Amazonでキャンセルリクエストエラーが出た時に確認したい3点!

Amazon
この記事は約4分で読めます。



【2020.04.25更新!!】



Amazonで

商品を注文したとき、

「あ、間違えた!

キャンセルしたい」と

いうことが

ありませんか?



そして、

いざキャンセルしようとすると

エラーが出てしまって、

キャンセルができない!という

状態になることが

ありませんか?




私もついつい買い物してしまって

「あ、やっぱりいらない」となって、

キャンセルしようとすると

キャンセルリクエストエラー

なったことが

何回かあります・・・




そこで今回は、

Amazonで

キャンセルリクエストエラーが出て

注文をキャンセルすることが

できない3つの理由

ご紹介します!





キャンセルができない主な理由はこの3つ!






Amazonで

注文のキャンセルをするときは、

アカウントサービスの

注文履歴から

「キャンセルリクエスト」を

送信することによって

手続きすることができます。



この

キャンセルリクエストを

システムで認識して

注文をキャンセルしています。




では、

このキャンセルリクエストが

できない場合とは

どのような時なのか。

順番にお伝えします。





1・すでに出荷準備が進んでしまっている




Amazonは

注文してから

発送してお届けされるまでの

速さ」が売りの

通販サイトです。




ですので、

注文を受けてすぐに

配送センターでは

商品をピックアップし、

梱包を始めていきます。



この出荷準備が

ある程度まで進んでしまうと、

システムでのキャンセルが

間に合わなくなって

しまうのです。



これにより

キャンセルリクエストエラーが発生し、

メールで

「お客様の注文を

キャンセルできなかった」と旨の

案内が行われます。




2・コンビニ払いの支払い期限内である





Amazonで現金前払いで

支払いができる

コンビニATMネットバンキング電子マネー払い

(通称コンビニ払い)。



この支払方法で注文した場合、

お支払い番号後に

キャンセルしようとすると

エラーとなり、

キャンセルができない場合があります。



基本的に

コンビニ払いは

支払期限の6日間が過ぎれば

自動的に

キャンセルとなる仕組みに

なっています。



このため、支払期限の6日間に

キャンセルしようとすると

キャンセルリクエストエラーとなり

処理が進まないときがあります。



このようなときは

お支払期限の6日間が

過ぎるのを待ちましょう。



自動的に

注文がキャンセルされ次第、

メールでお知らせが届きます。




3・システムエラーの可能性


出荷準備もまだ始まっていない、

支払いもコンビニ払いではない、

なのに

注文をキャンセルすることができない。



そのようなときは

まずブラウザの

キャッシュとCookieの

削除を試してみましょう。



もしかすると

使っているブラウザに

情報が保存されすぎていて

不具合が起きているのかも

しれないのです。



可能であれば

使っている端末の

再起動も試してみましょう!



もし、これでも

キャンセルリクエストエラーが出て

キャンセルできない場合は、

何かしらAmazon側で

システムエラーが発生している

可能性があります。



この場合は

すぐにカスタマーサービスへ

問い合わせてください。



Amazonでは

電話、メール、チャットでの

お問い合わせを

受け付けています。



まとめ:Amazonで注文するときは事前にしっかり検討してから注文を!




Amazonは

注文からお届けまでの

時間の速さが

とても魅力です。



ですので、

注文が入ってすぐに

出荷準備を始め、

注文時に表示されていた

お届け予定日内に

お届けできるよう

システムで管理しています。



ですので、

どうしても

時間が経ってしまうと

準備が進んでしまい

キャンセルが間に合わない時が

出てきてしまいます。



このような事態を避けるため、

注文の際は

内容を事前にしっかり確認して

納得の上で

注文するようにしましょう!




私も

ほいほい買い物しないよう

気を付けたいと思います!(笑)





ちょっぴり日々の暮らしに役立ちそうなブログはこっち!さぁどうぞ!

クラウドになりきってミッドガルを歩いているブログはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました