借金、住民税滞納、訴状に差し押さえ、30代前半女性のお話【猛省】

☆気まま日記☆
この記事は約5分で読めます。




先日読んだ本と、
最近起きた出来事を
振り返って、
自分が快楽暴走マシーンだったことを
痛感しました。











FBでもつぶやきましたが、
私は快暴走モンスター。



目の前の気持ちいいこと、
気分がよくなること、
とにかく「快」になることに
一生懸命になる
暴走モンスター。




そのせいで
借金に訴状、
滞納で差し押さえをくらうことも
知らずに。




「快」を求めたのは、”自分が社会的に上の立場である”と見栄をはりたかった




ここでいう「」とは・・。



暴飲暴食したり、
必要のないものまで購入したり、
自分に合わないとわかりつつも
流行りのモノを買ったり。



何か行動したことによって
得られる感情、

「自分はこんなに食べることができる」、
「自分はこんなに買い物できる」、
「自分は流行りに乗っている」という
〇〇できる、
できるからこそ
周りから認められているという、
前提条件がある上での
気分がいい感情です。




そしてこの気分のいい感情を得ると
「社会的に上の立場に立っている」と
感じることができるんです。




つまりは見栄を張っているんです。



見栄を張るために
必要以上の買い物、
いらない食事までしてた。
今振り返ると
本当に愚かな行為だったと思う。



どうして社会的に上の立場に立ちたかったのか?


見栄を張ってまで
社会的に上の立場に
立ちたいと思ったのか。



その理由は
子どものころに
親にそういう立場になれ、と
刷り込まれていたからです。




いい学校を出て、
いい会社に入って、
結婚する。
お金を持って、
良い服、良い食事、
良い住まい。
それを持っているのが
正しく、成功であり、
人間的にも素晴らしい。



こんな風に刷り込まれた。
直接言われたのではなく、
生活していく中で
親の行動や言動から
HSP気質の私はそれを読み取ったんです。




親の言うとおりに
行動しなければ、と
思い込んでいた私は
成人してからもその考えに縛られ、
見栄を張り、
社会的に上の立場になろうと
していたのです。



そして見栄を張ることが
なんと気持ちいいことか!!




私は見栄を張ることで得られる
「快」の感情にすっかりはまり、
求めるがまま「快」になるために
動きました。



もはや暴走です。



「不快」なものを無視し続け、「快」を求めた結果どうなったか・・・




さぁ、この見栄を張るという
「快」を求めた暴走モンスター。



一体どうなったでしょうか。



恐らく予想は付くでしょう。



必要以上にモノを購入するもんだから
収入だけでは足りなくて。



消費者金融から借り入れをし始めます。
借り入れたお金を返済するために
また借り入れをして。
家計はすぐに火の車になりました。



さらに職を転々としていた為、
住民税の給与天引きが外れてしまい、
別途納付が必要となりました。




しかし、私はこの手続きが、
住民税の支払いが「不快」だと感じ、
納付の手続きを後回しにしました。



その結果・・・・
住民税滞納となり、
数年後、給与差し押さえを
執行されます。





さらに、借金に借金を繰り返し、
クレジットカードの支払いも
間に合わなくなっていきます。



最終的には
クレジットカードの支払い滞納となり、
クレジットカード会社への連絡を
怠った結果、
裁判沙汰になり
職場へ自分あての訴状が届きました。



給与の差し押さえがあった時、
訴状が会社に届いた時、
血の気が引いていく感覚に襲われたことを
よく覚えています。




すべては自分が見栄を張ることばかり考え、問題に向き合わなかったから


自分を知る力: 「暗示の帽子」の謎を解く (三宝出版株式会社)



私のこの行動は
まさに『暗示の帽子』の
「快・暴流」型の動きです。




この本を読んで本当に痛感しました。
また、深く反省しました。



快・暴流型は
目の前の肯定的な部分だけ認めて、
副作用として発生している
負の側面(借金の増加、住民税の滞納など)を
まったく見ないという一面があります。




また、持続可能性の欠如もあります。
一見うまくいっているように見えて、
時間が経つと矛盾や不都合が
出てきます。




私の場合だと
見栄を張って気持ちよくなっていましたが、
収入以上の買い物をしていたため、
家計は火の車、クレジットカードの上限いっぱい、
支払いが間に合わない、という問題です。



私は都合の悪いものは
全部無視してきました。




「快」を求めていれば
親が言っていた
社会的に素晴らしい人間になれる。



だから不都合はとりあえず無視、
「快」を続ければ
不都合を一気に潰して
素晴らしい人間になれる。



そう思って突き進んだ結果、
苦しくなった今がある。



問題に向き合わなかった結果、
不都合の度合いも大きくなり、
今まさに自分を苦しめている。




自分の人生に対して
不誠実だし、
口悪く言えば
ほっんとにクソだなと思います。




まとめ:これからの人生をどう生きていくか、未来志向で考える



今深く反省しています。



目視できる問題を無視して
「快」を求めて暴走していた自分。




まず、快を求めた原因、
「社会的に上の立場に立つことが幸せ」という
与えられた価値観を捨てました。



いい職場につく、
結婚をする、子どもを産む、
それがすべてではない、と。



幸せの感じ方は人によって違う、
自分の”幸せ”を見つけて、
それを追求すること。



次に暴走しないこと。
そのために無私、
公平無私の心を得ること。
そして簡素になること。




私は自分のためばかりに
お金を使いまくり、
周りの人のことなど
全く考えていませんでした。



そして必要以上にモノを買い込んだ。



今までの動きではなく、
公平無私、
簡素をモットーにして
生活をしていきます。



さらに、問題が発生したら
無視せずにその場その場で
向き合って解決に導くこと。




私が問題を無視し続けた理由として、
問題に向き合うと
自分の価値が下がると思っていました。



生きる意味なんかない、
社会に必要のない人間だと。



でも、そんなことはない。
どんなことがあっても、
問題に向き合ったとしても、
私という人間の価値は変わらない。




そう理解した今、
やっと私は
問題に向き合う力を得ました。



滞納していた住民税、
クレジットカードの支払いについては
市役所や弁護士さんを通して
前向きに対応しています。



これは私の愚かな部分、
戒めのブログ。




もう同じことは繰り返しません。
考え方、生き方を変え、
公平無私、簡素に生きることを
自分の生き方とします。




快を求める暴走モンスターには
戻りません。
ここに誓います。




都合よく聞こえるかもしれませんが、
住民税の滞納・差し押さえ、
弁護士さんとの相談は、
一気にやってきました。
ほぼ同じタイミングで。



さらに、市役所の納税担当者さんも
以前のいかつい怖い男性から
優しそうな方に代わっていました。



今まさに向き合う時だと、
天からの、宇宙からのお達しだと
感じています。




天・宇宙からのお達しを信じて
私は向き合っていきます。



未来を変えるのはまさに今。
やります、変わってみせます。




ちょっぴり日々の暮らしに役立ちそうなブログはこっち!さぁどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました