男性性の理性が、女性性の感覚を抑圧させすぎて、いろいろうまくいかないのでは?【自分に関する生態記録】

この記事は約2分で読めます。



朝の筋トレ中に思ったこと。
あまりにも思考が強すぎて、
感覚や感情を抑え込みすぎ、
かつ他人に期待し過ぎて
自分が苦しくなってたんじゃないかって。


自分で自分の個性や特徴、癖を、
徹底的に論破する形で否定してたんじゃないかと。


簡単なところで言えば食事だよね(笑)。
家に簡単に食べれるものがあれば食べちゃいます。
「食べちまえ!」みたいな欲望と、
多分衝動性(ADHDな部分)が働いてね。


そういう事が起きると、
男性性な自分が正論で論破してくるわけ。
「ダイエット中なのに何してるん!?」、
「まーーーたどか食いか!!」、
「意志弱すぎだろ!!」、
「家計をせっかく調整したのに!」って。
ぼっこぼこに殴ってくるわけ。


で、女性性側の自分は、
「うるせぇな生理前でイライラしてんだよ!!」、
「仕事の対応でイライラしてんの!!」、
「家計なんてなんやかんやいつも帳尻合わせられるじゃん!!」、
「気分良くごきげんにいるほうが大事なの!!」、
と最近は大変反論するようになっています。


そして私は・・
「うんうん、二人の言い分ようわかるわ~~」、
「しゃあないよね~~~~~」って、
ひたすら受け止めてます(笑)






これまでの生き方では、
明らかに男性性優勢。
そうじゃないと親に追い出されるし、
下手したら殺されるって思ってたから。
子供らしくいること封じてました。
感情を殺し続けました。
女性性の自分を殺し続けてました。
男性性の自分が、泣きながら片割れの自分を殺してました。


だけどね、もう大人だし。
一人暮らししてるしね。
もう女性性の自分を殺さなくていい。
なんならある程度女性性にまかせていいのです。
感覚と直感に合わせて、動いていい。


女性性を先に動かせて、
後ろから男性性がサポートする感じ。
そんな感じでいいんじゃないかな?


・・・うん、ふたりとも「うんうん」って言ってますね。
お互いの得意な部分を活かして生きていこう。


大前提、他人には振り回されず、ね。





朝からブログ書いてる自分にびっくり(笑)
今日もてきとーに楽しくいきましょう。


では、ありがとうございました!

written by マイ(@iamxxxgv
※各種SNSもフォローお願いします!



●マイの超絶日常&趣味アカウントはX(Twitter)
●ブログ村もやってます!ポチッとお願いします!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました