【転職】生活を安定させるために、より待遇のいいところへ転職することにします

この記事は約4分で読めます。




やっぱり耐えられなかった。
一旦転職することは考えないって言ったけど、
もう我慢ならなかった。



求人みたら今働いているところよりも
いい時給の職場がいっぱいあった。
社保完備だし、交通費出るし・・・



「ああ、これは変えましょう」
そう直感で思いました。



直感は信じる、さぁ動こう!!


どーもどーも!
直感は信じる派☆
マイ(@iamxxxgv)です!




先日ブログ1000記事まで
とりあえず突っ走ります、と
ブログで表明しました。
一旦転職は置いといてね。







まずは1000記事行くまでは
現状のまま頑張ろうと思ったんだけど・・



もうね・・・
吹っ切れてしまった。

我慢してたんだけど、
もう我慢ならん!!って
自分の中で振り切れてしまった。



「もう耐えられないじゃん」
「昨日の求人募集しよ」
「まず時給が今の所より良いよ」
「同じ時間働いてもプラス30000円になる」
「生活維持するにも、仕事変えたほうが良い」





それがマイの中での結論になりました。




目先のことしか考えない運営陣にあきれてしまった


これは入社した当初から思っていたことだけど・・
とにかく目先のことしか考えないんですよ、
うちの運営陣は。




指定された数字を出すだけ、
時間数を埋めるために、
まともに仕事ができない人を
いつまでも雇っている。



普段から体調管理をしっかりして、
休まないよう出勤をして、
工夫して仕事をこなしている、
核となる人たちの頑張りを
ないがしろにするような場所なんです。




それでもだましだまし続けていたんですが、
先日決定的なことがあって。
立場を利用してズルをして
仕事をサボっている同僚がいたわけです。




それに対して上層部は何のお咎めもなし。
もうそれが耐えられなかった。



こんなに日々必死に仕事してるのに、
ずるいやつが良い思いして、
同じ給料で働いている・・・

そんなおかしい状況に納得がいかない。



あと時給が低すぎる。
いつまで経っても上がらないし。



どう考えても別の会社に行って
淡々と仕事した方が
精神衛生上も金銭的にもいいな、と思いました。



自分はゴミになりたくない。
ゴミにならないためには
ゴミの掃き溜めから出るしか無い。




カマたくさんも言ってましたからね。









あとは毒親もどきがいるので、顔も合わせたくないわけ


生理的にどうしても苦手な人がいます。
その人は毒親もどき。
毒親と同じような性質を持っている人です。







自分の後ろ通るだけでゾワゾワするし、
一方的に話をするだけで人の話を聞かない。
自分の承認欲を満たしたいがために、
こっちを都合よく使ってるだけです。



「ああ、本当に嫌いなんだなー」って思った(笑)
だってちょっと後ろ通るだけで
背中がゾッとするんだもんw
気持ち悪いんだもん。
なんか人じゃなくて、負の感情が形になった塊みたいだもん。



正直イヤなことを思い出すし、
エネルギー吸い取られるので、
顔合わせたくないわけ。



まぁ同じような人は
きっと別のところにもいるだろうけど、
新しいところで人間関係を作る時に
注意すればいいだけの話なので。



少なくとも、後ろ歩くだけで
ゾワゾワする人からは離れられるので・・
自分にとってもプラスになると思ってます。


まとめ:人間関係築くの大変っちゃ大変だけど、まぁなんとかなるでしょう!

【転職】生活を安定させるために、より待遇のいいところへ転職することにします




新しく人間関係作るのはメンドイですが・・・
まぁテキトーにやっていきましょう。



目の前の仕事を淡々とこなしていく。
生活費を稼ぐために、ただそれだけ。
もう無理にニコニコしなくていいから。



一人でいることが好きだから、
別に人間関係が一新されることに
不安はない、ただ面倒なだけ。



最低限のコミュニケーションだけやって、
最低限のお話だけするようにします。

プライベートまではいれない。
もうそれがマイのできる範囲。



まぁなんとかなるでしょう!(楽観的)



仕事に関してはそんなに不安に思ってない。
ある程度のことならシミュレーションして、
一定のレベルまでこなせると思うから。




というかさっさと辞めて、
新しい風を自分の中に入れたい気持ちが大きい!
前向きな転職なので、そんなに怖くないです!
きっとブログ運営にもいい影響が出ると思う!




俺はゴミの掃き溜めから出るぞ!!



ということで今日は終わりです!
がんばるぞー!



written by マイ(@iamxxxgv

タイトルとURLをコピーしました