人生創意工夫でいくらでも楽しい、私は人生のプレイヤーであり続けたい

この記事は約5分で読めます。




中指の付け根を負傷して
感じたことなんだけどね。



どうやれば効率がいいか、
どうすれば快適になるか、
どうすればいいか、
創意工夫が大事だって改めて思う。




不便でも、工夫すれば、使いやすくなるかもしれないんだよね




どーもどーも!
日々発見の毎日!
マイ(@iamxxxgv)です!



先日仕事中に
職場の机の角っこに
右手中指の付け根を強打しまして。



フツーに痛い。
マウスホイールくるくるするのも
痛い。




・・・多分腫れていないので
ひびとか骨折とかは
していないと思うけど。



それにしても
なんて湿布の貼りにくいところを
ぶつけてしまったのか・・・




さてどうしようかと考えたら
閃きました!
「そうだ、切込みを入れよう!」、と。




アイディアが湧いたからすぐに実践!その時にふと思ったこと。




湿布の端に二つ切込みを入れて
中指に切込みの端を
ちょっと巻き付ける形

なんとか痛みのある部分に
湿布を貼ることができました!



個人的にも
ナイスアイディア自分!」と
めちゃくちゃ自分を褒めたのですが、
この時にふっとよぎったことが・・・



「親だったら・・・きっと、
湿布の貼りにくさに怒って
”何よこれ貼りにくいじゃない!
使えないわこんなもの!”と
怒鳴り散らしてただろうな・・・」




昔そんなことがあったんだろう。
あの人何に対しても怒ってたから。
そんな物に対して怒っても
何にもならないのに・・・



子どもながらに思った。
物に怒っても仕方ないのに、って。



湿布貼りながら思い出したのは
幼いことにみた母親の記憶。
そこから連想される
湿布が貼りにくいことへの文句です。





毒親の思考回路が染みついてしまっていることに改めて気が付く。


怖いくらい毒親が考えそうなこと、
口にしそうなこと、
叫び散らしそうなこと、
思い浮かぶ。

きっとあの人はこう言うだろう、って。


実はこういうことって
結構頻繁に起こってて。



買い物している時とか、
ウィンドウショッピングしている時、
町を歩いている時、
部屋でゆっくりしている時・・



毒親が私の脳内でわめき散らします。



「そんな高い物買うな」
「なんでこんなものがこんな値段なの」
「あんなギラギラした服を着るなんて」
「恥ずかしくないのかしら」
「ちょっと!危ないでしょ!!」
「気を付けて歩きなさいよ!」
「部屋でだらだらしてるんじゃないわよ!」



ああ、あの人こういうだろうなってのが
リアルに浮かぶ。
そして無意識に毒親に怒られないように
休まずせかせか動いたり、
ウィンドウショッピングをやめたりしちゃう。



自分はそうでないと思っていても
19年もあの環境にいたら
毒親の思考回路が
分かっちゃうんですよね。




そして過干渉と支配によって、
自分の脳内の考え方が
毒親の思考回路になってしまう。
無意識にブレーキがかかっちゃう。
無意識に周りを攻撃したりする。




「うわーーーーいやだーーーー」と
思いました。まじで。
なんで毒親にここまで支配されなきゃならんのか・・




毒親に毒された心は
まだ完全に解毒できていないようです・・





たかだか湿布の貼り方一つでも、工夫すれば使えるし、便利になるんだ


たかだか湿布の貼り方、
されど湿布の貼り方!!




ちょっと発想を変えれば
いつもの四角い湿布も
中指の付け根にフィットするように
つけることができるわけです。



こういうことって
日常生活の中に
ごろごろ転がっていると思うのです。




例えば職場で。
いかに限られた時間の中で
効率よく掃除をするか、
資料の整理をするか、
明日の引継ぎをするか。
どんなふうに言えば
お客様が分かりやすく理解できるか。



普段の生活の中で、
どうすればコーヒー飲みやすくなるか、
朝起きたらどう動くのが
一番効率よく準備できるのか・・・



考えればいくらでもある。
日々のルーティンの中でも
改善する点は結構ある。



改善すれば、
工夫すれば、
断然便利に楽に過ごせるんです。




なんていうか、
人生常に創意工夫による
アップデート。




モノごとをそのまんま使うだけでは
不便かもしれない。
そのことに対して
不満をわめき散らしたりしない。



多方面から考えて
どうやれば使えるようになるかを
しっかり考えていきたい!




なんなら最近は
ググればなんでも出ますからね(笑)




まとめ:大好きな創意工夫を忘れない!常にプレイヤーで在り続ける!




ふとしたところで
毒親の考えがよぎって、
脳内でわーわーと喚き散らします。
その考えで頭がいっぱいになることも。



だけどそんな脳内の喚き散らしに
負けません。




私は常に人生アップデート。
創意工夫を忘れずに
どうすればもっと効率がいいか、
もっとブラッシュアップできるか、
考えて行動していきたい。



某アニメで誰かが言っていました。
僕は人生のプレイヤーでいたい」。



私もそう。



文句を言うモブキャラではなくて、
人生のプレイヤーとして
どうすればもっと良くなるか、
もっと便利になるか、
考えて生きていくんだ!




ともかくうごこう
私は工夫して人生を楽しみきる!



まぁつまり・・・
毒親のようにはならないぞってこと!



おしまい!


コメント

タイトルとURLをコピーしました