借金やメンタル、体の不調に悩む人が、相談に踏み出せない心理を考えてみた

役立つ情報
この記事は約5分で読めます。



資金繰りや生活費の工面が大変で
借金を抱える、
返済額が大きくなって
生活が苦しくなる。



職場や学校での人間関係に悩み、
毎日鬱々とした日々を送っている。



日々のストレスや緊張で
頭痛だったり、吐き気だったり、
全身が重かったり・・・
体調不良が出てきている。



「相談なら聞くよ?」と言っても
当人は話したくない様子。
様々な相談窓口があるけれど
そこにも行く気がない様子。




それって、
こういう状況に陥った経緯を
根掘り葉掘り聞かれるのが嫌

思っているからではないでしょうか?



辛い・苦い・苦しい決断をして『今』がある。思い出すのが辛いのではないか?




どーもどーも!
放っておけばすぐ凹む!
マイ(@iamxxxgv)です☆



今日とある用事があって
朝から2kmほど歩いてました。



ついでだからと思って
ポケモンGOやってたんですけど、
ふと思ったんです。



借金やメンタル、体調不良・・・
解決するために
債務整理とか自己破産、
心療内科や病院とかあるけど、
「行きたくない」、「アドバイスされても聞きたくない」って
思う根底には、
これまでの辛い経験が
蘇ってくるのが嫌だ、という
気持ちがあるんじゃないかな?




と、思ったんです。



『今』に至るまでに、たくさんの苦い・苦しい思いがあるんだと思う。私はあった。



今借金で苦しかったり、
メンタルやられてたり、
体調が悪かったり。



そういう「今」って
これまでの過去の決断の
積み重ねなわけだ。




例えば就職活動でどうしてもお金が必要で、
子どもの学費の工面のために、
家族の通院費のために。
それ以外にも人間関係で
自分がナメられない様に、
上司の誘いにどうしても断れなくて、
飲み会行ったり、ブランド物を買ったり。



人間関係に悩んだり、
親との仲がうまくいかなかったり、
いろいろ悩んでいたら、
なかなか眠れない夜が続いたり。
頭痛やめまいがやってきたり。



そこには苦渋の決断だったりとか、
「どうしようもならないから仕方なく」とか、
「あの人が嫌い」「苦手」、
「どうやって付き合っていけばいいかわからない」、
どっちかっていうと
マイナスの感情が紐づいている。



だから借金やら
メンタルやられたことや、
体調不良の原因を聞かれると、
マイナスの感情も思い出して
しんどくなるんです。




かくいう私もそうです。


<<借金でいうと・・・>>

就職活動する時、
就職して上司に誘われた時、
仕事をするための身だしなみを
整えるために、
前職をやめた際、療養で
一時収入がなかった時・・・

「いやではあるが・・背に腹は代えられない」
そう思って借金を決断した。

<<メンタルでいうと・・>>

仕事の内容で悩む。
お客様に非があるのに
棚に上げてこちらのせいにする。
それを指摘すると、
上司から「なんだその言い方は!」と
しかられる。

自分には非がないのに、
非があるように言われる。
上司にそれを主張しても
何も認めてもらえない、味方がいない。

誰にも相談できず
悶々と一人で悩むうちに
鬱病になっていく。
メンタルが死んでいく。

<<体調で言うと・・・>>

鬱々としているうちに
毎日頭痛に悩まされる、
そのうち不眠になり
毎日寝不足でまともに動けなくなる。

病院にいけと、同僚に言われるも
「病院に行ったら色々聞かれるし
めんどうだな・・・」と思い
何もしない。


結果、体調は悪化し、
慢性的な不眠になり、
メニエール病まで発症する。




全部一個一個独立しているわけではなくて、
全部何かしらで繋がっています。



そしてこれらのことを話そうとすると、
当時のしんどい状況を思い出して
かなり凹みますし、
じりじりと火あぶりされているみたいで
心がジュクジュクと痛んできます・・・



簡単にいうと、しんどいです。


だがしかし、向き合うことで解決方法が見つかり、改善に向かうのである





だって何かしら
相談をしようとすると
根掘り葉掘り聞かれます。




借金したきっかけは?
いつから具合悪くなったの?
なんで早めに病院にこなかったの?



正直言いたくない、
聞かれたくないんです。



過去に向き合うのはしんどい。
『今』を生み出した
過去のしんどい感情を
思い出すのが辛いから。




ですが・・・・



向き合わないと解決しない。
向き合えば解決する。




これに尽きます。
実際に借金して、
仕事でメンタルやられて、
体調不良に陥った私が
改善するために
やったことだから。




根掘り葉掘り聞かれることは、拷問だけど、自分の愚行に気が付くいい機会




まず私は体調とメンタルを
改善するために、
心療内科に行きました。



とにかく眠れないのが
辛かったので、
睡眠薬飲んでもいいから
寝たい!と思ったんです。



最初はほんと
根掘り葉掘り聞かれて
まじで拷問でした。




自分がどうして
メンタルつぶれたのか、
どんな不調があるのか、
何がきっかけだったのか。



苦しかった、
もう話したくないって
思いました。



ですが、
ある時気が付いたんです。



話すことによって
自分の行動を
メタ認知できる、と。




自分がなぜこうなったのか、
こういう決断をしたのか、
第三者立場にたって
認識できるようになったんです。




ああ、そうだったのか、
そういう考え方をして
苦しかったのか、
しんどかったんだな。
考え方を変えていかないと。



そうして
ああ自分めちゃくちゃ
頑張ってた。
必死だったんだな
」と
気が付くことができます。



そこで初めて
負の感情、辛かった感情が
癒されていきます。



「よくやったな私、
その行動をとったのは
苦しかったね。
あとは任せろ。」



「うん、ありがとう」



まとめ:私は絶賛立て直し中!負の感情を癒して、前に進めるよ!




自分の過去に向き合う、
負の感情が伴っている
出来事であれば、
目をそむけたくなるのも
当然です。



だってしんどいもん。



だけど、目を向けて
向き合うことで
改善に向かうことができます。



私は前の仕事で
メンタルと体調が
ずたずたになりました。




改善するために
心療内科へ行き、
体調が悪くなった頃の話をして、
お薬を処方してもらって
生活しています。



幸い処方していただいた薬が
体に合っていたのか、
夜も良く寝れるようになりましたし、
日中もひどく落ち込むことも
ほぼほぼなくなりました。
(ちなみに、デパスと
パキシルってやつを飲んでます。)



また先生からも
考え方とか、
ふとした時にこうしたら?など
アドバイスをいただきます。



鬱々していた私だったら
「そんなアドバイスいらない!」と
はじき返していましたが、
素直に受け取ると
なんと生きやすいことか。




過去に向き合うと同時に、
アドバイスを受け入れて
行動することも
大切だと気が付きました。




おかげさまで
私は体調・メンタル・お金の部分で
改善が進んでいます。
今地道に立て直しなうです。



確かにしんどいこともあるけど、
今までの苦渋の決断とか、
鬱々してた頃のしんどさに比べたら
随分楽かな~って思います。




そう考えたら前に進める!
生きる力と
前向きな考え方ができるようになります。



過去の話、
蒸し返されると
しんどいよね・・・
うん、わかる。



でもその壁を乗り越えたら
だいぶ明るい世界が待っていることに
気が付いてほしいんだな・・・



相談をする、という
自分の過去に向き合う
大きな壁を乗り越えたら・・・!




written by マイ(@iamxxxgv)

コメント

タイトルとURLをコピーしました