【体験談】「愚痴なら聞くよ!」と言う人ほど、自分のことを話したがり全く聞いてくれない件について

☆気まま日記☆
この記事は約4分で読めます。




日々生活していると
仕事の愚痴だとか不満、
日常生活に関する愚痴とか
溜まってきますよね、
どうしても。



それが原因で
鬱々としたり、
元気が出なかったり・・・



そんな風にしていると
必ず現れるのが、
こういう人。



知人A
知人A

なに~~~~???
どうしたの~~?
なんかあったらなら
話聞くから!!!




でた
話聞くから
愚痴はいちゃえよマン。




でもこういう人に限って
人の話聞かないで
自分の話ばっかりしませんか???



マイ
マイ

逆にこっちが消耗するんだけど・・・







人の話を聞くよ、と種を撒いておいて、本当は自分が話したいだけなのでは・・・?




例えば落ち込んでたりすると
それを察して
周りの人が
声かけてくれるんですよ。



ええ、優しい世界ですね。



その言葉に甘えて、
何に悩んでるのか、
何に落ち込んでるのか
話すんですよね。



マイ
マイ

実はですね、
こういうことがあって、
こうだったんですよ・・・

もっとうまくできなかったのかなって
すごい後悔してしまって・・・




知人
知人

あ~~~分るよそれ。
でもね、私もおんなじことあってね。

こういう時は、これこれこうで、
あの時はこうでね。
こういうことがあったのよ~


それでね、ああなって
こうなってこうでね~

もう疲れたよ~~~
マイちゃんも気を付けてね、
また話聞くから~





マイ
マイ

・・・・・はぁ・・・・





マイ
マイ

・・・・・
話しを聞く・・・とは・・?





っていうことになるんすよ。
話しの主導権が
声をかけてくれた人に行く。



結局話を聞くのは私。
愚痴るのは相手。




立場逆転するんだよね・・・



そして私は・・・
結局落ち込んだ理由とか話せず、
むしろ相手の愚痴を聞いて
負のエネルギーを吸ってしまい、
余計に疲れてしまうんです・・・





この経験から学んだこと:相談する相手も選んだ方がいい




この体験から分かったこと。
それは・・・




相談する、話しをする相手を
選んだ方がいい、ってこと。




今回のように・・・
「話を聞くよ~」と言いつつ
めっちゃ自分の話をする人は
私にとっては
ただ疲れるだけ。



むしろ落ち込み増加で
どんどん自分の首を
締めていくばかりでした。



他にも同僚だけでなく
上司も声をかけてくれましたが、
その人も私の話は一切聞かず、
持論を展開w
自分の愚痴ばかり
一方的に話す方でした・・・



正直余計に疲れました。
落ち込んでいるのが
余計に落ち込んで、
「この人、私の弱み握るために
声かけただけなのでは・・?」と
疑ってしまうくらいです。



「もう人に相談するのは
金輪際止めた方がいいのでは・・・」と
完全に人間嫌いになりそうなところを
救ってくれたのが
10年来の友人でした。




彼女は私と考え方も似てて、
人混みも苦手だし、
すぐ不安になって体調悪くなるし(笑)



彼女は一通り自分の話をしたあと、
「で~、マイはない?こういう不調とか」って
話しを振ってくれます。




話下手な私の話を
最後まで聞いてくれるし、
そして寄り添ってくれます。



彼女が相談する
不調とか考え方って
自分にそっくりだから
「わかる~~うんうん」って
話しを聞ける。



そして彼女も
私の落ち込みの原因や
考え方がそっくりだから
「あ~なるほどね~」って
理解してくれます。



この「わかる~」っていう
共感があるかないかなんでしょうね。




お互いのことを話して
共感しあって、
「とりあえずメンタル上げていこうぜ!」って
締めて彼女との会話は終わりました。



自分も話せたおかげか
とてもすっきりしましたし、
「わかってくれる人がいる、
聴いてくれる人がいる」
この事実がわかっただけで
強くなれました。



話しをするなら
人を選んだ方がいい。



話しや何かしら相談をするなら
自分と考え方や
感じ方が似ている人がいい。




それが私の結論です!



まとめ:話を聞いてくれるフレンズに感謝!人を選ぶことは悪いことじゃないぜ!





人を選ぶって
聞こえは悪いかもしれませんが、
自分を守るためには
必要なことだと思うんですよ。



そして自分で選ぶって
自立していくことだと思うんですね。



周りの人の接し方を
そのまま受動的に
全て受け入れるのではなく、
能動的に選んで
自分にピッタリな人と
話し合う。



今の時代、
サービスも能動的に
選んでいく時代ですから。



話し合う相手も
選んでいきましょう。



一回話をしてみて
「ああ、この人と合わないな」と思ったら
違う人に相談してみる。
それを繰り返して
自分と波長が合う人、
お互いを高めて行けそうな人を
見つけていくのがよいです!






HSPな私の体験談が気になってますね?さぁ次のブログヲクリーック!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました