人が「本能的に伸ばすと気持ちいいポーズ」が『ヨガのポーズ』になったのでは?、と思う今日このごろ

この記事は約3分で読めます。



これは私の考察。
ふと思いついたこと。



ヨガのポーズって、
人間が本能的に「気持ちいい」と思える
ポーズで成り立っているのではないかな?
ってこと。



無意識に合蹠のポーズを取っていて、ふと気がついたんです!



どーもこんばんは!
ヨガが自分に合ってて
ほぼ毎日欠かさずやっている

マイ(@iamxxxgv)です!



ヨガって人間が本能的に
伸ばして気持ちいいポーズなのでは?
と思ったのは、
自分が無意識に寝ながら
合蹠のポーズをしていたからです。




本来は普通に床に座りながら
両足の裏同士をくっつけて、
ひし形をつくり、
そのまま上半身を前に倒していく感じ。



合蹠(がっせき)のポーズ|初心者ヨガ(腸腰筋、血流促進、女性特有の悩みを緩和)




このポーズは
足の裏同士をくっつけることによって
股関節と太ももを伸ばすことができます。




座った状態でもできますが、
個人的には寝っ転がりながらやるのが
気持ちいいです。





1日の終わりに骨盤のゆがみを整える寝たままヨガ #330




仰向けに寝っ転がって
そのまま足の裏をくっつけて
ひし形を作り、
そのまま気の済むまで呼吸。



これが本当に気持ちよくて。
股関節の重みが無くなって、
太ももも伸びて足の疲れが取れていきます。



なんでこのポーズを取ったかというと・・
立ちっぱなしの仕事で足が重くてですね。
ちょっとでも疲れが取れればいいなと思って
寝る時にベッドに入ったタイミングで、
自然とやり始めたことでした。




ずぼらヨガを読んでやり始めたポーズ、それに自分なりのアレンジを加えたら、ヨガのポーズの一種だった!


自律神経どこでもリセット! ずぼらヨガ



前職を止めた頃、
いろんな体調不良に悩んでました。



そんな時にネットで出会ったのが
ずぼらヨガ。



完璧なヨガではなく、
手軽にできる、
のんびりゆったり続けられるヨガ。



当時の私にとっては、
体がとにかく重くて、
思うように動けなかったもんだから、
本当にありがたい存在で。
軽い気持ちでささっとできる、
それによって体調も少しだけ楽になるものでした。



その中にあったのが
下を向く犬のポーズ、
壁を使いながらバージョン。








これがめちゃくちゃ気持ちよくて!
背中も伸びるし、
腕もぐっと伸びる。
腰回りも気持ちよく伸びるので、
自宅ではよく洗濯機の端っこに手をおいてやっていました。



やっているうちに、
足も片方ずつ上げたら気持ちいいのでは?
と思ったんです。



で、やってみたら
太ももの裏側が伸びて
すごく気持ちいい!!

なんだか筋トレしている気分にもなります!



そのポーズ、実はこういうものでして・・↓






壁を使った戦士のポーズ!!



完全に「マイオリジナルだぜ!」と
思い込んでいたポーズが、
実は『戦士のポーズ』という
名前がついていたことに驚き!




これらの経験から、
ヨガって本能的に体にとって
気持ちいいポーズが集まっているんじゃないか、と
思ったんです。




まとめ:これからも体の本音を聞いて、ヨガを続けていきます!




今回、自分の考えを書くにあたって、
ざっとヨガの歴史とかも調べてみたんです。



私の考察を裏付ける何かがあるかな~って。



そしたら、なくてね笑
紀元前からの流れで続いていて、
一般的になったのは
ここ100年くらいの間、だと。




もしかするとこの100年の間に、
体が気持ちいいと思うやり方が
加わったかもしれないしね。



今回の私の考察は、
一概に間違いとも言えないのかな~って
思っています笑



今後も、体の本音を聞いて
自分のペースでヨガを続けていきます!



written by マイ(@iamxxxgv

コメント

タイトルとURLをコピーしました