声に圧倒されやすいので、耳栓を使ってみることにしました【HSP】

この記事は約3分で読めます。


音でビビります。
突然大声で声かけられたり、
怒鳴り声で叫ばれたり。



ココロがざわついて、
落ち着きを失うくらいには。




なので、ライブで身につけている
耳栓を使うことにしてみた。



相手からの音量をコントロールできないなら、こっちが遮断すればいい


どーもどーも。
絶賛メンタル回復中。
マイ(@iamxxxgv)です!




もう音が怖い
音でビビる。
最初の一声でメンタル持っていかれる。



コールセンター業界に
10年以上いますが・・・
年々最初の第一声が苦手になってきています。



マイが電話の第一声が苦手な理由

・いきなり怒鳴り声の人がいる
・聞こえてるのに無駄に大声の人がいてびびる
・第一声で第一印象が決まる、怒ってる人の声が怖い

→もちろんそうじゃない人もいるけど、恐怖体験で完全に上書きされてしまっている




わたしの悪いクセなんだけど。
「恐怖は避けたい」っていう思考回路が働いて、
なるべく回避しようと計画を練るんですよね。
「ああ言ってみよう」「こう言ってみよう」って。



そのせいでかなり強力に
恐怖体験を記憶してるんです。




なんならその恐怖体験を
頭の中でリピートして、
スキがないか、攻略ポイントがないか、
探したりしちゃう。



で、やっているうちに
恐怖の記憶がどんどん大きくなって、
電話に出るのが怖くなってしまう
、という
悪循環の奥底に落ちちゃうんですね・・・



攻略ポイントを探すのはいいけど、
それでどんどん自分が苦しくなるのは
いかがなものかと思っちゃってね・・



お客様は選べないから、物理的に音を遮断することにした


じゃあヘッドホンの音量下げれば?
そう思うじゃん。


どういうわけか知らんけど、
ヘッドホンの”聞く音量”を下げると
こっちのマイクの音量、
つまり”話す音量”も下がっちゃうのよ
今の環境って。



スピーカーの音量下げると、
マイクの音量下がっちゃう。
正直音量設定別にして欲しいw



こっちの声が聞こえないと
お客様って苛立つんですよ

苛立つというか、声が強くなる。



お客様
お客様

ちょっと!!聞こえてるの!!!!
(クソデカ大声)

マイ
マイ

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
あ・・・はい、聞こえてます・・(声デカ・・・)




こうなると先の対応が難しくなったりするので、
物理的に音を遮断することにしました。
そう、耳栓である。



こんなやつね↓



元々はライブが終わった後の
耳鳴りを和らげるために買ったんだけど、
意外と映画館とかでも使えて。
(ちゃんと音聞こえるんだよ!)



なので使ってみました。
そしたら意外といい感じ。



第一声でビビることもないし、
あまり構えずに済むから、
丹田の辺りがギリギリすることも少なかった。



メンタルが上向きになるまでは、
この方法で『声でビビる』に
対抗していこうと思います。




まとめ:できることをちょっとずつ


今、もうちょっと背中押されたら
「ああもう死にたい」つって、
自殺の方法を考え始めるくらいには、
だいぶダメージが残っています。



なのでちょっとずつちょっとずつ、
今できることをやって。
死なないようにします(笑)




もーちょっと嫌なことあると、
すぐ負のループにハマって
死にたくなるんだから・・・
困ったもんだぜ・・・



ついでに・・・
Amazonを見ていたら
いろんな耳栓があったので、
手が伸ばせる範囲で
いろいろつけてみようと思います。
いつかレビューでもしますかね。



では、今日はここまでです。
ありがとうございました!



written by マイ(@iamxxxgv

タイトルとURLをコピーしました