みんな使えるようになった”Amazonパントリー”の使い方をここで叫ぶ!!

この記事は約4分で読めます。




Amazonパントリー。



日用品を1点から
注文することができる、
ほんとにスーパーで
買い物しているような
Amazonのお買い物サービス。



サービス開始当初は
Amazonプライム会員限定だったのが、
今はAmazonのアカウントを
持っている人、全員が
利用できるようになっています!!




感激・・・!



今回は便利な
Amazonパントリーの
使い方を書いていきます!



そもそもAmazonパントリーってどんなサービス??





Amazonパントリーは
スーパーで日用品を
1点から買い物する感覚で
注文することができる
サービスです。



ネットで注文すると
5個入りとか、
10個入りになりがちな
カップ麺とかケチャップとか、
そのほか洗剤だとか、
そういった商品が
1点から注文することができます。
(一部商品は例外があります・・)



Amazonパントリーって??
  • Amazonパントリーボックス1箱につき、390円がかかります。
  • ボックスの大きさは52cm×28cm×36cmの容量、または重量14kgを基準にしています
  • 注文する時に、画面に「パントリーBoxの使用率(%)」と表示されます。これを目安に商品を入れていきましょう。100%を超えると、2箱目(+390円)に入ります。
  • Amazonパントリー対象商品は、商品詳細ページに「パントリー」と黄色の文字で記載されています。
  • Amazonパントリーで注文した商品は、まとめて発送されます。なお、Amazonパントリーの商品ではない、通常商品については、別で発送されます。



参照:Amazonパントリーヘルプページ





とにかく
Amazonパントリーは
日用品を1点から
注文できることが魅力!



注文する際は
欲しい商品に
「パントリー」と
記載があるかどうか
確認して注文しましょう!



Amazonパントリーを利用する時の3つのチェックポイント!




先日私も
久しぶりに
Amazonパントリーを
使ってみました!



スーパーのように
なんでもかんでも
欲しい物買えるって
感じではなかったのですが・・



日用品を1点ずつ買えるのは
非常にありがたいですね!



そして実際に
使ってみて
これは注意しておくといいな、
というポイントを
3つご紹介します!



その1:パントリーボックスがいっぱいになるまで買う必要はないぞ!



ついつい人間の心理として、
箱がいっぱいになるまで
商品を入れたい・・・!




とおもいますよね、
ええよく分かります。



でもパントリーボックスを
100%にする必要はありません!



10%でも、5%でも
注文することは可能です!
箱も、注文数に合わせて
サイズを合わせて
梱包してくれます。



いっぱいになるまで
商品を入れる必要はないので、
覚えておいてください!



その2:Amazonパントリーで注文できる商品ごとの数量は、商品詳細ページのプルダウンメニューで確認を!




Amazonパントリーの商品は
一回に注文できる数量が
商品によって設定されています。




こちらの画像は
とある商品の
商品詳細ページで
数量のプルダウンを
確認したものです。



恐らく
パントリーボックスの
大きさの関係もあって
制限があるんと思います。



数量はこちらで
確認しましょうね!



その3:Amazonパントリーは箱代として390円がかかります。ですが、キャンペーンで無料になることもあります・・!※買いすぎ注意



Amazonパントリーを
利用する際は、
パントリーボックス代として
390円がかかります。
(プライム会員かどうか関係なく)



この390円ですが、
キャンペーン対象商品を
注文することによって、
無料になります!

※常にキャンペーンが
やっているわけでないので
注文の際にはよく確認を☆彡




た だ。
キャンペーン対象商品が
まったく不要な商品で
結局余分に買い物をしてしまう
結果になることもあります。



キャンペーンにつられず、
本当に必要なモノだけ、
購入した方が
安く上がることもありますので、
計算して注文しましょう!



まとめ:一人暮らしにはありがたい、カップ麺3つ入りなども販売しているぞ!




私は一人暮らしを
かれこれ12年続けてるんですが、
料理苦手な私にとって
カップ麺を箱買いではなく、
3つ単位くらいで注文できるのは
非常にありがたいことです・・!!



またAmazonの
ヘビーユーザーになりそうな
予感がしていますよ・・!



ぜひみんなが使えるようになった
Amazonパントリー、
利用してみてください!!



便利なAmazonの使い方について書いたブログはこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました