吐き気と胸焼けが治まりそうだったから、自分を優先して1日寝込んだ話。

この記事は約3分で読めます。




2021年11月11日頃から・・
吐き気と胸焼けがひどくて
起きているのがしんどかった。



「出勤日だ」ということを
すっかり忘れるくらいには
体が横になることを求めていた。



いつもだったら体に鞭打って
出勤するんだけど、
なんとなく体の反応から
「あ、これ1日寝たら治まる」って
分かったの。



恐らくこの吐き気は、天敵の逆流性食道炎・・!



どーもどーも!
絶賛吐き気MAX!!!!!!
マイ(@iamxxxgv)です!




恐らくこの吐き気は・・・
多分逆流性食道炎だと思います。
5年くらい前に胃カメラやったときに
その疑いがあると言われました。



それ以来同じような吐き気がすることがあって、
決まって吐き気と胸焼け、
ものが詰まる感覚がありました。




この吐き気がするときって
だいたい自分を追い込んでいるか、
外的要因のストレスでやられて
めっちゃ過食になっていることが多い。

というか百発百中。



ストレス溜まるとどか食いするんだよねー
カップ麺2個とか・・
お弁当2つとか・・・
絶対その後逆流性食道炎になるのにね・・



ストレスケアマジ大変。(´;ω;`)



で、今回も・・・
どっちかっていうと
自分を追い込んでいたんだと思う。
もろもろの生活費の支払いに追われたり、
親の死があったりなんたり、
かと言って仕事もいかないとで。



追い込んでました。
生きるために仕事してるけど、
それで自分壊す寸前でした。



そしてやってきた吐き気
今回は結構強烈で、
起き上がっているのがしんどい。
動くのもしんどい。
仕事行くのもしんどい。
初めての感覚なんだけど、
みぞおちの右側もなんか痛む
別の病気を疑うくらいには痛む、
痛むというか張っている感じ。



そういう状況で目が覚めたのが
11月13日の朝・・・
その日も仕事でした。
でも吐き気ひどくて起き上がれなくて・・・



出勤するか、大事をとって休むか、
悩んでいる時に体から伝わってきた言葉がある。



「1日休めばほぼ治るよ」、と。




はっきりと伝わった、体からのSOSと回復の兆し


「一昨日よりも調子良くなってる」

「今はまだしんどいけどね」

「でもこれ1日寝たら、
普通に仕事できるぐらいには回復するよ」


「だから今日は休んで寝て」

「そのほうが絶対にいいから」



こうやって体は私に声をかけてきた。
いやまじで控えめに言ってもこうだった。



この言葉を聞いて、
意を決して休む旨連絡。
1日寝込んだら・・・



かなり良くなりました、
40%は回復しましたよ!




体も少し軽くなったし、
何より起き上がっていることもできるようになった。
ゲームもできるようになった。
胸焼けも少し楽になり、
吐き気も軽くなった!
家事もできるし、掃除もできる。



多分無理して仕事に行ってたら
体調が更に悪化して
2-3日寝込むことになってたかもしれない。

より大きなダメージになっていたかもしれないんです。



心から「休んでよかった・・・!」と思いました。
初めてしっかりと体の声を聞いて
答えてあげることができました。



個人的には・・
私の精神と体が完全にシンクロした感じがします。
不思議な体験でした・・!




まとめ:今後も自分の体の声を聞いていこう・・・!


33年生きてきて、
ここまではっきり自分の体の声が
聴こえたことが初めてでした。




ほんとに語りかけるように聴こえてきた。



今回のようにしっかりとした言葉で聴こえなくても、
自分の体を声を聞いていきます。
どうしたいか、今休んだほうがいいのか、
今なら動けるのかなどなど。



何度でも言うけど、
この身体で生きているのは自分なので。
自分を優先して生きていきます!




さて、まだうっすら吐き気が残るから、
早めに寝ようっと!



今日は終わり!



written by マイ(@iamxxxgv

コメント

タイトルとURLをコピーしました