”自分を好きになろう”という悪意のない暴力で疲弊するよねって話

この記事は約4分で読めます。



本を買いました。
ずっと気になっていた本です。



「消えたい」「もう終わりにしたい」あなたへ


しょっちゅう「死にたい」と思ってしまう
わたしには大変ぴったりな本。


*
*
*

「死にたい」って思うのって
そんなガチで「命を終わらせたい」というより、
「こんな辛い状況から抜け出したい」、
「抜け出せないならいっそ消えたい」って感じなんだよね。

多分、相当頑張ってるの。
頑張ってるけど、思うようにいかなくて、
それでしんどくなっている気がするの。

「安易に死にたいって言うなよ~」って思うかもだけど、
言ってないとやってられないくらい追い詰められてんの。
疲れてんの、いっぱい我慢してんの、耐え忍んでんの。

ちょっとぐらい吐き出したっていいでしょ、
頭ごなしに否定しないで、
こっちの気持ち・事情を配慮して、ほんと。





全体的に「そうそう!!!!」って思うことがいっぱいだった。
中でも「ほんとそれ!!!!!!」と思ったのが、
「自分を好きになろう、という暴力」という章だ。


本に書いてあることと同じことを言うんだけど、
「自分を好きになろう」って
”条件付きの承認”だと思うのね。

「自分を好きじゃないと駄目」みたいな。
「自分を好きになるために行動していないと駄目」みたいな。
裏にはそんな思いが隠れているように見える。


どうして「そのままの自分」では駄目なんだろう?


と、ひねくれた思考を持つわたしは思うのだ。
どうして自分を好きになるために行動しないとだめなの?
そのまんまの自分でいちゃ駄目なんか?はぁ??って感じなんだよね。


「自分を好きになること」と
「自己肯定感」は
似て非なるものです。
「自己肯定感」はありのままの、そのままの自分を受け入れることだから。
”条件なし”なんだよ、「自己肯定感」ってのはね。


常日頃「自分を好きになろう!」教が
なんか嫌だと思っていた私にとって、
この観点は本当に大きな救いになっている。



例えばさ、もう言っちゃうとバレると思うんだけどね(笑)
とあるフィットネス動画を見て運動するんですよ。
みてるとさ、これでもかってくらい
ポジティブワードが書かれるわけ。

「理想の自分になろう!」
「理想の体を手に入れよう!」
「運動して自分を好きになろう!」
などなど・・・

それを見て違和感を感じるわけ。
わたしはね。
「はぁ?」って。

なんで理想の自分にならないといけないの?
てか理想の自分を追いかけないと駄目なの?
理想の体手に入れないと駄目なの?
単純に健康のために動いているだけでは駄目なの?
なんでそんな自分を好きになることを推すの?
「そのままの自分」でいては駄目なんですか?
理想の押し付けですか???????
こっちの事情も知らないでよく言えるな!!

ってなるわけです。
ポジティブワードがめっちゃ疲れるの。
「今生きている自分」を全否定されているようで。


最近はワードは読まず動画を流して
淡々と体うごかしてます。
こっちは現状維持したくて動いているだけだからね。



もちろん、その動画が悪いわけじゃない。
ポジティブワードが悪いわけじゃない。
その言葉を言い続けたことで大きく成長したんだろうし、
なにか成果を収めたんだろうし、
多くの人を救ったのかもしれないです。
わたしの感性がひねくれているだけかもしれないです(笑)

だけど、だけど・・・
もう理想の押しつけだよねって、感じるんです。
感じること・感じたことも悪くないからね。

人によってはそのポジティブワードは
ココロを病ませるキラーワードにもなるんだよ。

また、これもわたしの主観ですが、
心理学を学んでいる方やカウンセラーさん、精神科医さんって
こんな無闇矢鱈にポジティブワードを使わないんだよね。

多分記事を読む人・セッションを受ける人の
背景(これまでの人生や価値観・経験)に配慮してるから
だから読みやすいし、いくら読んでも疲れないんだと思う。

そうだと言っても発信している方全員に
視聴者さんの背景を考えて言葉を選べ!って言っても
無理な話ですよ(笑)ムリムリ。
そんなこと言ったら表現の自由がどうのってなるもの。

なので見るものは自分で選ぶ。
疲れないものを選ぶのがベターだね。
もちろん自分の主観でね。






無理に笑う必要もない。
楽しむ必要もない。
必要だと思うから運動するだけ。
ポジティブワードに乗っかって
無理に自分を好きにならなくていい。


自分は、そのままでいいのです。


この軸はぶれないようにしようって
改めて本を読んで思いました。


気を緩めたら今やもうそこら中に
ポジティブワードという暴力が
転がってますから。


わたしはゲームで鍛え上げた回避能力で
ゆる~~~くスマートに回避していきます(笑)
そして見るものは選ぶ。全部を受け止めない。
疲れるものには触れない。
全部主観でいいんだよ!!!!感じ方なんて人それぞれ。


自分の感じ方を信じてやってくれ。
間違ってないよ。ほぼほぼね。






水島広子さんって確か
「それでいい」という本も書かれていました。
もう一度読みたいなって思う。本当に。


なんか近いものを感じます、勝手に親近感。
闇の濃さが似ている感じがします(笑)
安心して読めます。


定期的に「死にたい」と思う方は、
一度読んでみるといいかもよ。


「消えたい」「もう終わりにしたい」あなたへ


では今日はこのへんで。
ありがとうございました!




written by マイ(@iamxxxgv
※各種SNSもフォローお願いします!



●マイの超絶日常&趣味アカウントはX(Twitter)
●ブログ村もやってます!ポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました