【マイの日常】本を買う時は自分と波長が合う本屋さんで買う!

この記事は約3分で読めます。




時々無性に本を読みたくなる時がある。
紙の本を、新しい本を。



なので本屋さんに行って
直感で感じた読みたい本を買うのですが、
行く本屋さんにもこだわりがあるんです。



店舗の雰囲気、大きさ、レイアウトとかで好みがある!

【マイの日常】本を買う時は自分と波長が合う本屋さんで買う!




どーもどーも!
直感を信じて生きる!
マイ(@iamxxxgv)です!




時々なんですけど、
あーーーー紙の本読みて~~~!」って
なるときがあるんです。
叫びたくなるくらい。



本を読みたいなら電子書籍でもよくない?、と思って
一時期アマゾンプライムのプライムリーディングで
読んでたりしたんですけど・・・



なんか全然頭に入ってこなくて。
読み返そうにもいちいちフリックして
ページめくるのがめんどくさくて。
紙の本だったらぱぱっと見つけられるのに、って。



そういうことがあったもんだから、
私には電子書籍が合わないんだなって思い、
本を読むなら紙の本って決めております。



そして新品の本。



図書館で借りると汚れとか気にしないといけないし、
中古だと蒸せたようなニオイが残ってたりして
潔癖症の私にはちょっと読むのがしんどい。



それに比べて・・
新品の本は紙やインクのニオイがいいし、
自分のモノだから汚れとか気にせず、
ガンガン読み込むことができる。




節約の観点で行ったら、
図書館いけーとか中古で買えーとか言うけど、
「うるせぇ黙れ」って感じですね。



ちゃんと本の内容を自分の中に
インストールしたい。
だからこそ自分に合った形で
本を購入して読む。
これが私のポリシー。




本のためなら、ご飯の1食2食、
我慢しますわ。



波長が合う本屋さんの特徴:とにかく静かで、照明が優しい


話が逸れましたが・・・
波長が合う本屋さんとしては
とにかく静かです。




地下鉄駅の近くとかだと
人通りが多くてうるさくなりがち。
そういう場所だと
私の直感が働きにくくて
読みたい本に出会えないんですよね。



静かな店舗だと、
つら~~~っと本を見て、
「あ、これ読みたい」っていうのを
見つけることができるんですよね。



直感を働かせるためにも
静かな店舗!

そして静かな店舗って
照明も優しい色なんですよね。



そういう雰囲気が大事!



波長が合う本屋さんの特徴:HSPや自己肯定感関連の書籍の取り扱いが充実している


唐突によく行く本屋さんって、
HSPや自己肯定感に関する書籍が
いっぱい置いてあるんですよ!




ほんっとに充実している。
「ああ、これだ」っていう本が見つけやすい。



多分私がその時HSPについて調べてたり、
自己肯定感に関する本を読み漁ってたから、
自動的にそういう本を置いている場所を
選んでいたとは思うのですが。



そういう時期を通り越した今でも、
その本屋さんには行って
「なんか読みたい」ってフラフラして、
直感で選んだ1冊を買っていきます。



なんていうか・・・
「ここに行けば私が読みたい本がある」という
安心感がすごいですね!




まとめ:気になる1冊を購入できたので、じっくり読んでいきます!

【マイの日常】本を買う時は自分と波長が合う本屋さんで買う!




ちょうどダイエット中だったので・・
コンビニで見かけてから
ずっと読みたいって思ってた本です。




トロント最高の医師が教える 世界最新の太らないカラダ




本屋さんの店員さんってすごいね。
「この本ありますか?」って
スマホで商品画像みせたら、
「ありますよ~こちらへどうぞ!」つって、
何にも確認せず本が陳列されているところに
案内してくださいました・・・!



このスムーズな対応・・・!
この店員さん、歴戦の戦士だなって思いました・・!
素晴らしい対応をありがとうございました!



ずっと読みたかった本なので、
じっくりゆっくり読んでいきます。
読み終えたら読書感想文も書きますね!



では、今日は終わり☆
ありがとうございました!



written by マイ(@iamxxxgv

コメント

タイトルとURLをコピーしました