しんどくなったら逃げてもいいんだよって話(何回言ってるかわからんけども)

この記事は約3分で読めます。




だめだった
起き上がることすらできなかった。
久しぶりの感覚。


マイ
マイ

・・・逃げよう・・




自分の回復を優先して、
仕事を休みました。
ええ、逃げたんです



敏感な神経が過剰反応を起こして、何もかもを拒否していました



どーもどーも!
HSP気質大爆発!☆
マイ(@iamxxxgv)です!




大丈夫だと思ってたのが甘かったですね(笑)
テレビ見てないし、SNSでも情報は見なかった。
どうしてもRTで流れてきたりはしたけど、
それ以上の情報はみなかった。



だけど、ダメだったねぇ・・・
もう「重症」とか、「心肺停止」とか、
そういうキーワードだけでもダメだ。



そういう人の命を脅かす、
人を殺める系の出来事が起きると、
わたしのメンタルは怖いくらいに下がります。



出血・・・心肺停止・・・
直結するのは””。

銃を撃った。
軽いケガで済むものではない。

自分のココロの中を”死の恐怖”が支配する・・・

怖い、怖い、怖い・・・
外に出たくない、
何があるかわからない。
ニンゲンが怖い・・・




自分のことじゃないのにね・・
自分に起きているかのように感じる。
自分も知らんうちに狙われてて
銃で撃ち殺されるのではないか、と
怯えたり。



さらには近くで演説している声が
急に途絶えたりしたら、
同じような事件が起きたのではないかと
変な連想を作ってしまったり。



たかがTwitterで”文字で”見ただけなのに、
想像豊かなわたしの感性は
いろんなところに想像が広がって、
メンタルがダメージを受けてしまった。



それによってカラダにまで影響が出て・・
起き上がれなくなったんです。
起きることも仕事することも、
フツーに過ごすことも、
カラダが全部拒否してきました・・・


かかりつけの心療内科の先生に相談したら・・・


たまたま通院日が重なって。
心療内科の先生にも話してみたんです。
「映像では見てないけど、
文字だけでもしんどくて。
昨日1日なんにもできなくて」、と。



そしたら・・



先生
先生

いやー僕もそうなんだよね~・・・
本当は休みたいくらいだもん・・・




先生もか!!!!!!!(驚き)
そういえばいつもより元気がない感じでした・・



先生も結構ダメージを受けていて、
なんか診察してもらうのが
申し訳ない感じがしました・・
先生も”人”なんです・・



先生がこうなるんだから、
超絶一般人のわたしがぐったりしても
おかしくねーわな、と
ちょっと安心もしてしまいました。失礼ながらね。



結論として、
お互い無理なくほどほどに生きよう」ということになりました。
ますます先生への信頼が上がったというか・・
素直に話せるし、モノの捉え方も近いし、
話していてラクです。ホッとします。


まとめ:みないに越したことはないけどダメージが出たら無理はしない



見ないようにするけれど、
見てしまってカラダが動かないなら、
逃げてもいい。
逃げまくろう。何より生き抜くことだ。



いいんだよ、無理してカラダ壊すよりは、
一旦逃げて休んだほうが、
ずっと長持ちするでしょう。



なんならSNSから逃げてもいい。
しばらくTLみないで
読書に専念したっていいんだ。



自分を常に痛めつけることはしなくていい。
むしろいたわってこ、ね。
ただでさえ三次元生きるの難しいんだから。



というわけでみなさま、
ほどほどに生きていきましょうや!



では、今日はここまでです!
ありがとうございました!



written by マイ(@iamxxxgv

コメント

タイトルとURLをコピーしました