『ちゃんとする』ってなんだ?そもそも『ちゃんとする』ことに縛られすぎてない?

この記事は約3分で読めます。




事あるごとに私は思う。



ああ、ちゃんとしなくちゃ」って。



でもこの「ちゃんとする」ってなんだ?
「ちゃんとする」に縛られすぎて、
自由な発想を失っていないか?
身動きが取れなくなっていないか?



それは毒親の毒なんじゃないかって。



とにかく常にハイレベルを求めてしまう「ちゃんとする」という言葉


どーもどーも!
思考回路と価値観を修正中!
マイ(@iamxxxgv)です!




子どもの頃から
毒親に言われていることがある。
それが・・・



「ちゃんとしなさい!」



具体的にはわからない。
何を求められないるのかわからない。
でも「ちゃんと」しないと
毒親に怒られるし、なんなら家を出ていくように言われる




だから自分で状況を分析して
何を求められているのか予想して
自分なりに「ちゃんとする」を実行した。

マイの中での「ちゃんとする」って
こういう感じでした↓



マイの中での「ちゃんとする」とは・・?


・毒親が求める行動をする
(具体的な指示はなし、状況を見て自分で判断する)
・他人から見ても「ちゃんとしているな~」と思われるような行動をする



→具体的にやっていたのはこんな行動
・親とでかけている時は常にそばを離れない
・率先して荷物持ちをする
・外食する時は高価なモノは選ばずに、安価なメニューを選ぶ
・行儀よく食べる
・学校の成績は常にトップ
・宿題もしっかりこなす
・テストは常に満点
・家事もこなす
・妹の世話もちゃんとする
・身なりを整えている
・女の子らしい服を着て、女の子らしい動きをする
・社会に出たあとも、仕事でいい成績を残す
・何が何でも職をまっとうする
・合わなくても根性で仕事を続ける
・自炊する
・毎日3食しっかり食べている
・借金はしない
・他人にも頼らない

などなど・・・
状況に合わせて適宜やってた




これ今書いてて吐き気がするけど・・・
がんじがらめやん・・・
息つく暇が全く無い・・・



今更ながら思いますが、
本当によく生き延びてきた、自分。
偉いぞ・・・よく頑張ったね・・・




とにかくハイレベルな行動を求められる
毒親の「ちゃんとする」。
子どもの時は生きるために必要だったけど、
今はもう自立しているので、
毒親の「ちゃんとする」はもうやらなくていいんだ。




「ちゃんとしなきゃ」と思ったときに、ふと立ち止まるようにしてみる




仕事をしている時とか、
ぼーっとしているときとかに
「あ、ちゃんとしなきゃ」って
思うことがまだあります。




親の期待に応えなくては、
求められている以上の結果を出さなくては、
ちゃんとしなくちゃ、と。



でも、そこで一旦立ち止まる。
その「ちゃんとする」、
今本当に必要なのか?、と。




離れた毒親の視線を気にしていないか、
他人からの評価を気にしすぎではないか、って。



立ち止まって考えてみると、
別にちゃんとする必要はなくて。
仕事してるし、業務こなしてるし、
他人からのし戦記にする必要ないし。



だから変に気を負わなくても
大丈夫なのだ。




私は結構デフォルトで
社会で生き抜けるくらいは
常識を備え、処理能力もあるから、
必要以上にちゃんとしなくていいのだ、



むしろもっと
肩の力を抜いていいくらいなのだ!




まとめ:ちゃんとしなくても、私は意外とちゃんとしちゃってる!




職場のお姉さんに言われたのですが、
どうやら私は毒親育ちの割に
だいぶ素直というか、
世間でいういい子で、
仕事も力入れなくても
割としっかりできちゃっているそうです。



だから・・・もう・・・
毒親基準の「ちゃんとする」は
しなくていい!!!!!




ふと親の声が頭の中で響いたら
立ち止まって、その声をぶった切る!



もうがんじがらめになる必要はない!



もっと力を緩めて生きていきたい。
毒親の毒を解毒していくぞ!



大丈夫、アナタはもう十分
頑張ってるし、愛されてる。
背伸びしなくていいんだよ。






今日はおしまい!




written by マイ(@iamxxxgv

コメント

タイトルとURLをコピーしました