【ブログ運営】ハイペースで書きつつも、収益化のためにマーケティングも忘れない

この記事は約3分で読めます。



今マイはブログ記事1000記事を目指して
毎日のブログ更新を目標に
日々活動しています。



1000記事を目指す理由は
OUTPUT大全を読んだからなんですが・・





ハイペースで書きつつも、
”ブログの収入で生活すること”が
最終目標です。




だから、収益を狙うための記事も
並行して書いていく必要があるって感じています。




思うままに自由に書きもするけど、それ以外でも収入ができたら理想じゃない!

【ブログ運営】ハイペースで書きつつも、収益化のためにマーケティングも忘れない




どーもどーも!
ブログで生きていくんだ!
マイ(@iamxxxgv)です!




マイのこのピカ☆ステは
ジャンル?で言うと雑記ブログ
特定の分野に特化したものではなく、
ほんとに気になることを
ガンガン自由気ままに書いていくスタイルです。



ブログを始めるには雑記ブログが良いと言われてて、
収益化するなら特化ブログが良いと、
ブログノウハウが書かれた記事で
読んだことが何度もあります。



マイはブログの収入で生活することを
最終目標としています。
だったら「特化ブログにした方がいいんじゃない?」と
思いもしました。



だが、この自由に、私の頭に浮かんだことを
ぽんぽん書ける雑記ブログのスタイルが、
マイにはとっても馴染んで、
頭の整理もできるし親和性が高いんですよ。

シンクロ率が高いというか。



なので、雑記ブログをこのまま続けているのですが、
もしどこかを狙って収益化できるのであれば、
特化ブログ専門のブロガーさんには敵わないだろうけど、
特化ブログの要素もいただいておこうって
思ったんですよ。





雑記な感じでどんどん書きつつ、下調べした上での商品紹介記事も書いていく


下調べ、これがマーケティングになると思うんだけど。



どんなキーワードで検索されているのか、
どれだけ検索ボリュームがあるのか、
どんな年代の方が調べているのか、
どういう意図で、どういう情報を知りたくて調べているのか。



検索されているかどうかも調べつつ、
ユーザー目線に立って記事の必要性を考える。




こういう記事も
ピカ☆ステの中に増やしていきます。




例えば一つのサービスにしたって、
使用料金が気になるのか、
サービス内容が気になるのか、
使ってみた口コミが気になるのか、
いろいろ要望がありますよね。



自分で検索してみても、
同じサービスのことを言っているけれど、
切り口が違うだけで
受け取る印象って違いますから。



そういう需要を調べて、
需要を満たせる記事を書いていく。




そうすれば必然的にアクセス数(PV)も集まるし、
アフィリエイトでサービスを申し込んで貰えれば、
収益が入ってくる。



GoogleAdSenseだけでなく
アフィリエイトでもしっかり収入を得る。




収入の柱が複数あったほうが、
ブログの運営も安定するだろうし、
収入源も増えて私の目標を達成しやすいと考えます。



毎日マーケティング記事を更新するのは無理だけど、まずは月に2本書いていきたい!


キーワード調べたり、潜在的な需要を考えると、
マーケティング記事を毎日更新するのは
無理です!!!!!!!!!




だって調べるのって大変だし、時間かかるし、
情報を精査して、どうやって書いていくか、
考えなきゃいけない。



普段ガンガン書いているテンションとは
また違うわけです。




だから、まず習慣として身につけるためにも
月2本!マーケティングした記事を書くことを
目標とします!

(果たしてマーケティング記事と言っていいか、
ちょっと自信がないが、便宜上ねw)



もしかしたら転職とかして
これが厳しくなるかもしれないけど・・・w
まずは目標としてね!やっていきます!



まとめ:ブログで稼いでいる人を見て、良いところをどんどん真似るぞ!

【ブログ運営】ハイペースで書きつつも、収益化のためにマーケティングも忘れない




今ブログで稼いでいる人は
ご自身のブログで
成果を出したノウハウを
惜しみなく書いてくださっています。



改めて成果を出されてる方のブログを拝見して、
できるところからどんどん実行、
どんどん真似ていきます。



まずは真似て、やり方を覚えて、
ひたすらやっているうちに自分らしさが出てくる、
ピカ☆ステを4年続けて感じたことです。




いいとこ取りしてハイブリットブロガーになるぞ!w



では、今日は終わり☆
ありがとうございました!



written by マイ(@iamxxxgv

コメント

タイトルとURLをコピーしました