自分が今「嘆き」の段階にいることを認識したって話【アダルトチルドレン】

この記事は約4分で読めます。



最近やたらと泣く
仕事中も容赦なく涙が出てくるし、
悲しみや怒りも爆発的に出てくる。



今までだったら「ぐっと我慢して」、
自分の中に溜め込んでいた感情だ。
それが、際限なく表に出てくるようになった。



・・・おかしくなったのだろうか?
いいや、違う。
自分でアダルトチルドレンの癒やしの道を進んでいて、
まさに今、嘆き(グリーフワーク)の段階に立っているんです、きっと。



溢れ出すままにしてたら、ちょっとだけラクになった気がする



どーもどーも!
怒りが大爆発して、両手を負傷中!
マイ(@iamxxxgv)です!




ここ2-3日、仕事中にですね、
どうしようもない”怒り”を感じたんです。



「なんでそんな悪意を人に向けられるのか」
「自分の無知棚に上げて、どうして非難するのか」
「どうして暴言が出てくるのか」
「なぜそれを受け止めなきゃならねーんだ」




仕事上どうしても仕方ないんだけど、
それだってニンゲンだもの、限度がありますわ。



もう怒りが出るのを抑えられなくて、
「ふざけろ!!!」って口でいうだけじゃ足りず、
カラダで動いて発散したい!!ってなって、
すぐにできたのが・・・



机を思いっきり叩くこと。
グーにして、手の小指側で殴る感じね。



そしたらね、まースカッとしましたよ、ええ。
だけど何回もやったら右手まじで痛い笑
(そりゃそうだろw)



なので今湿布などを貼って治療中です・・
痛い痛い、これ文字書くのも大変だから・・・



今度殴りたくなったときは、
お布団を殴ることにします
ちょっとくしゃくしゃっと丸めて、
そこをボコボコ殴る、と。



ノーダメだし、何回でもできるし、
結構面白い(笑)発散もできる。
今後はお布団さんのチカラをかりまーす☆









ということで、
マイは今非常に感情が出やすいというか、
本に書かれていた言い方をすれば
「自然的に感情が出てきている」んです。



今までは我慢して溜め込んでたけど、あえて吐き出す、これが嘆きの作業


これまではまじで我慢して我慢して、
溜め込んで溜め込んで、
限界が来たら爆発させて自滅してました。
主に体調を崩したり、過食に走ったり、
急に鬱々して何もかも嫌になったり。



だけど今、マイはアダルトチルドレンの癒やしを進めていて、
現在「嘆き(グリーフワーク)」の段階に来ています。



自分がアダルトチルドレンであることを認識して、
どんな機能不健全だったかを書き出して、
どんなことがいやだったかを書き出して、と。



意図的にやっていたわけではないのですが、
本を読み進めているうちに
自然とノートとシャーペンを持っていて、
いろいろ書き始めていました。
(もちろんその影響はブログにも出ているのですが)



やってたら嘆きの段階に進んじゃってました、って感じです。
今まで我慢していた哀しみ・怒り・憤り。
それを取り戻してちゃんと感じて吐き出す。



この嘆きの作業、結構大変なんですって・・



鬱感情にもとらわれるだろうし、何もかも憂鬱になることもあるだろうが・・!


嘆きの作業って大変なんです。
子どもの頃に感じておくはずだった
哀しみや怒りを思い出して、
感じることが必要だから。




我慢して閉じ込めて、
冷凍保存してしまった感情を
解凍して感じきって昇華する作業なわけ。




だから・・・
怒鳴り声を聞いたら、
親に怒鳴られた記憶が蘇って
恐怖を感じるだろう。



理不尽なことを言われたら、
親にどうしようもないことで叱られたことを思い出して、
激しい怒りを感じるだろう。



これを感じきることが大事なのだ。
押し込めないで感じること。
感じることで過去の出来事と
しっかり決別ができる。
トラウマと決別できる。



決別したいのよー
もう邪魔でしかないからさー




なのでTwitterでは感情が乱れに乱れた
つぶやきが増えるだろうし、
その都度苦しかったり気づきがあれば
ブログで書いていきたいから。
情緒不安定になることが多いかもだけど、
できる限りやっていきます。



そしてちょっとお金都合つけて、
カウンセリングも受けていきます!




まとめ:癒やしの過程を行ったり来たりして、少しずつ決別します


アダルトチルドレンの癒やしの道は、
同じところを繰り返したり、
戻ったり、ある段階は飛ばしたり、
マニュアルどおりの流れにはならないとのこと。



段階を行ったり来たりして
徐々に癒やしを進めていくんです。




思い返してみれば・・・
わたしは応用のメソッドばっかり手を付けて、
根本的な原因のアダルトチルドレンの癒やしには
着手していなかったと気づきました。




アダルトチルドレンであることは認識した上で、
自己肯定感上げたりとか、
アンガーマネジメントしてみたりとか、
HSP気質と向き合ってみたりとか、
効果はあったけど、どこかひっかかりがあって。



基礎がガタガタなのに
応用のメソッドやっても
本来の効果が出るわけがないんですよね。



応用のメソッドの効果を
最大限に生かすためにも、
自分がラクに生きるためにも、
トラウマを手放していきます。

ちょっとずつだし、時間かかるだろうけど。



ふー・・・やります。
その方が人生の質が上がるだろうから。



見守っていただけると、これ幸いです。



では、本日はここまで!
ありがとうございました!



written by マイ(@iamxxxgv

コメント

タイトルとURLをコピーしました