中島輝先生のHSPカウンセラー・ベーシック資格講座に参加してきました!

HSP
中島輝先生のHSPカウンセラー・ベーシック資格講座に参加してきました!





先日、
2019年2月17日、
中島輝先生の
HSPカウンセラーベーシック資格講座に
参加してきました!!




参加した感想と
今感じていること、
今後どうなりたいか・・・



そのことをまとめていきたいと思います。




結論から言うと、
参加して本当によかった・・・!






参加者みなさん、それぞれHSP/HSS気質、先生もHSP/HSS気質。だからなのか、とても居心地がよかった・・・

マリーゴールド





講座に参加しようと思ったきっかけは、
HSPについてより深い知識を得たい、
それを得た上で自分の生活に
役立てていきたい、
同じHSP気質に悩んでいる人に
伝えていきたい・・・
と思ったからです。



何気なく
「HSP 講座」と検索して
出てきたのが
中島輝先生の
HSPカウンセラー講座でした。




東京に遠征が必要になるので
少しためらいも
ありましたが・・・・
行こう!と強く思い、
申し込みボタンを
ぽちーっと、
しました。




実際に会場に行くまでは
ほんとにどっきどき。
人が極端に少なかったらどうしよう、
おっかない人ばかりだったら・・・
などなど、
いろいろ心配でしたが、
その心配は不要でした。




会場にいるのは
自分と同じHSP気質を持つ人達、
そして中島先生も
HSPとHSSの気質を持っている方。




同じ気質を持っているからか
変に気を遣わず、
フラットな状態でいられました。



普段人の集まりにいくと、
緊張して、周りに気を遣って、
頭が痛くなるわ、
肩がこるわで
具合悪くなっちゃうんですよね。




それが一切ない!!!
いつもなら黙って話を聞いていたいのに
すらすら話ができる。
ポンポン言葉が出る。




なんかずっと前から
友達だったみたいな感じ。
参加者も中島先生も。



講座の中では
ワーク(他の参加者と協力して作業する)も
ありました。



普段なら
「他人と一緒になんかやるとか
マジで無理」ってなる私ですが、
あっさりできる。
むしろ楽しい。




不思議なくらい
ワークできるんですよ。
それを参加者の方に伝えたら、
「私も!!普段なら苦手で嫌なのに!」と
仰るではないですか!!



会場にいる人たちは
同じ気質同士の中にいるからか、
非常にリラックスしている状態でした。



こんなに楽しい講座が
世の中にあったなんで・・・



目からウロコです・・・!








HSPの人が生きていくためのTips。そして、壮絶な中島先生の人生。

セージ





講座の中で
中島先生は
HSPについて
このように仰っていました。
(ざっくり箇条書きでいきます)





●敏感で繊細(Highly)な感覚は
私たちの武器になる
●人は関心のあることにしか関心がない
●細部ではなくて、大局をみるようにする
●相手は変えられない。だけど自分は変えられる
●セルフラブ。自分を大切にしてあげる
●全肯定、ありのままに「〇」。
「うん、そっか。はい次~」くらいの勢いで。
●一喜一憂しなさんな。
●感情を感情で処理しない




人って、自分の関心があることにしか
関心がないんですって。
なんだよそれって感じですよ。



だからなんかイライラするとか、
不安だな怖いなって思ってたら、
そこから関心無くせば
気にならないもんなんですよ。




意外と単純ですよね、
人間の脳って。




そして脳は
「できる」と思っていれば
できるようになるんですって。



中島先生の本ではなく
別の方の本にも
似たようなことが書いてありました。




自分自身に
ポジティブな声をかけてあげれば
自然と脳がポジティブなコトを見つけ出し、
ポジティブになっていくんです。





これを知ってる人と
知っていない人では
生き方が大きく変わりますよね・・!




また、とても衝撃だったのが
中島先生の壮絶な人生です。




幼いころに大変な経験をされており
そのころからHSPの症状や
パニック症状、躁うつ病に
悩まされます。



5歳の時に里親が夜逃げしたことから
先生は「他人は信用できない」と思い
どんなことにも一人で対処されてきたそうです。




印象的だったのが
胃腸炎になった時のお話し。
一人で頑張っていたことが
身体に出てしまい、
胃腸炎になってしまったとのこと。




先生はそのとき
「はだしのゲン」という漫画を読んでいました。
物語の中で
ゲンのお母さんが何かの病気でお腹を痛めています。
この痛みを止めるために
「ゲン、腰を踏んで頂戴!」と
お母さんは言うのです。




ゲンは言われた通り
お母さんの腰を踏むのでした・・・。
この話をみた先生は
「これだ!!!」と思い
壁に背中を預けて
自分で思いっきりお腹を押して
痛みを抑えようとしたのです。
約1年間、独自の治療を
「人体実験」を続けたそうです。




衝撃でした・・・
もう心が痛くて・・・
今もこうしてブログに書いていますが、
なんというか腸が
ギリギリと締め付けられる思いです・・




私も幼いころ、
学校ではだしのゲンを読みました。
しかし絵が怖いし、
戦争のお話しだし、
読み進めることができなかった・・・



読めなくなったきっかけが
「海外の兵士が、
亡くなりそうな女性の子宮に
酒瓶をいれて
どれだけ量が入るのか、
実験している」という
シーンが描かれていたこと。




女性を、人を
なんだと思ってるんだ・・・!!!




幼いながら怒りを覚えたことを
覚えています。
同時にそんなことができる
人間に対しても
とても恐怖しました。




それ以来、
私の中では
はだしのゲンがタブーになっていたのですが、
大人になってここで再会するとは・・・
先生の人生に衝撃を隠せないですし、
はだしのゲンが出てくるなんて・・・
何かの縁でしょうかね。






まとめ:Highlyな性質を武器にして、今度どう生きたいか。

ジャンプ





今回の講座に参加して
本当によかったです。
ぽちーっとしてよかった。
北海道新幹線乗って
東京行ってよかった。



HSP気質の人がいること、
その人と同じ気質による悩み、
同じこと悩んでいることの共有、
ワークをやって感じたことの共有、
それをしたことにより
大きな安心感を得ることができました。



「ああ、大丈夫だ、
同じことで悩んでいる人はいる」




こう思えるだけで
生きるのだいぶ楽になります。




HSP気質の人は
5人に1人。
どうしたって
非HSPの人に取り囲まれているから
孤独感を感じるんですよね・・・
うんうん。



それが無くなったので
今とても前向きな気持ちでいます。



そしてカウンセラーというお仕事にも
非常に興味を持ちました。



中島先生のように
カジュアルなカウンセラーになりたい・・
ちょっとそう思っています。




今後どうしようかな、と思うにあたって
まずは中島先生の
アドバンス講座を受けたいと考えています。




そして、
まず自分を癒す。
自分を愛することを徹底して、
自分を知っていきます。
自分の考えを変えればいい。
何かあっても
「ハイOK、次~」でいく。



物事を俯瞰して、
大局をみて生きていきたいと
思います。




なんかね、
この趣味ブログ以外にも
やってみたいこと
増えたよ。
ちょっと光が見えてきたよ・・!




最後に・・・
先日はとても勉強になりました。
貴重な命の時間、
中島先生やHSPの方々と共有できて
本当にうれしかったです!
ありがとうございました!!!





中島輝先生の新しい本です↓
超おすすめです!




スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました