【考察】靴を毎週洗わなくなったのは大人になってやることが増えてしまったから

この記事は約2分で読めます。



ふと思ったことがある。



小学生の頃、
毎週のように上履きと外履きを
洗っていました。




だけど成長するに連れ、
靴洗わなくなったよなぁって。



それってきっと・・・
小学生の時より、
やることがめちゃくちゃ増えて、
靴を洗う優先度が低くなったからじゃないかな?





部活、受験勉強、レポート作成にバイト、社会人になれば仕事や家事。やることいっぱい



どーもどーも!
ふと幼少期を思い出す・・・
マイ(@iamxxxgv)です!




ほんっと小学生の時って
毎週のように靴洗ってた。
上履きも外履きも。



でもほんとに小学高学年とか中学生になったあたりから
もうやってなくてね。
頻度が減ったりなんたりでやらなくなって。



多分なんですけど、
小学生の頃ってやること少なかったんだと思う。



学校行って、勉強して、遊んで、
宿題やって、アニメ見て、
ちょっと家の手伝いをして寝る。



社会人になった今から見れば
タスクが少ないもん。



だから靴を洗うことって
数少ない子どものタスクだったんだと思う。




だって毎週楽しみに洗ってたもん。
ゴシゴシと、靴が綺麗になるのが楽しくて。



それがだんだんと・・・
成長していくに連れて
やることが増えていった。




部活だったり、増える受験勉強、
増える家事、楽しい友人との遊び、
一人暮らしを始めてからは家事は全部自分でやるし。
大学のレポートとか就活の書類揃えたりとか。
社会人になってからは仕事に大半の時間を持っていかれて、
むしろチカラが残って無くて、
家帰ったらすぐに寝ちゃうとか。



生きていく上でやっていくべきことが増えて、
優先度の低い”靴を洗う”というタスクを
やらなくなった。
そういうことだと思います。



これが成長する、歳を重ねるってことなのかも・・?
そういうもんなのかもしれないね。



まとめ:たまには思い出して、お気に入りの靴を手洗いしてみる。



たまにはね、洗いますかってことで。



先日お気に入りのコンバースを
手洗いしました。
ごしごしと。



意外と大変なんだよね笑
匂いが残らないように、
あと汚れが落ちて見た目が綺麗になるように。



そしてヒーターの前に置いて乾燥。



なんか洗って履いたらさらに愛着がわきました。
小学生の頃のように毎週じゃなくても、
気がついた時に靴を洗って、
長く大切に履いていこうと思います。



はい、今日はおしまい!



written by マイ(@iamxxxgv

コメント

タイトルとURLをコピーしました