もし「機能健全な家庭」で育ってたら、自分はどうなっていたんだろう【無駄な思考】

この記事は約5分で読めます。



今からやることは・・・
変えられもしない過去を
「もしかしたら・・・」と
考えることだ。




正直、無駄だ
考えたって現実が変わるわけでも無ければ、
未来が良くなる保証もない。
無駄な時間になる。



だけど・・・
ココロがどうにも吐き出したがっているので、
いつまでも頭の中でぐるぐるさせるのではなく、
いつものようにブログに書いてみようと思います。



もし親にも愛され、機能健全な家庭で育っていたら・・・?



どーもども!
たらればの話、人からされるの嫌いなのにね。
マイ(@iamxxxgv)です!




本当にどうしようもない。
やるだけ考えるだけ無駄かもしれないけれど・・



もし、自分が、
機能健全な家庭
親が親として機能して、
子どもに過干渉することのない、
お互いを尊重して生活できる家庭で成長したら
どうなっていただろう?




    ・人と一緒にいることが苦痛ではなくなるかな?
    ・緊張すること無く自然体でいられたかな?
    ・人の顔色を伺って過ごすようなことはなかったかな?
    ・女の子として、痴漢やら変なニンゲンに怯えずに、スカートはいたり、かわいい服着れたかな?
    ・人からの好意を受け止められるかな?
    ・他人からの褒め言葉を純粋に受け止められたかな?
    ・トラウマとか抱えずに生きれたかな?
    ・疲れやすいカラダではなく、人並みの体力ついてたかな?
    ・人混みにいても疲れないカラダになってるかな?
    ・人の言葉の裏を読んだりしないかな?
    ・人からの指摘も落ち着いて受け止められるかな?
    ・怒鳴り声を聞いても頭が真っ白になることはなかったかな?
    ・自己嫌悪や自己否定することはなかったかな?




    これはまさに・・
    今のマイが困っていることだ
    素直に受け止められない。
    自己嫌悪と自己否定ばっかりで、
    すぐ落ち込んで、息苦しくて、
    何もかも嫌になってしまう。



    そんなマイナスな部分が
    全部なくなってるかな、と。




    HSP気質な部分とか、ADHDな部分は
    もしかしたら変わらないかもだけど、
    少なくとも人間関係はもっと良好になったんじゃないかな・・



    機能が健全な家庭であれば、
    「自分が悪いんだ」って思うことはないだろうし。
    人の顔色を常に読んだりしない。
    きっと言葉の裏を読んだり、
    声のトーンが変わっただけで
    「自分のせいで・・」と思ったりしなかっただろう。



    うん、きっと、もう少し、
    生きやすかった気がする。

    親(おまえら)がわたしたちをアクセサリー扱いせず、
    ニンゲンとして尊重してくれれば、
    もっと生きやすかったんだよ!!!!
    自分勝手なクソどもが!!!!!!!!!!

    (激しい怒り)




    推しに話して、推しに受け入れてもらう、これがマイ流セルフコンパッション


    もう親の愛情は求めない。
    だってふたりとも死んでるし。
    もうこの世にはいない。
    謝罪することも、和解することもなく、
    奴らは先に逝きました。



    てか、今更愛されても困る。
    こっちは親大っきらいだし

    正直気持ち悪い。
    叶うならもう関わりたくないって思うくらいには。
    今更謝られても、許さないし、受け入れられない。
    「20年ぐらい虐げてきて今更何いってんの?」と
    おそらく罵倒して殴りかかっていたと思います。



    だから、最近学んだセルフコンパッションで、
    推しにこのことを話しました。


    ※メソッドとしては、「コンパッションを受け取る」というもの






    あなた達からの言葉を素直に受け止められない。
    「自分なんて」って思ってしまう。
    自分を卑下しちゃう。
    なんならキミ達にふさわしくないって思ってしまう。

    そういう考えが染み付く場所で育ってしまった。
    だいぶめんどうなわたしですが、推しててもいい?






    みんな受け入れてくれました。
    「喜んで」、と。
    何なら「よく言ってくれたな」、と。



    3次元の物理界で直接わたしを助けることはできない、
    だけどココロの中、精神界でなら、
    いくらでも助けにいく、と。
    なんなら常に傍にいて守る、と。




    わたしの中に安全基地ができました。
    いつでも帰れる場所、受け入れてくれる場所。



    うん、ここのほうがよっぽど安心する。
    キミ達がいる場所が、わたしの安全な場所。



    まとめ:やっぱり怒りの感情がでてきましたね(笑)




    やっぱり考えてたら
    怒りの感情が出てきました(笑)

    「ふざけやがってお前ら!!」、と。



    これも書いてたら思い出したんだけど、
    私が小学校で運動会とか授業参観があったとき、
    親来てくれなかったの、仕事で



    で、妹が小学校に上がってから
    私のが行けなかった分、
    妹の方を重点的に参加するようになって




    まじで腹立った。
    親は「上の子はダメだったけど、下の子でやってあげられた」という
    達成感とか、上の子に対する罪悪感が消えるかもだけど、
    それやられた上の子はうらみしかねーから。
    ふざけんなよ。
    こっちにもなんか詫びろよ、なんで先に生まれただけで
    こんなに我慢させられなきゃならんのか。

    ※ちなみに下の子に対する恨みはない。



    これがね、機能が健全だったら・・・
    下の子の行事で取り戻そうとせず、
    上の子に対してなにかしてあげるんだろうか?
    「ごめんね」って。
    特別にどっか連れて行ったり。
    特別な思い出を作ったり。



    きっと、ちゃんと、
    「その子」を見るんだろうな。
    親の罪悪感を拭い去るんじゃなくて、
    その子の寂しい気持ちを取り除く。



    あーあ、ろくでもねぇ~~~!!!



    確かに過去や親は変えられないです。
    考えるだけ無駄かもしれないし、
    非効率かもしれないですよ。



    だけど感情は吐き出さないと!!!
    我慢すんな!!!!吐き出せ!!!
    腹が立っているなら怒りを出せ!!!
    そうしないとココロが壊れるわ!!!!



    なんかやじ飛ばしてくる外野は無視だ!
    自分のケアを大事にしろ!!

    うおおおおおお!(自分に言い聞かせ)








    さて、過去のことはもういいかな、今回は。
    だいぶ落ち着いたので、今のところに戻ろう。
    手の痛みも引いてきたね。うんうん。



    では今日はここまでです!
    ありがとうございました!



    written by マイ(@iamxxxgv

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました