今年は冬!劇場版ポケットモンスターココ、初日に観てきました!!

ポケモン
この記事は約7分で読めます。




どーもこんばんは、
マイ(@iamxxxgv)です!!



今年は冬!!
映画ポケモンを
公開初日に観てきました!!




控えめに言っても
いい映画!!!
超号泣しました・・・!!



感想を書いていきます!
※もちろんネタバレ含むぞ!!




人間もポケモンも関係ない、「自分よりも大切な存在を守る」という強い想い




涙が溢れるって
こういうことだ~~って
思いながらみてました・・



ジャングルに住むポケモン
ザルードと、
ポケモンに育てられた人間の子である
ココ。



ザルードは
ザルードの群れを抜けて、
自分よりも大切なココを
育てることを誓います。



ココは自分をポケモンだと
思っていましたが、
サトシとピカチュウに出会い
自分が人間であることに
気が付きます。




「どうして俺が人間なの
黙ってたんだよ!!!」と
ココはザルードに当たります。



そこで決別するかと思いましたが、
ココが自分の出生を知り、
ジャングルを守ることになった時に、
ココとザルードの絆が戻ります。
もちろんより絆が強くなって。




お決まりの展開~~~~!!
でも泣ける~~~~~~!!!!




サトシとピカチュウに
出会ったことにより
自分が人間であることに
気づいたココは、
ザルードとの絆も強めつつ、
人間とポケモンの懸け橋になるため
旅に出るんだよね・




大切な息子の旅立ちを
ザルードは分かっていて、
喧嘩別れしたように見せかけるも、
ココのカバンに
一緒に植えたきのみを入れ、
盛大な花火で見送ります。



息子の旅立ちを
快く見送る親父・・・!
泣いたわ・・・!!




ザルードは一貫して
自分よりも大切な存在である
ココを守ろうとします。




人間の子どもを、
血のつながりのない子を。
大切な存在だから、と。



この強い想い・・・
素敵だな~~って
思うんです・・・!




個人的な見どころ:ピカチュウがサトシとココの通訳になっているのが面白い!




これ中々見ない
立ち位置だと思うんだよね!



ココはザルードに
育てられたから
人間の言葉がわかりません。
むしろポケモンの言葉で
喋ってるんです。




これによって
サトシとの会話がちょっと困難。



そんなサトシとココの
話を進めるために、
なんとピカチュウが
通訳的な役割を果たすんです!




・サトシとピカチュウ
→長年の相棒。言ってることは
 なんとなく分かる。



・ココとピカチュウ
→ポケモンの言葉で話すから
 意思疎通ができる。




サトシの名前を
ココに伝えたのは
ピカチュウなんですよ!!




このシーン、たまらなく好き!!!



「ぴかちゅう、ぴか、ぴかぴ!」



こんな感じで紹介してるの!!
かわいい!!!!!!!!
たまらん!!!!!!




映画観終わった直後の感想ツイートがこちら↓



私は映画終了後、
感想をぶわーーーっと
つぶやきました!


これも載せておきますね!






まとめ:ぜひこの冬休みにポケモンの映画をどうぞ!!!!




っということでぇ・・!
いい映画でした!!
まじで!!!!
良い映画!!!!




ぜひこの冬休みに
親子で観に行ってください!



きっと感じるものが
あると思います。



そして、きっと、
ザルードはジャングルを守るために
セレビィが未来から連れてきた
ポケモンなのでは・・・?
と思ってます!!



素晴らしい映画を
ありがとう!!!!
ポケモン!!!!




コメント

タイトルとURLをコピーしました