モンスター社員とかモンスターペアレンツのモンスター系の行動心理を考えてみた

この記事は約7分で読めます。




なんかとうとう
会社でのモンスターが
ピックアップされたなぁ・・と。



ついに来るところまで
来てしまったな・・、と
思う今日この頃。



私なりにこのモンスター社員、
モンスターペアレンツなどなど、
いわゆるモンスター系の
行動心理を考えてみたいと思います。




彼らがモンスター化する理由、その根底は自己肯定感の低さなのでは?



どーもこんばんは、
マイ(@iamxxxgv)です!



いつものようにTwitterを
ぼーーっと眺めてたら
興味惹かれる記事に遭遇しました。



それがこちら↓



あなたの隣にいる
モンスター社員。




自分はこんなところで
働くべき人間ではない。



モンスターペアレンツ、
モンスターカスタマー、
これらのモンスター系の
モンスター社員。




いるんだよね、うちの職場にも(笑)



モンスター系の問題行動はどんなもの?


モンスター系の問題行動には
このようなものがあります。



  • 嘘をつく
  • 批判をする
  • 常に喧嘩腰で怒鳴ってくる
  • 過剰要求する(主に金銭・物・サービスなど)
  • 他人を陥れる
  • 人間関係を壊そうとする
  • 意地でも自分の要求を通そうとする
  • 嫌がらせをする
  • やたらと自分の自慢をする


        などなど・・
この他にも色々ある




この問題行動が
すべて出るというわけではなく、
一つの行動が顕著に出る場合や、
いろんな行動が随所で出てくる場合もあります。



私の体感ですが、
モンスター系の問題行動は
だいたい周りの人への攻撃が多く、
自分の意見を無理やり押し通そうと
常に怒鳴り声を上げている傾向が
強いです。




モンスター社員で言えば、
「自分はこんなところで働く人間ではない」と
ぶつぶつと言い続ける、
同僚にいじめをする、
会社に対する批判を言う、SNSでつぶやく、
などなど。




最悪社内の人間関係を壊したり、
会社の評判を下げたり、、、
そういう結果を引き起こしかねません。


問題行動を起こしてしまうのは、理想の自分と現実の自分がかけ離れているからでは?


自分にヘイトが来るし、
他人との関係を壊すような行動を、
なぜやってしまうのか・・・



記事の内容と私の考えを混ぜて言うと、
とんでもなく自己肯定感が低いんではないか?、
という結論に至ります。



理想とする自分と、現実の自分との差が大きすぎて、落胆している
→理想に追いついていない自分を恥じる、嫌いになる。
 これにより自己嫌悪・自己否定・自己肯定感の低下が生じる。
 「こんな自分ではだめだ」と自分をよく見せるために、相手を攻撃したり、自分の経歴を偉そうに話す。
結論:自己嫌悪・自己否定・自己肯定感の低下により、自分に自信がなくなってしまう。これにより、こんな自分ではだめだ、と追い込み、「自分は素晴らしい人間なんだ」と思い込むために、相手を攻撃したり、嘘をついて自分の経歴を素晴らしいものだと見栄を張る


●以前勤めていた職場での立場(地位)とは、全く違う場所で働いている。これにより「自分は、自分の能力はこんなものじゃない」という思いが生まれる
→あからさまに”今”の職場の地位に納得がいっておらず「自分はこんなところで働く人間ではない」と発言したり、自慢話が非常に多い。また、過去の自分の栄光にすがりがち。
結論:自分と不釣り合いの地位にいるため、不満を感じる。過去の栄光にすがり、自慢話が多くなる。これにより職場での人間関係がぎくしゃくする。さらに職場に納得がいかず、職場を批判したりすることもある


●プライベートで何かしらの不満がある。そのため、職場で攻撃的になったり、もしくは嘘を言いふらし、自分を守ろうとする
→「プライベートがだめな自分」を認められず、苦しんでいる状況。舐められないように、相手を攻撃したり、嘘を並べて自分をよく見せようとする
結論:職場での喧嘩が絶えず、人間関係が悪くなってしまう。嘘を並べることで信用してもらえない。


                               などなど・・




今の自分に納得がいかなくて、
そんな自分が許せなくて、
自分を取り繕うために
攻撃したり、嘘ついたり、
自慢話をしたり、
批判したり・・・



自分の地位と心を守るため”に
問題行動を起こすんだと思います。




そんなこと・・・
悲しいだけじゃんか・・・、

私は感じます。



職場に働く仲間にモンスター系がいる場合に、どうやって接すればいいか・・?



職場の同僚に
モンスター社員がいたら
どうすればいいか・・・



モンスター社員の行動により、
自分が実害を受けている場合は、
早めに上司に相談しましょう。




仕事に支障が出たり、
邪魔をされたり、陰口を言われているようなら
すぐに相談することをおすすめします。



対処としては
おそらく厳重注意とか、
相手・自分の異動とか、
そういう感じにはなると思います。



実害が出ていない、
ただ話をしてくるだけ、
嘘ばっかりついてくるなど、
比較的軽めの状況であれば、
スルーしましょう。




右から左に話を聞き流すだけ。
自慢話だとか、過去の栄光の話、
盛ってるなぁって感じのプライベートの話、
適度に相槌を打って
聞き流しましょう。




ここで真面目に聞いちゃうと
相手は調子に乗ります。
よりあなたに話をするようになり、
自分の味方につけようとしてくるでしょう。



うちの職場にも、
軽度のモンスター社員がいますが・・・
まじで自分の味方にしようとする感じ、
こっちの忙しさ総無視で愚痴を言ってきたり、
自慢話を永遠としてきます。




それだと自分が疲れる一方。
かつモンスター社員には
相手を労るような配慮はないので、
しっかり線引して
自分を守っていきましょう・・!



まとめ:自己肯定感を上げて、そのままの自分を受け入れたら、人生もっと楽になるのになぁ・・・



モンスター系の人々をみて
私はいつも思います。



「そんなに怒っても
できないものはできないのに・・・」
「過去のことを言われても、
今目の前の仕事片付かないんだけどね」
「時間のロスだから、やめてほしいな」
そんなに嘘や見栄で固めた自分を
守りたいかね・・?




なんかミエミエなんですよ、
モンスター系の人の言動をみると。
弱い自分を隠したい、的な。




私も数年前までそうでした。
社会的に地位のない、
権力もない、
なんの取り柄もない自分は
この世に存在しちゃいけない、と。
隠すために見栄を張ってました。



でも見栄張るのも、
嘘を付き続けるのも、
周りの人を攻撃するのも、
体力めちゃくちゃ使うし
疲れるんですよ。



だったら・・・
弱い自分も自分っつって
弱み見せて助けてもらって
人生やっていく方が
ず~~~~っと楽なんだよね。
今の私はそうなんだけど。




別に弱み見せることって
悪いことでもないし、
命取られることでもないのにな・・



例えプライベートが充実してなくても、
前の職場と全然違う仕事でも、
見栄を張らなくても、
アナタという人を受け入れてくれますよ。
世界は優しくできてます。




どう?やめない?
そこまでいろんなモノに
噛み付いていくのは。



周りを攻撃して
自分の価値を出そうとするの
やめない?



と思う。
33歳になった、4月4日の深夜。



どうすれば
モンスター系の人たちの
自己肯定感を、
攻撃的にではなく
内面から上げていけるかなぁ?



何か方法はないものか・・・
そんなことを考えながら、
今後もブログ書いていたいと思います!



というわけで、
今日はおしまい。
33歳もよろしくおねがいします!



written by マイ(@iamxxxgv



コメント

タイトルとURLをコピーしました