページをスクロールして
下部の方にきて
画面に見えてから
画像を読み込みする。



一辺に画像を読み込みしないことで
ページの表示を早める効果があります。



こんな仕組み。
ページを下に見てったら
画像の読み込みが始まった、
なーんてことありませんか?



恐らくこのプラグインが
仕事をしていますね☆



おすすめプラグインその10:Jetpack by WordPress.com




WordPressでブログを運営するに当たり
便利な機能が
ぼんっとパックになっている
プラグインです。


  • メール投稿ができる
  • ブログの投稿を自動でSNSに投稿する
  • コメント欄を表示する
  • ブログのフォロー機能がついている
  • 簡易的なアクセス解析ができる
  • 不正ログインのブロック




などなど・・
分かり易い部分を上げただけでも
結構ありますね。



ざっと今日のアクセス数をみるだけでも
かなり便利なのでおすすめです。


おすすめプラグインその11:PubSubHubbub



始めてみた時
「絶対名前噛むわこれ」って
思いましたw



PubSubHubbubは
リアルタイムで
ブログの更新を
Googleに通知する
プラグインです。



Googleに通知が早ければ
検索結果への
表示も早まる・・!?
なので入れておこう!


おすすめプラグインその12:TinyMCE Advanced



WordPressの
ブロックエディターの
ビジュアル編集画面の
投稿機能を拡張するプラグインです。



例えば
YouTubeの埋め込みがすぐできたり、
表を挿入できたり
とにかく記事を書くのが
楽になるプラグインです!


まとめ:ブログ運営の参考にこれらのプラグインをどうぞ!!




今回は私が
ブログで導入している
プラグインをご紹介しました!



一例として
参考にしていただければ幸いです。



また、
もっと便利なプラグインや
「ここ重複してるよ!」などありましたら
コメントやTwitterで
教えて下さい♪




コメント

タイトルとURLをコピーしました