【マイの日常】心療内科へ通院、亡くなった母についてアドバイスをいただきました

この記事は約3分で読めます。



わたくし:マイは
心療内科へ通っています。



理由としては夜寝付けないから。
不安感が強くて、眠れなくなるんです。



それを解消するために
毎月通ってるんですけど。



通院のたびに色々話するんですが、
先生は見逃さず、母の死について
アドバイスをくれました。




今後もふとしたところで思い出し、考えることになるだろう、とのことでした。


どーもどーも!
絶賛FitBoxingの影響で筋肉痛!
マイ(@iamxxxgv)です!

いやー今日のトレーニングは頑張ったよ!w




トレーニングをした後、
いつもの心療内科へ。



そこで先生と近況について話をします。



私の近況といえば、もう幸せでしかなかった。
GLAYのライブ行ったし、ポケモンBDSPのもやってた。
とにかく大好きなことてんこもり。

幸せでした。やっぱりライブは最高だった。



先生も喜んでくれました笑
「ライブ行ってよかったねぇ、やっぱり配信とは違うでしょ!」と。



その後仕事の話とか、色々体制が変わった話しして。
で、最後に亡くなった母の話になった。




先生
先生

お母さんのことなんだけどね、
多分今後もふと思い出して、
いろいろ考えると思うの。

これまでいろいろあったしね。

これは避けて通れないから。

数年後くらいにまた思い出して、
いろいろ考えると思う。
だからその都度考えていこう。

辛くなったらちゃんと言ってね。




やっぱりなぁ・・・
そうだよなぁ・・・



先生には母が毒親であることも伝えています。
母の前に立つと、自分が自分でなくなり、
母親の言いなりになる幼い自分に戻ってしまうことも。
先生は理解してくれています。






考えてみて、しんどくなったら
ちゃんと言ってね。




その言葉でどれだけ救われたか。
それが医者の仕事だろって言われたら
元も子もないけど・・・w
まぁ受け取り手の感じ方の問題ってことで笑



多分、うん、きっとまた考える、
それで自己解決できず、しんどくなったら、
ちゃんと頼るべき人を頼ろう。




私は母のように周りに何も頼らず
孤独に生きるような真似はしない。


まとめ:頼れる人はいる、こうやって単身北海道に出てきたとしても




単身北海道に出てきて、
知り合いなんて誰もいなかったわけだけど、
いつの間にかこうやって
実の親よりも大事にしてくれる人がいる。




病院のだけど、職場にも。
Twitter上にも。




ありがたいなぁ、
本当にみなさんありがとう!




弱った時は遠慮なく甘えますので・・・笑
今後もどうぞよろしくお願いします!



人生の主人公は自分。
だけど一人で生きるのは無理、無理ゲー。
しっかり人を選んで頼っていこう。



そう思った通院日の金曜日。



今日は終わり☆
ありがとうございます!



written by マイ(@iamxxxgv

コメント

タイトルとURLをコピーしました