意図的のぼーーーっとする時間を作って、脳とココロとカラダを休めたい

この記事は約4分で読めます。



私は休みの日でも
なんかしなきゃ・・」と思って
無理やり本を読んだり、
無理やりゲームしたりします。



そのせいか・・
ずっと気を張っていて、
常に緊張してて・・・



すごく疲れます・・



まだまだ無意識に毒親からの毒が影響しているのかも・・



どーもどーも!
無意識に自分をいじめてしまう・・・
マイ(@iamxxxgv)です!




昨年の11月にも書いていますが・・
わたくし:マイは無意識
常に何かやっていなきゃ・・」と
思っている節があります。





実はそれが今まさに続いていて。
休みの日なんだけど、
「起きて何かやらなきゃ・・」、
「仕事疲れたけど、何か作業しなきゃ」とか。



もういろいろ追い込みすぎて、
ここ1ヶ月くらいは
まともにぼーーーっとした瞬間が
なかったのではないか
と思っています。



それに気づけただけ成長したとは感じますがね。



マイ
マイ

・・・・・
なんでこんな風になるかなぁ・・
ちょっと前はダラダラ寝てたのに・・・




疑問に感じたので、
無意識に自分を追い込む理由を
個人的に深堀りしてみました。




仕事や私生活がうまく行かず、落ち込んでいる時に、毒親の”毒”が発動する


簡単だ。
なんかうまく行かないなぁ」って時に、
毒親の”毒”が発動して、
無意識に「常に何かをする」という行動に出てしまうのだ。








仕事で落ち込んだり。
自分勝手な人に振り回されたり。
体調にも影響が出て、
頭痛やめまいにも打ちのめされて。



完全に波に乗れていない時がある。
あー駄目だな」ってときがある。



こういう時、脳内で、
毒親の声が聞こえてくるのだ・・・



毒親
毒親

いつまでうじうじしてるのよ!
本当に情けない子ね!!
うちの子として認められたいのなら、
もっとしっかりやりなさい!!
サボっている暇なんてないのよ!!!!!!




その怒鳴り声が怖くて、
自動的に「従うしかない」と思ってしまう。



こうしてうまく行かない中、
休むこと無く動いてしまう。
その結果、いつものクオリティが出せず、
さらに沼にハマり・・



悪循環が始まるのだ。









仕事・私生活・いろんなこと、
全体的に「調子が悪い」時に
こんな風になってしまう。

私の中に住み着いている毒親が
これでもかというくらい
私を罵倒してくるんだ。



そのせいで・・・
無意識に「何か、何かしなきゃ」と急かされて、
緊張で常に気を張った状態で、
無理やり行動を起こしてしまうんです。



もうこんな自分を許す。気を張っていては正常な判断もできないだろう


よーーし、それじゃあね。
不調な時に無理していることに気がついたらね、
「こんな自分もOK~~、さぁ休もう!!」と、
お布団に入ろう。




だらっだら寝よう。
無理やりじゃないなら、
好きなだけゲームしよう。



意図的に「何もしない」時間を作って
ひたすらぼーーーーっとする。




普段から頑張っていろいろ考えている
脳みそを休めるためにも、
常に緊張して張り詰めている
神経を休めるためにも。



私は休んでいるようで、休めていなかったんです。



仕事が休みの日でも、
「常にお金を稼げるように何かしなきゃ」って
焦ってブログの作業をしたり、
ずっとネットサーフィンしてたり。



手や脳、神経を休ませていなかった。
そのせいでどんどん不調の罠にかかっていったんだ。



そんなんじゃ調子がいい時の
クオリティを出せないんですよ。




だから、「なんか調子悪い」と思ったら、
意図的に、意識的に、
ぼーーーっと休む時間を取ること。
休んでいる時は罪悪感を持たないこと。




無意識にかなわないなら、
意識的に休むようにしていこう!




まとめ:自分を守れるのは自分!!大事にメンテナンスしよう!



ぼーーーっとしてるだけでもいいの。
カラダを休めるって大事なんだよ。



ゲームに熱中してもいいの。
ココロの充電になるんだから。



不調な時は無理しない。
確かに仕事休むと収入が減るから、
その不安はあるけれど・・・・



まぁなんとかなるよ!!
なんとかなるってことにしよう!
今までもそうやって乗り越えてきたやん!



なので、最終結論。
意図的にぼーーっとして、
ココロとカラダをしっかり休めなさい!




未だ体内と記憶に潜む
毒親の毒に負けないためにも、ね。



さ、ココロを回復させるために、
ゲームします☆



では、今日はここまでです!
ありがとうございました!



written by マイ(@iamxxxgv

コメント

タイトルとURLをコピーしました