初心者でもできるラベンダーの育て方と摘み方とは?

役立つ情報

 

 

 

ドライフラワーや

アロマテラピーなど、

リラックスできる香りで

有名なラベンダー。

 

 

 

一度は紫色のお花を、

あのいい香りをかいだことが

あるのではないでしょうか?

 

 

 

現在このラベンダーは

個人でも楽しめるように

お花屋さんでも

プランターで

購入することができるようになっています。

 

 

 

ハーブを育てるのって

ちょっと難しそう・・?、と

管理人も思っていましたが、

コツを調べたら

意外に育てることができます!

 

 

 

そこで今回は

ラベンダーの育て方と

摘み方をご紹介します!

 

 

 

ラベンダーを育てる際のポイント!

 

 

 

ラベンダーは

乾燥した土が好きな

ハーブです。

 

 

 

高温多湿な場所は苦手なため、

梅雨の時期や

夏場の時期は

注意が必要です。

 

 

 

<水やりのポイント>

土の表面が乾いていることを確認して

水やりしましょう。

(毎日はあげすぎになっちゃう)

 

 

 

水やりするときは

プランターの底から

水が出てくるまで

たっっぷり

水を上げましょう。

 

 

 

こうすることで

プランターの中まで

水が浸透していきます。

 

 

 

また葉っぱには

あまり水はかけないようにしましょう!

ラベンダーの葉っぱは小さいので

水にやられてしまう可能性があります。

 

 

 

<育てる環境>

・日当たりがいい場所

・風通しがいい場所

 

 

 

↑とにかく

日が当たり、

風が通る場所で育てましょう。

 

 

 

また、肥料のあげすぎにも注意!

 

 

 

 

育ったラベンダーはいつ摘めばいい?

 

 

 

 

日当たりのいい場所において、

水やりをして、

育ったラベンダーは

定期的に摘み取ってあげましょう。

 

 

 

ラベンダーは

どんどん成長し

どんどん芽が出て

どんどんつぼみが出てきます。

 

 

 

芽が出てくると

ラベンダーが密集して

風通しが悪くなってしまいます。

 

 

 

ですので、

細い芽は摘みとっていきましょう。

ちょっと心苦しいですが、

長くラベンダーに

生きてもらうためです。

 

 

 

ラベンダーは

その成長度によって

適した使用方法があります。

 

 

 

<開花前>

開花前は

ドライフラワーにも

できません。

つぼみが花開くまで

もう少し待ちましょう。

 

 

 

<三分咲きくらい>

ドライフラワーに

向いています。

ドライフラワーにしたいときは、

三分咲きの頃を狙って

摘んであげましょう。

 

 

 

<完全に開花>

香りが一番強い時期です。

ドライフラワーにも

ポプリにも

向いています。

 

 

 

この時期に摘むのが

一番いいですね!

 

 

 

<咲き終わり>

開花が終わり

ラベンダーが

枯れてくる時期です。

 

 

 

枯れた花を

そのままにしていると

ラベンダー自体に

大きなダメージが出てしまいます。

 

 

 

枯れた花は

早めに摘み取りましょう。

 

 

 

まとめ:ぐんぐん成長するラベンダー!定期的に摘み取りを!

 

 

 

 

現在管理人も

ラベンダーを育てています。

 

 

 

ほんとにぐんぐん

成長します(笑)

 

 

 

毎日観察しているんですが

3日くらいすると

新しい芽が出てきてるんです。

 

 

 

そしてその芽が

大きく大きく成長します。

 

 

 

成長期の子供かってくらい(笑)

 

 

 

だからこそ、

毎日観察して

余分な芽は摘みとってあげる

必要があります。

 

 

 

気持ちを込めてあげれば

植物も成長します。

 

 

 

ぜひラベンダーを

育ててみてください!

 

 

 

関連記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました