LINEで送る
Pocket

 

 

何をしても

感情が湧いてこない、

楽しい、

嬉しい、

悲しい・・・

そういう感情すら

出てこない・・

 

 

 

うつ病になると

このような

無気力感」に

襲われるときが

あります。

 

 

 

管理人も

うつ病の症状が

ひどいときは

ほぼ毎日

無気力になっていました。

 

 

 

症状が落ち着いた今も

ふとしたときに

「無気力」になってしまう時が

あります。

 

 

 

この無気力は

どこからくるのか?

また、

無気力状態になった時には

どうすればいいのか。

 

 

 

今回は、この2点について

お伝えしようと思います。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

うつ病は無気力になりやすい・・無気力になった時の4つの対策方法

どこからくる?うつ病の無気力感

 

 

 

 

うつ病は

仕事や人間関係、

様々な要因により

脳が疲れ切ってしまい、

何も感じられなくなる、

やる気が出てこなくなる、などの

症状が発生してしまう

病気です。

 

 

 

無気力な状態になると、

楽しいというような

感情を感じなくなったり、

ご飯の味がわからなくなったり、

ついには

朝布団から

出ることが

できなくなってしまうという

症状が出てきます。

 

 

 

傍からみると

「怠けてるんじゃないの?」と

思われがちですが、

当人にしてみれば

起き上がることも

困難で

大変苦しい状況なのです。

 

 

 

うつ病の

無気力な状態になる

要因は、

日々の生活の中に

常に潜んでいるんです。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

うつ病は無気力になりやすい・・無気力になった時の4つの対策方法

 

無気力で何もできない・・・そんな時はどうすればいい?

 

 

 

 

では、実際に無気力な状態に

なったとき、

どうすればいいのか。

 

 

 

ここでは

4つの対策方法を

ご紹介します。

 

 

 

1・まずはしっかり休む!

 

まずはこれに尽きます。

起き上がれないのなら、

もうそのまま

しっかり休みましょう!

 

 

 

重ねてとはなりますが、

うつ病は

脳が疲弊している状態です。

 

 

 

つまり、

脳は休息を

求めているんです。

 

 

 

そんな状態で

無理やり動こうとしても、

それはうまく

行くわけがありません。

 

 

 

まずはゆっくり休みましょう。

 

 

 

2・自分を追い込み過ぎない

 

「休んでばかりではだめ」

「こんな自分はだめ・・」

 

 

 

こういう考えも

もうSTOP!

どんどん

症状が悪化するだけです。

 

 

 

ですので、

このように

考えましょう、

 

 

 

「休んでもOK」

「こういう自分でもOK」

 

 

 

自分を否定するのではなく、

自分を認めて

許してあげてください

 

 

 

これだけで

だいぶ症状が

軽くなるはずです。

 

 

 

「自分を許すなんて難しい」と

考えてしまう場合は、

「自分を許すなんて難しい・・と

感じている自分もOK」と

考えてみましょう。

 

 

 

身近な考えから許していけば、

もっと大きく許せるように

なります。

 

 

 

「今の自分でも全然OK!」と。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

3・生活のリズムを整える

 

 

 

生活のリズムを

整えるようにしましょう。

 

 

 

毎日決まった時間に起き、

決まった時間に寝る

 

 

 

休みの日も

できるだけ

同じ時間で起きて、寝る。

 

 

 

これだけでも

自律神経の乱れが

軽減され、

無気力感の症状も

軽くなってきます。

 

 

 

何も

早朝に起きて

早く寝ろ!という

わけではありません。

 

 

 

現代は

様々なライフスタイルが

あります。

 

 

 

ご自身の

お仕事や生活に合わせて

起きる時間、

寝る時間を決めて

リズムを整えましょう。

 

 

 

あくまで目的は、

「生活のリズムを整える」です。

 

 

 

4・砂糖の摂取を少なくする

 

 

 

ちょっと疲れたから

甘いものを・・・

息抜きに

砂糖たっぷりの

コーヒーを・・・

 

 

 

日ごろから

砂糖を多く

摂取していませんか?

 

 

 

実は、

砂糖は

体内で代謝するために

たくさんの

栄養素を必要と

しているんです。

 

 

 

つまり、

砂糖を摂りすぎていると、

代謝にエネルギーが

使われてしまい、

体が疲れてしまう、

体内の栄養素が

足りなくなってしまうなどの

症状が現れてきます。

 

 

 

こうすると

無気力感も

加速してしまいます。

 

 

 

ですので、

一度砂糖を

摂りすぎていないか、

食べ物にも

気を使っていきましょう。

 

 

 

もし

摂りすぎているようであれば

控えるようにして、

栄養がとれる食事を

心がけるようにしましょう!

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

うつ病は無気力になりやすい・・無気力になった時の4つの対策方法

まとめ:無気力になってしまったときは休んでしっかり食べよう!

 

 

 

 

うつ病の

無気力感は

ほんとうに

苦しい症状です。

 

 

 

何をしたい、という気持ちもないし、

以前は楽しかったことについて

何にも感じなくなってしまって・・・

 

 

 

そんなときは、

一旦がっつり

休みましょうね。

 

 

 

脳も心も、

疲れ切っているんですから。

 

 

よく言われますが、

風邪をひいたら

休みますよね?

 

 

 

それと一緒で、

心と脳が疲れたら

休んでいいんです。

 

 

 

休んだら、

何かしたいなーと

思うようになります。

 

 

 

そんな気持ちが湧いて来たら

起き上がって

行動してみましょう!

 

 

 

きっと

感情も

戻ってきているはずです。

 

 

 

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です