【自己肯定感】失敗しても折れずに、原動力に変換して前に進める!

役立つ情報
この記事は約3分で読めます。




何かに失敗した時、
その失敗をずっと後悔して
その場でうずくまっているか、
それとも失敗を原動力にして
次に進むか。



限りあるたった一度の人生、
時間は有限。
その中でどうやって行動するか。




私は最近、
失敗を原動力に変えて
前に進むことができるようになりました。




きっかけは”うじうじしているのが時間の無駄だ”と感じたから





私が失敗を後悔して
うじうじ止まっているのを
止めた理由、
それは時間の無駄だと思ったから。



たった一度の人生、
生きている時間は有限。



そして世界には
楽しいこと、やってみたいことが
溢れまくっている。




実際に大好きなポケモン剣盾、
やり込んでいたら
いくら時間があっても足りないくらいなのだ。



また最近始めたハンドメイド。
ハーバリウムも
材料探しとか、
テーマを決めたりとか、
実際に作成してみると
あっっっっという間に
時間が過ぎる。




普段から息をするようにやっている
お絵かきだって、
気が付いたら結構な時間が経っている。
それでも創作意欲は
留まることを知らない。




以上の経験から
「自分が死ぬ時に、
”あれやっとけばよかった”って
後悔しないように、
時間を大切にしよう。
費やしても前進しないこと、
何も状況が変わらないことについては
すぐに切り捨てよう」

決心しました。



失敗したら「同じことはしない」と決めて対策を考えつつ次に進む




失敗はよくあります。
仕事でミスったな、とか、
間違えたこと伝えちゃったな、とか、
雰囲気悪くしちゃったな、とか。



そうやって失敗したら
まず失敗を受け止めて、
「OK、もう二度と同じことしない、
次にレリゴー」

頭の中で唱えます。



”失敗した”という事実ばかり見て
くよくよしない。
前を見て先に進むことを考える。
だって時間は進んでいるから。




過去に縛られない、
変えられるのは今と未来。



このように考えるようになってから
私は失敗を原動力にできるようになった。




失敗してしまった、
何が原因だったか考える、
原因を特定したら
それを回避する方法を考える。
考えがまとまったら
「はい、次」と唱えて
その失敗については
もう考えない。



おかげで落ち込むことが減ったし、
趣味に費やせる時間、
ハンドメイドのスキルアップに
使える時間が増えました。




そして毎日が
ハッピーになっていった。



失敗を原動力に変換することで
毎日見えているモノが
変わって見えるんです!





まとめ:失敗を原動力にするために、自己肯定感を上げておくこと!




失敗する自分も自分。
こう思える力、
失敗を原動力にする
根底の力、
それが自己肯定感。




自分はそのままでもOK。
何かができなくても
十分素晴らしい。
生きているだけで素晴らしい。
ついてるついてる☆彡



こうやって自分を肯定することで
失敗してもうじうじせず、
「失敗して這い上がる自分も自分」、
そう思って先に進める。



自己肯定感って大事。



まずは、失敗したら
原因を見つけて、
それを解決する方法を見つけて、
先に進んでいこう!





自己肯定感を上げるためのメソッド!と
自己肯定感を上げるメリットを書いた
ブログはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました