日中、無意識に歯を食いしばってない?クレンチング症候群ってどんなん??

役立つ情報
この記事は約3分で読めます。





マイ
マイ

な~~んか
歯が痛い・・・
というか
ジンジンする・・・・




仕事が終わった後、
帰りの電車に乗りながら
ふと気が付きました。



歯が痛い、
というより
強い力にずっと押さえつけられて
ジンジンする・・・




なんか顎も
力入ったみたいで
だるい。



そこで気が付きました。



私、仕事中、
めちゃくちゃ歯を
食いしばってたんです。






無意識に歯を食いしばること、クレンチング症候群という!!





歯を無意識に食いしばること、
これをクレンチング症候群
言います。




無意識に食いしばるってのは、
例えば・・・・



  • 仕事中、緊張していて、歯を食いしばっている
  • ストレスを感じて歯を食いしばる
  • 家事や仕事に夢中になっていて歯を食いしばっている




これらは
歯を食いしばろうと思って
ギリギリと食いしばっている訳ではない。



ストレスや緊張などの原因によって
無意識にぐっと力をいれて
歯を食いしばってしまう癖なんです。



これ、ほんとに無意識でやっていて
気が付いたら
顎が疲れてる・・・



疲れ切ったところで
「あ、歯を食いしばってた・・」と
気が付きます・・・・




歯を食いしばることで起こる体への影響と、対処方法




歯には
人体の中でも
かなり強力な力が
かかる場所です。



歯を食いしばるってのが
一番力がかかりますが、
このとき歯には
60kgもの
大きな力がかかっています!



このように
大きな力が
意図せずかかり続けると
体に影響が出てきます。



歯を食いしばるクレンチング症候群で発生する体への影響


クレンチング症候群による
体への影響はこんな感じ↓



  • 歯の削れ、欠損が発生する
  • 歯がグラグラしてしまう
  • 歯周病になる
  • 知覚過敏になる
  • 顎関節症になる
  • 血の巡りが悪くなり肩こりや頭痛になる




自分自身で
「強くかんでいる!」と
意識しなくても、
上の歯と下の歯が
接触しているだけで
筋肉が動き、
歯に大きな力がかかってしまうんです。



長らくクレンチング症候群が
続いてしまうと
歯に通じている神経も
ダメージを受けて
知覚過敏になることだって。
(多分私はこのせいで知覚過敏だ・・・)



筋肉に力が入り続け
肩や首周りの筋肉も硬くなり、
頭痛や肩こりも起こる・・



正直しんどいです・・・・



無意識に歯を食いしばるのを防ぐには・・・?



体に悪影響もある
無意識の歯の食いしばり、
クレンチング症候群。



予防するためには
認知行動療法に基づいた方法で
対処していく必要があります。




☆無意識に歯を食いしばることを予防する方法☆

  • 上の歯と下の歯が接触しないように意識する
  • ガムを噛むようにする
  • 肩や首周りをストレッチする
  • 口の中をマッサージする
  • マウスピースを作る(クレンチング症候群の症状がひどい場合)





予防するには
徹底的に
歯を食いしばることを
控えるんだ!!!という
意識付けです





意識することによって
いかに自分が
歯を食いしばっているか
認識することができます。



認識することによって
上下の歯を接触させないように
意識できますし、
ストレッチをしたり、
リラックスできるように
自分をコントロールすることもできます。



まとめ:無意識に力が入っていないか確認しよう、歯は大切に!




歯は大事です、ほんと。



歯がないと
食事も楽しめないですし、
普通に話すことも困難になります。



そして・・・・
ここでもストレスが
原因になってました。
恐ろしやストレス・・・



私の場合は
仕事に対する緊張感、
頭の回転が速すぎて
予測できてしまう不安要素が
頭をぐるぐる回ってしまうこと、
仕事上周りの人との
意識が合わないことへの
ストレスで、
体に力が入り
歯を食いしばってました。



周りからの刺激に耐えるために
全身に力を入れている感じ。
自分が壊れないように。




ううむ、自分を守ろうとしてたら
自分を追い詰めていたようだ・・・



私は今後も
徹底的に意識して
歯に力を入れないように
していきます!
知覚過敏が悪化したら
いやですからね!!




ちょっぴり日々の暮らしに役立ちそうなブログはこっち!さぁどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました