ちゃんとしてなくても、キミは十分素晴らしいから、たまには肩の力を抜いていこうぜ

この記事は約4分で読めます。



これは・・・
敏感で繊細なHSP気質で、
毒親育ちで、
アダルトチルドレンな自分への手紙。



同じ経験・気質を持っている方にも
届けばいいと思う。



キミはもう、十分にやっているんだよ。



無意識に「ちゃんとしなきゃ」と思う。だけど、なんか自分を殺している気がしてならない・・

ちゃんとしてなくても、キミは十分素晴らしいから、たまには肩の力を抜いていこうぜ




どーもども!
天気痛の影響で常にだるい・・・
マイ(@iamxxxgv)です!




本日(2022/04/08)はお仕事お休みのマイさん。
連日の気圧の変動で体調が最悪(笑)
常にカラダがだるくて困っております・・
迷走神経反射も出て、クラクラするしね・・



体調不良が出て、いつもの動きができない、
誰かに仕事を任せることになってしまう。
そうなるといつも思ってしまう。



マイ
マイ

・・ああ・・、
また”ちゃんと”できなかった・・・




まだまだ他人の目を気にしてしまっている



もう・・・
子どもの頃に植え付けられた
価値観や考え方って
根深いね~~~!




1年位前にも”ちゃんとする”ことについて書いておりますが、
今現在も無意識に「ちゃんとしなきゃ」って思いこんでしまいます。





気をつけてはいるものの、
マイはまだまだ他人からの目を
気にしまくっているんですね。




「ちゃんと仕事しなきゃ」
「ちゃんとフォローしなきゃ」
「ちゃんと家掃除しなきゃ」
「ちゃんと休みの日もなんかしなきゃ」



でもねー、この「ちゃんと」系
何かやるときって、
かなりの確率で自分の本当の気持ちを
抑え込んでいるんですよね・・









●「ちゃんと仕事しなきゃ」
→本当の気持ち:体調しんどいし、いつもより緩めに仕事したい・・
●「ちゃんとフォローしなきゃ」
→本当の気持ち:生理的に苦手な人にあたったら、誰かと交代してほしい
●「ちゃんと家掃除しなきゃ」
→本当の気持ち:めんどくさい・・・今日くらい掃除サボりたい
●「ちゃんと休みの日もなんかしなきゃ」
→本当の気持ち:気圧でしんどいから大人しく寝ていたい・・








マイの中では、
本当の気持ちを打ち消して、
他人から「常にちゃんとしている子」と
見てもらうため
に、
「ちゃんとしなきゃ」という言葉が出てきます。



もっというと・・・
見てもらう相手は親だったんですけどね。



もう私は十分にやっている!



何度でも、何度でも言おう。



私はもう十分にちゃんとしている!!!!!!



だって結局高校とかずっと学力特待だったし、
大学も無事卒業したし、
今就職して一人暮らししているもの!



十分ちゃんとやったじゃない。
親の期待に沿って。
反抗せずに全部満たして、
一回もペースを緩めず全力で。
やりきったじゃない!



もう十分だよ、ちゃーーんとやってる。
それは今のキミでも気づいているだろう?



職場の人から信頼され、信用され、
現場が助かっているってよく言われている。
それだけちゃんとやっているんだよ。



だから、少しくらい体調が悪くて、
サボったって誰も咎めたりしない。
休みの日に1日寝ていたって、
誰も怒ったりしない。



本当の気持ちを押し殺して
「ちゃんとしなきゃ」って思わなくて良い。



もう自分の気持ちを優先していいんだよ。



なんせもう親はいないし。
周りの人も、私が完璧じゃないことも
知ってくれた上で良くしてくれてる。



だからね、「ちゃんとしなくても大丈夫」なんだよ!



まとめ:自分の”思い”を大事にして、さぁ進め!

ちゃんとしてなくても、キミは十分素晴らしいから、たまには肩の力を抜いていこうぜ




普段からピカ☆ステでよく言っていますが、
何度でも自分に言い聞かせます。
「もう大丈夫だ」、と。
「自分の気持ちを表に出しても良いんだ」、と。




そうしないと、
子どもの頃からの価値観や考え方、
無意識下に刷り込まれているものを
書き換えることができないんです!

無意識に「ちゃんとしなきゃ」と思うくらいだから、
もうすんごい根深いわけ!



だから何度でも自分にキミに、
語りかける、伝える。
「もう大丈夫」、と。



安心したほうがね、
人生断然生きやすいから・・・
大丈夫、大丈夫だよ。



休みの日くらい、
好きに飲み物飲んで、
好きに食べなさいよ、

仕事の日は頑張ってファスティングしてるんだから。
ね。



寝ててもいいよ、なんかやること忘れたって良い。
だって天気痛フィーバーでしんどいもの



ゆっくりしよう!



では、今日はここまで。
ありがとうございました!



written by マイ(@iamxxxgv

コメント

タイトルとURLをコピーしました