ピカブイプレイ日記:ピカブイ二人プレイのやり方とメリットをご紹介!!!

Switch




Nintendo SWITCH用ソフト、
ポケモンLet’sGO!ピカチュウ・イーブイ。



ポケモン最新作のピカブイ、
実は二人プレイができることを
ご存知ですか?





ポケモン初の二人での協力プレイ!!
バトルやポケモン育成に
とっても有効です。



今回は
ピカブイで二人プレイする方法と
二人プレイのメリット

ご紹介します!





ピカブイ二人プレイのやり方:プレイ画面でJoy-conを振ってみよう!!

ぴかぴかちゅ☆





さて、ピカブイを
二人プレイでやるときは、
コントローラーが二つ必要です。



なので、
↑このようにJoy-conを
ばらして用意しておくか、
モンスターボールPlusを
用意しておいてください。




準備できたら
ピカブイを始めよう!









こちらがいつもの
一人でやってる時の
画面ですね。



私は普段
右側(R)のJoy-conで遊んでいます。



でこの画面のまま・・・
左側(L)のJoy-conを振ると・・・









お、女の子登場!
手持ちのサンドパンも!!!





Joy-conを振ると
プレイヤーが二人になり
さらに自分の手持ちのポケモンを
連れ歩いてくれます!




これで二人プレイができるように
なりました☆
意外と簡単にできますよね!
(これがポケモンのやさしさか・・・!)





ピカブイ二人プレイのメリットってなんだ???





ではでは・・・
ピカブイの二人プレイの
メリットとはなんでしょうか?



それはこの二つ!



●バトルが2対1になり断然有利
●野生のポケモンをGETしたときに
経験値が多く入る!






ピカブイ二人プレイのメリット1: ●バトルが2対1になり断然有利





バトルが味方が2体、
相手が1体になり
断然有利!!!!!



なんとジムリーダー戦も
四天王戦も
二人プレイで
2対1でバトルできるんです。




これほんっとに有利です。
四天王とかもう怖くないぞ・・・!










実際の私のプレイ動画です。
どーだガチで2対1笑




ほんとにジムリーダーとか
四天王戦とか
臆することなくチャレンジできます。



攻略がめちゃくちゃ捗りますよ!




ピカブイ二人プレイのメリット2:ポケモンをGETすると経験値が多く入る!!





一人でプレイしている時、
この捕獲画面で
もう一つのJoy-conを振ると・・・








「どこからともなく
サポートトレーナーが駆けつけた!」









はい、
二人プレイになりました~~~!!





これで
二人合わせてタイミングよく
ボールを投げてGETすると
「ダブルテクニック」という
判定が入り、
経験値が多く入ります!









このダブルテクニック、
甘く見ちゃだめですぞ・・・



かなり大きな倍率になります。



ハナダのどうくつで
ラッキー連鎖で
レベルアップしてたんですが、
8000とか経験値もらえるんですよ。




育成がめっちゃ捗ります・・!




レベル上げするときは
ぜひとも二人プレイで
タイミングよくボールを投げて
ポケモンGETしましょう!!





まとめ:もちろん一人でもJoy-con両手持ちで二人プレイできるぞ!!!





一人暮らしで二人でやってくれる人いないよ・・・
家族に頼むの恥ずかしい・・・




大丈夫、安心してください。
一人でやればいいんです!!!
Joy-con両手持ちでやればOKです!!




このプレイ画面で
Joy-conを振ると
サポートトレーナーが出てきたり、
引っこんだりします。




また、ポケモン捕獲画面でも、
バトル中の画面でも
Joy-conを振れば
いつでもどこでも
サポートトレーナーが
やってきます!

いつでも二人プレイができます!



Joy-con両手にもって
バリバリポケモンGETしていきましょう!!!




私もJoy-con両手持ちで
ガンガンレベル上げましたよ!



【追記あり】ピカブイプレイ日記:経験値はJoy-Con両手持ちでボールを投げると大量にもらえる!






なお、これは私の感覚ですが・・・
バトルで
2対1になってしまうと
相手を滅多打ちにしちゃうんですよ。




ほんとチート級。
勝ち確定みたいな感じになっちゃって
バトルの緊張感が無くなっちゃうんですよね。




なので私は
「バトルは1対1でやる」と
縛りを決めてやりました。




あの四天王戦での
手に汗握る戦闘は燃えましたね・・・!



ちょっとバトル物足りないと思ったら
「1対1」の縛りプレイを
やってみてください☆彡









スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました