☆完璧主義な性格の裏に隠れているのは「白黒思考」だった!

☆気まま日記☆






アナタの周りに
「完璧主義」な人、
いませんか?



何をやるにしても
完璧を求めること。




仕事も、家事も、
プライベートも
全部完璧を求める・・・




そんな性格、特徴を
完璧主義と言います。




「そんな完璧目指さなくてもよくない?」って
傍から見ると思うことがありますが、
この完璧主義の特徴を持っている人は
「白黒思考」である可能性が
非常に高いんです。
(かくいう私もそうでした・・・w)



白黒思考ってなんなん?






白黒思考とは・・・



「白」か、「黒」か、
その両極端にしか
答えがない思考を
言います。




間のグレーや
濃いグレー、薄いグレー、
黒に限りなく近いグレー、
白に限りになく近いグレー、
このような間がないんです。




例えば・・・・




<学校のテストの場合>
●白黒思考:

100点を取らなければ意味がない。
89点や95点では負けたも同然。






●間のグレーがある:
90点も取れればOK!!
70点でも問題なし!よくできました!
45点か・・もうちょっとやれたかな・・?
10点か~~うんもっと頑張ろう!





テストで
仮に80点取れても
「80点なんて・・・ダメだぁ!」って
思っちゃうんです。



80点って素晴らしい点数じゃないですか!!
でも、それもダメって思っちゃう。




これが白黒思考、
完璧主義の思考回路なんです。




私も白黒思考の完璧主義で、ものすごく苦しんだ





かくいう私も・・・・
白黒思考の完璧主義でした。



幼少期の生活が大きく影響しているのですが、
何事も完璧に、
母親の期待に応えられるよう
完璧にこなさなければならない。
完璧な人間でなければならない、と
強く思い込んでいました。



母親にも言われましたが
「あんたって白黒思考の完璧主義よね」と。
(いやあんたの影響だよって突っ込みをいれたかったですがw)




っていうくらい
白黒思考だったんです(笑)




実際に学校のテストも
100点じゃないと満足できなかったし、
運動系も無理して
TOPを狙っていました。



その思考は
社会人になってからも続いて、
仕事もミスなく完璧にできなきゃ・・と
自分を追い込んでいました。
無理をしていました。



すごく苦しかったです(笑)
だってできないこともできるって言って
無理やりやってたし、
ちょっとでもできなかったら
自分を責めてたし・・・




毎日、24時間、
常に自分を責めているような状態でした。



そんな状態が5年くらい続いたある日、
私はベッドから起き上がることが
できなくなったんです・・・




まとめ:白黒思考よりも、グレーのエリアもあった方が断然生きやすい





実際に白黒思考の完璧主義で生きてきたんですが、
結論、超苦しいw



ベッドから起き上がれなくなり、
仕事もできなくなったことから
私は自分の思考回路や、
価値観などを見直して、
「グレーエリアもありにしようぜ」
ということにしました。




できなくてもいい、
60点でもよくできました、
完璧でなくてもいい、
そこまで行ったことがエライ。




そんな風に
白黒思考を辞めたら
めちゃくちゃ生きるのが楽になりました!




そのおかげか・・・
オンラインゲームで負けても
「まぁよくやったじゃん」って
思えるようになり
変に落ち込むことも
なくなりました(笑)



白黒思考を辞めるだけで
ゲームまで楽しめるようになるんですよ、
すげぇよw




今でも白黒思考になることはありますが、
そうなったときは
「おっと、完璧主義モードになってるよ。
もっと緩く行こうぜ」と
自分に声をかけることができるようになりました。



本当に今楽に生きれてます。
それに楽しい。



もし完璧主義だな~って
心当たりのある方は、
一度白黒思考を辞めてみてください。
断然生きやすいと思いますよ!




スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました