コロナ禍で確保された仕切りやソーシャルディスタンスが今後も続けばいいな、と

この記事は約3分で読めます。




どーもどーも、
お休みの日に通院した
マイ(@iamxxxgv)です!



いつも通っている
心療内科をあとにして、
いつも行っている
薬局に行ったら、
待合室の座席が
1席ごとにしきりでしっかり
区切られていたんです。




それをみて私は、
ああ、最高」って
思いました。



ソーシャルディスタンスにより、自分のスペースをしっかり保てるようになった!




ホントに一席ずつ!!
しっかり区切ってありました。



そこに座った私は一言。



「ああ、落ち着く・・・」



誰にも邪魔されない、
他の人からの視線もさえぎれる、
物理的に自分の空間が保たれる。



つまり!
パーソナルスペースが
保たれるのです!!!!





●パーソナルスペースとは!

他人が自分に近づくことを許せる限界の範囲のこと。
目には見えない、心理的な縄張り。
範囲を越えて近づかれると不快に感じる。
人によって限界の範囲が違ったりします。




これはみんなあると思います。
近づいてほしくないな~とか、
この人は大丈夫なんだけど、
この人は苦手だな~って。



さらにHSP気質の私は、
自分と他人の境界線が
めちゃくちゃ薄いんです。




他人が感じる痛みとか
羞恥とか喜びとか、
そういうのが意図せず自分に
入ってきちゃう。



そんなもんだから
パーソナルスペースも
かなり広い方で、
他人の侵略にも非常に敏感です。



普通に生活していても
正直人に近づきたくないです。
パーソナルスペース侵されたくないので(笑)
人混みは避けてます!



それが・・・
こうやってスペースが
しっかり区切られていると
”自分のスペース”を
誰にも侵されず守れるので
ひじょーーーーに
快適です・・・・!








正直この仕切りやソーシャルディスタンスは、コロナが落ち着いてからも続いてほしい


不謹慎かもしれん。
何言ってんだと
思われるかもしれん。



だが言わせてください。



この仕切りや、
ソーシャルディスタンス、
今後もずっと続いてほしいです。




何でってもう、
生きやすいし、疲れにくいから。



人と距離取るだけで
心理的に楽になるんですよ。
体のこわばり・緊張もなくなる。




だってぎゅーぎゅーに詰まった
満員電車想像してみて?
リラックスできる???
深呼吸できる????



私はできない。
なんなら具合悪くなる。



今は感染対策で
お互いの距離が保たれていて、
変な緊張もないし、
リラックスできます。



映画館も一席空けながら
配席されていて、
超リラックスして観れます。



隣の人と
肘掛けでぶつかったりしないもん。
超快適☆彡




今までは効率化とか
そんなんで
パーソナルスペースを
全く考えず
ぎゅーぎゅー詰め込んでたんだと
思うけど・・・・



もしかしたらこれからは、
一人一人のスペースを考える
時代になっていくかも
しれないよね。




ちょっと期待をしている。





まとめ:いろいろと変動の時期・・!変化に慣れていきつつ、マイペースに行きます!




ということで。
HSP気質で
パーソナルスペースよわよわ、
他人との境界線がもろい私が、
実はこのコロナ禍で
生きやすくなった部分が
生まれています。



さらに言えば、、、、
若干潔癖症な私にとって
そこら中に消毒液があることは
大変助かる。




気になったら消毒できる。
まじでありがたい。



良くも悪くも、
コロナ禍によって
生活環境が大きく変動しています。




多分変化に対応していかないと
まじで置いていかれるし、
なんなら邪魔なモノとすら
思われると思ってる。



のんびりマイペースに
時代の変化に慣れていこうと
思います・・・!



ソーシャルディスタンスと
仕切りはそのまま続いてくれ・・・!







written by マイ(@iamxxxgv)



コメント

タイトルとURLをコピーしました