【HSP】疲れやすい性質だからたっぷり寝ることは必要であり必然

この記事は約3分で読めます。


仕事がお休みの日。
とにかく疲れているから
とにかく寝る、寝る、寝る。



気がついたら
夕方の16時になっていることなんて
ざらにあるわけです☆



今まで寝すぎてて「時間ロスした・・」と後悔していたんです


どーもどーも!
お布団と常にお友達!
マイ(@iamxxxgv)です!



私はシフト制の勤務で
2-3日出勤したら1日休み、みたいな流れで
出勤をしています。

ありがたいことに連勤にならないように
配慮いただいています。
まじでありがとう!



まぁ2-3日の出勤だとしても
すごく疲れが溜まるわけです。
勤務最終日には
もう頭が回らなくて、体も重くて、
ゲームをする元気すらないくらいに。



肉体的な疲れもありますが、
私の場合は気疲れが原因です。



肉体と気疲れの疲れを癒やすために
長時間の睡眠が必要で・・・




一旦普段出勤の時間に目が覚めるのですが、
そのあとぱたっとまた寝てしまって、
二度寝から目が覚めたときには
夕方の15時とか16時くらいになっているんです。



こうなると私は思うのです。



マイ
マイ

うわぁ・・・・
朝一回起きてから8時間も寝てたわ・・


この8時間、
ブログの作業もできたし、
ゲームの周回もできた、
部屋の掃除もできたし・・

貴重な時間ロスってるじゃん・・
疲れは取れてるけど、寝ている場合ではなかったのでは・・?
まじで後悔・・・・




貴重な時間をロスした。



この1点について
めちゃくちゃ後悔する。



時間って人間に平等に与えられているもので
お金をいくら払っても取り戻せるものではないから。
できたであろう作業を失ってしまっている。



効率厨のわたしは、
時間をうまく使えなかったことを
めちゃくちゃ後悔するのです・・・




敏感なHSP気質、元々疲れやすいんだから、回復にも時間がかかる!




HSP、Highly Sensitive Person。
あらゆる神経たちが敏感で繊細な人たち




私もこの気質で、
気疲れをすることが非常に多いです笑





生まれ持った気質なので
無理に変えようとはせず、
うまく一緒に生きていくことを目標に、
日々試行錯誤をしています。




HSPの人って神経が過敏だから
まわりの人の雰囲気を読み取れたり、
何をしてほしいのか察することができたり、
その人が体調が悪いのか、機嫌が悪いのか、
直感的にわかります。



意図的にわかるんじゃなくて、
もう自動的、直感で、
有無を言わさずわかります笑




自分の意志でなかなかコントロールできないから、
仕事中って常に気を張っている状況で。
常に周りの空気を読んで、
先回りして行動しちゃうことがよくあります。



肉体的な疲れというより
脳みその疲れ。
これが結構痛い笑



脳の疲れを取るには
脳に休んでもらう必要があります。




だからこそ、長時間の睡眠が必要。
脳を休めるには睡眠が一番です。



HSPの本を読み漁っていた時、
「仕事が終わった次の休日は
気が済むまで寝ます。
それで体力を回復して、
次の仕事をイキイキとこなしています」

こう書かれていました。



つまり長時間の睡眠は必要であり必須。
何も悪いことではないのです!



むしろ疲れをとらずに
仕事の日と同じように起きて
日中から作業していたら・・・



いずれ疲れが溜まって
体調不良を起こしたり、
めまいが悪化する可能性があります。



だ か ら !
長時間の睡眠が必要。
むしろ溜まった疲れによって
体調を崩したり、めまいで仕事にいけなくなる方が
大きなロス、損失になるんです!!



まとめ:寝すぎても自分を責めない、これが私!



ということで・・・



私は休みの日に
長時間寝ることを
もう責めません!!




だって必要だもん!
脳が休まらないと仕事もできないし、
趣味も楽しめないもの!!



決して寝溜めするのではなく、
仕事の日も6-8時間の睡眠は確保、
その上で脳の疲れを解消するために
休みの日にプラス8時間位寝る。

そんな感じ。



てか休みの日って、
体を休めるためにあるからね!
もう責めたりしませんよ!



寝ることで回復して、
仕事もほぼ休まず出勤できてる。
これが私のリズムなんだと思います。



それでは今日はおしまい!



written by マイ(@iamxxxgv

コメント

タイトルとURLをコピーしました