インナーチャイルドはずっとあの頃のまま泣いているって話

この記事は約4分で読めます。


わたしはアダルトチルドレン。
機能不健全な家庭で成長し、
子どもの頃に子どもらしく過ごせなかった

それが理由で生きにくさを感じたり、
人間関係で悩んだりしてしまう。



今まさに、
わたしはアダルトチルドレンの癒やしの道を
手探りで進めている。





自分の中には、
まだ成長しきっていない、
小さなままのわたしがいる。
いわゆるインナーチャイルドだ。



小さいままのわたしは・・
その存在に気づいたのは
ここ6-7年なんだけども、
ずっと、姿が変わらないんです。



癒やされて無くて、まだ苦しいんだよね、うん・・・そうだよな


どーもどーも!
見た目は大人だけど中身は小さい子どものまま・・
マイ(@iamxxxgv)です。




本当に、あのころで時間が止まっています。
まだ髪が長かった頃、
8歳か9歳のころで成長が止まっています。



自分の中の子ども、
インナーチャイルドであるわたしは、
ここ6-7年くらいで存在に気がついているものの、
一切成長していない。



いつも寂しそうに、
かといって日向に出るのは怖いみたいで、
隅っこに隠れています。
なんか3歳の頃の自分みたい。
妹が産まれ、親の手がそっちに回ってしまい、
一切構ってもらえないとき、
部屋の隅っこにいたなぁ・・・



とにかく自分の感情を殺して、
親の機嫌を伺って生活していたあの頃・・・




この頃親は離婚して片親になった。
そこで妹の保育園のお迎えとか、
めんどうみたりとか、
小さいながらに頑張ったんだけど。



異常性に気がついた。
どうしてわたしは周りの子と同じように
”子ども”としていられないんだろう
」。
「わたしだって、ただの8歳の子どもなのに」。
「どうしてお母さんは、
わたしを子ども扱いしてくれないの?」。



こうやって気がついて、親に言ったら、
多分めちゃくちゃ怒られたんでしょうね。
「うるさいわね!お母さんは忙しいの!!」
「手伝って当然でしょう!お姉ちゃんなんだから!」
まあこんな感じかな・・・(笑)



そこで頭が真っ白になって、
「ああ見捨てられるんだ」って
死を思わせる恐怖を感じて、
自分の感情を殺すようになった。




見捨てられて死ぬよりも、
自分を殺して親の言う通りにして
なんとか気を引いて褒めてもらいたい・・

(褒められることはなかったけど)
でも「どうしてわたしばっかり」と
自分を殺し続けることに反抗する気持ちもあった。



親が離婚してから少なくとも12年間、
北海道に来てACであることに気づいて
自分が苦しいことに気がつくまで10年くらい、
ざっと見積もっても22年くらい、
こんな気持ちで過ごしてました。




人生の半分は自分を殺している。
こんな長い間我慢してたんだから、
6-7年で癒されるわけがないって
思ったりもするわけで。
正直気づいてるだけな部分が多かったし・・。
癒やしとか自分と向き合い始めたのは
2022年5月くらいからだし。



だから、インナーチャイルドが
成長しているわけがないのです。

癒やされていないもん。
気づいているだけだから。
向き合っていないもの・・・
そりゃ苦しいままだよね・・・



彼女がもし成長するなら、
今後、ってことになりますね、きっと。



マイが無意識に感じる自己否定・自己卑下・無価値感はこんな感じ


わたしが日頃から
思って感じて苦しんでいる
価値観というか、考えはね
こんな感じなの。



・自分に存在価値はない
・人よりも仕事ができないと意味がない
・怒られても仕方ない存在だ
・雑に扱われても仕方ない存在だ
・わたしは愛されるわけない
・汚いニンゲンだ
・見た目が醜い、傷物だ
・感情を出すべきではない、殺し続けろ
・自分を出すこと、表現することが怖い
・人が怖い、信用できない、絶対に裏切る




こんな思いがずっと自分の中をぐるぐるして、
インナーチャイルドを取り囲んでいる。
身動きが取れない状況にしている。



仕事のときじゃなくても、
休みの日でぼーっとしているときでさえ、
こういう思考が出てきて、
生きているのがしんどくなる。



22年間、
親から与え続けられた
歪んだ価値観だ。




うーん、こうやって
文字でざっと並べただけでも
しんどいですね・・・


まとめ:日々癒やしの道をちょっとずつ。カウンセリングの予約も。


ここ1週間位、
なんて訳ないんだけど、
胸が痛かったり、カラダが痛かったりする。



別に腰痛とか、
刺すような痛みがあるわけじゃない。
ただ痛い。
”存在すること自体”が痛い。



呼吸をすることも、
横になることも、
座っていることも、
痛い。全部痛い時がある。



生きることって、
こんなに痛み伴いますかね・・?
機能健全な家庭で育った人は、
こんな風に悩んだり、痛みを感じたりしないのかなぁ。
人が怖いって思ったりしないのかなぁ。



羨ましいなぁ・・・



もう得られないことに対して
羨んでしまうほど、
しんどくなってきております。
すぐ回復するもんじゃないのはわかってますが、
濃い霧の中を進んでいるみたいで、
進捗がわからんのですわ・・



3歩進んで2歩下がって、
一旦休んで、みたいな感じで、
ゆっくりやっていきます。



カウンセリングも予約して、
安全地帯を作っておこう。



「誰かになにかしてあげられるのか?」ではなく、
「自分を癒やすこと」に集中します。



なんかまとまりがない文章だな・・
すみません。
でもちょっとわたしは落ち着きました(笑)



では、今日はこのへんで。
ありがとうございました!



written by マイ(@iamxxxgv

タイトルとURLをコピーしました