【想像力】相手を信じて見守ることの大切さと難しさを痛感する

この記事は約2分で読めます。


仕事をしていて感じた。
私は手とり足取りサポートしすぎなのではないか、と。



過保護過ぎて逆に
その人が考える機会を
奪ってしまっているのではないか、
と。



色々と考え込んでしまったんです・・



手取り足取りサポートされる側を想像してみた



どーもどーも!
自分が毒親になるのが怖い・・・!
マイ(@iamxxxgv)です!




サポートしていて気がついたんです。
私は過干渉なのではないか、と。
手取り足取り教え過ぎなのではないか、と。




そのやり方は・・・
毒親の支配や過干渉と同じなのではないか、と。



気づいた時、ちょっと自分が嫌いになりました。
私も、大嫌いな毒親の血を継いでいて、
毒親のような行動をしてしまうのか、と。
自分がされて嫌なことを、誰かにしてしまっているのか、と、



そして何から何まで手取り足取りサポートされる側の
人の気持ちを考えてみたんです。



「この人に聞けば全部教えてもらえる」
「やってもらえる」
「自分で考えなくていいや」




少なからずこういう気持ちが生まれて、
自分で考えることをやめてしまうかもしれない。



それでは人に頼り切ってしまうばかりになっちゃう。
自主性がなくなってしまうかもしれない・・・



いろいろ考えた結果・・・
ちょっとサポートの手を緩めようと思ったんです。


相手を信じ、自ら考えてもらえるように促していく


サポートをするときは
ある程度ヒントを出して、
あとは考えてもらう。




ただ相手がどうにもテンパってて、
考える余裕もなさそうなら、
一つ一つ指示を出してあげる。



そうすることにしました。



私はあくまで、ヒントを出す人。
対応をするときの武器を渡す人であり、
自分が1から10まで考えて対応する立場ではない。



ヒントを出して、その人自身の能力を信じる。
あとはどうすればいいか考えてもらう。




仮にそこで結局ミスがあったりクレームになってしまっても、
伝え方やヒントの出し方を変えればいいだけ。
そうやってアップデートしていこうと決めました。



これでオペレーターさんの意識が
上向いてくれればいいけど・・・



まとめ:人をサポートするのって超難しい・・・!



望んで今の立場になりましたが・・・
難しいですね、人をサポートするのって・・



自分がやるんだったら、
何も考えず自分の方法を自分の中で構築して
実行するだけですが、
それをわかってもらえるように伝えるのは
めちゃくちゃ大変。



相手の気持ちもどうしても考えてしまうし、
ある程度冷徹にならないと行けない部分もある。




はー・・・・
でもこの仕事を辞めたいとは思わない。
いい経験になるだろうし、
人間苦手だけど、
コミュニケーションを取る練習にはなるでしょう。



日々考えながら、どうやればいいか考えて、
仕事やっていこうと思います。



脳死プレイでは仕事しない、
これがマイのやり方!




written by マイ(@iamxxxgv

コメント

タイトルとURLをコピーしました