【毒親育ち】小さな私と共に、俺は与えられた固定観念をぶち壊して自由に生きていく

この記事は約2分で読めます。




最近、私の中の小さな私、
インナーチャイルドな私が
泣き叫んでいる。



「どうして我慢するの?」
「それやりたいのに」
「どうして遠慮するの?」
「どうして自分のことひどくいうの?」



「もうママは死んでいないのに!!!」




ひどく泣いてる。大きな声で泣いてる。
なだめようとしても
なかなか泣き止んでくれない。



それで1週間ぐらい悩んだ。
どうすればいいんだろって。
したら今日仕事中に思いついた。



一緒に手を取って、
推しの力を借りて、
生きていこうって。




したら泣き止んだ。
やっと笑ってくれた気がする。





【毒親育ち】小さな私と共に、俺は与えられた固定観念をぶち壊して自由に生きていく




マイは心療内科とか専門の病院で
インナーチャイルドとかアダルトチルドレンとか
診断されたわけではありません。



本やブログをみて「ああこれだ」と思って
自分なりに調べて学んだ結果、
アダルトチルドレンだと認識しています。




見た目は大人だけど、心は子どものままで。
ちぐはぐになった自分を否定するのではなく、
受け入れて癒やしていく。

それを自分なりに実行しています。



こうやってブログるのも、そう。
絵を描いて発散するのも、そう。



少し前までは、
インナーチャイルドはいつの間にか
大人の自分と一体化して
消えるのかなって思ってた。



でも私はそうじゃないみたい。
少なくともしばらくは一緒に生きていく。



小さな自分のやりたいこと・気持ち、
それを実現させたり叶えたりできるのは、
もう自分だけなんだ。




過去に戻って親にやってもらうことなんかできない。
今、ここ、この瞬間は、俺が叶えてあげるしかない。



改めてそう思ったの。
自分に必要な情報って
やっぱり勝手に入ってくるものだね笑



私・俺の中には大人の自分と
小さな自分がいます。
大人は理性、子どもはほぼ直感。
そんな感じ。



毒親に貼られたレッテル、固定観念、
思考回路、毒も、何もかも。
全部一緒に打ち破って、自由に生きていこう。




近接系の敵は俺に任せて。
そっちは遠距離頼むね。



大丈夫、もう無視したりもしないし、
変な遠慮もしない。卑下したりもしない。
自分を大切に扱うよ。そうして欲しかったもんね。



だからさ、もう泣かないで。
ピカも困ってるよ。






written by マイ(@iamxxxgv

コメント

タイトルとURLをコピーしました