【AC】親には甘えられなかったけど、”世界”にはたくさん甘えさせてもらってるなって話

この記事は約3分で読めます。

******ご案内******
★いよいよ開始!のメニュー
数秘バースデーカラーセラピー

★マイの各種SNS、励みになるのでフォローお願いします!
Twitter(@iamxxxgv)
Instagram(ashes_sun_cloudy)
LINE公式アカウント
*****では記事をどうぞ!!*****



先日、アダルトチルドレン(略:AC)には
「甘えの欲望」があることを
気付かされたマイさん。





衝撃的ではあったが、
「確かにそうだ・・」
とても納得したんです。



確かに親には甘えてこなかった。
だけど・・・
「ある」ものに目を向けてみたら、
”世界”にはだいぶ甘えているなって思ったんです。



スポンサーリンク

健全な家庭で育った人にとってはもしかして普通かもしれないが・・



どーもども!
手元もみてごらんなさいよ。
マイ(@iamxxxgv)です!




改めて今、
自分の手元にあるものを
見てみたんです。

意外と、ルールからはみ出ても許されてたり、
ちょっと約束に遅れちゃっても許してもらったり、
体調悪くて寝込んでいても
職を失うことにはなっていないし。



これってさ、言い方を変えればさ、
社会や職場、知人などに
甘えさせてもらってるよね?

許してもらってるわけだから。



冷たい相手だったら、
一回ルール破ったら
二度と関わらねぇ!」つって、
関係を断つかもしれないし、
仕事をさせてもらえなくなるかもしれない。
サービスが使えなくなるかもしれない。



そういうことにはなってない。
不自由してないし、
生活できてるし、
許されている状況である。



「何いってんだ、当たり前だろ!」って
思う方もいるかもしれませんが、
その「当たり前」がすごく大事だったりする。



だって、幼少期に、
健全な家庭であるはずの「当たり前」が
わたしにはなかったから。



機能不健全で、
親が親の役目を果たさずに、
子どもから愛を搾取して、
自我も自尊心も殺されてきた。



だからどうしても
「ない」っていう方に
意識が向いているんです。

もう、許されてるのにね、
そのままの自分で、
今の自分の状況でね。



今はね、もう親もいないの。
自分で選べる状況だし、
自分で意識を向けるべきものを
選択できる状況だよ。




よく見たらさ、
今日だって電話して、
助けてもらったじゃない。



今日も、甘えさせてもらったね。


スポンサーリンク

まとめ:いま手元にあるものを見つめてみる


あるものに意識をただ向けるだけ。
それだけでちょっと気持ちが楽になる。
「ない・・ない・・・」って
ないものねだりしていたのが、
「なんや、あるやんけ」って認識できて、
ちょっと前向きになるのよ。



これだけでいいの。
まずこの一歩が必要。
いつまでも「ない・・」って喚いているよりも、
できることをやって、あるものに気づいて、
「自分は大丈夫だ」という意識を持つこと



それで前に進めるんだ。
昨日カウンセリングでも教えていただいたもんね。





意識が「ある」に向いていけば、
相乗効果でいろいろ良き方向に
向いていく予感がする。
どうなるだろう?楽しみだなぁ。



大丈夫。不安はあるけど実は大丈夫。
ゆる~く、がんじがらめにならず、
俯瞰して、手元にあるものを認識して、
自分の才能や効率厨なところを
活かしていく!!



ということで、今日はここまで!
ありがとうございました!!



written by マイ(@iamxxxgv

タイトルとURLをコピーしました