LINEで送る
Pocket

 

 

 

 

 

人と話すのが辛い、

億劫、めんどくさい・・・

誰しもそのような日が

あるかと思います。

 

 

 

普段は人と話すのは

何でもないけれど、

ある時突然

どうにも人と話すのが面倒い、

辛い、しんどいと

思ってしまう時があります。

 

 

 

管理人も

普段は割と話せる方ではありますが

何かあると話すのが億劫になり、

職場にいることが

辛くなってしまうときがあります。

 

 

 

この

人と話すのがしんどい、と

感じている時の心理状況

一体どうなっているのでしょうか?

 

 

 

また、

話すことがしんどくなった時

どうすれば良いのか。

 

 

 

今回はこの

人と話すのがしんどい時の心理状況と、

3つの改善方法をご紹介します。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

人と話すのがしんどい・・そんなときの心理状況と3つ改善方法

会話するのがしんどくなっているとき、それは心も体も疲れているのかもしれません

 

 

 

人と話すことがしんどくなっている時、

それは

心も体も疲れてしまっている

可能性

非常に高いです。

 

 

 

休み明けで体が元気な時や、

ストレスを感じておらず

心が元気な時は、

人と話すのは

そんなに億劫ではありません。

 

 

 

実際管理人も

仕事の休み明けなどは

わりかし元気で、

職場の友人とよく喋る方です。

 

 

 

しかし、

だんだんと体が疲れてくると、

話すこと自体が

億劫になってきてしまいます。

仕事でのストレスも

感じ始めてきて、

気持ちが内向きになってきてしまいます。

 

 

 

また体に疲れが

出てきてしまうと、

頭の回転が鈍くなったり、

言葉がうまく出てこなかったり、

人の話を聞き取りにくくなったりします。

 

 

 

この症状が出ると

より一層人と話すのが

億劫になってしまいます。

 

 

 

さらに、

「人と話すことがしんどい」と

感じている場合

「うつ病の可能性」があります。

 

 

 

うつ病は心が風邪を引いている状態、

心が疲れてしまっている状態なのです。

ですので、

どうしても人と話すことも

億劫になってしまいがちになります。

 

 

 

管理人もうつ病体験者ですが、

常に倦怠感や無気力感を感じており、

本当に人と話すのが辛くて、

職場に行くのが本当に嫌でした。

 

 

 

またうつ病になると、

心だけでなく

体も疲れを感じやすくなっており、

人の話が聞き取りにくく、

また頭の回転も遅くなり、

うまく会話をすることが

できない状態になっていました。

 

 

 

このように

人と話すのが

しんどい状態になっているときは、

心と体が

疲れ切ってしまっている状態

なっているのです。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

人と話すのがしんどい・・そんなときの心理状況と3つ改善方法

しんどい時にはこの3つの改善方法を試して!

 

 

 

このように

人と話すのがしんどい状態に

なっている時、

どうすれば改善できるのか。

おすすめの改善方法を3つご紹介します!

 

 

 

1・徹底的に休む

 

まずは心と体をゆっくりと休めましょう

 

 

人と話すことがしんどくなるほど

疲れているということは、

それほど日頃の生活で

疲れてしまっているという証拠です。

 

 

栄養のあるものを食べて、

しっかり眠ってみましょう。

食べて寝れば、疲れも吹き飛びます。

 

 

 

なお、

体を休めてゆっくりしている時は、

自分を責めないようにしてください。

「こんなにダラダラ寝て自分はダメだ!」と

いうように考えてはNG。

 

 

 

むしろ

こんなにへとへとになるまで

頑張っているのだから、

褒めるに値します!

 

 

 

ですので休んでいる間は、

「よく頑張ったの自分」と

褒めてあげて、

しっかり休むようにしてください。

 

 

 

2・人との関わりを減らしてみる

 

どうしても話すのが

しんどくなってしまった場合には、

人との接触を極力絶つようにしてみましょう。

 

 

例えば毎日 LINEで会話している場合、

このLNEでの連絡を控えてみる。

食堂でお昼を食べているのであれば、

一人で外食しに行く。

 

 

このように人と関わることを

控えていると、

だんだんと人と話したいと言う

心理状態に戻ってきます。

 

 

 

3・ストレスを発散する

 

人と話すことがしんどくなる場合、

日々のストレスが原因となって

しんどくなってしまっていることが

考えられます。

これは少しうつ病にも関連してきますね。

 

 

仕事のストレスや、

家の中のストレス、

人間関係のストレス、

日々の生活の中には

いろんなところにストレスが潜んでいます。

 

 

 

このようなストレスを溜めずに、

定期的に発散するように

心掛けましょう。

 

 

 

管理人おすすめのストレス発散方法は、

「大好きなことに熱中する」ことです。

 

 

 

例えばゲームをしたり、

お絵かきをしたり、

溜めていて読んでなかった本を

一日で読破したり、などなど・・

 

 

好きなことをやると、

自分の内側から

力が湧いてくるような気がします。

 

 

 

仕事が終わった後など、

30分や1時間ほど

自分の好きなことに費やせる時間を

もつと良いです。

 

 

 

スポンサーリンク



 

 

 

人と話すのがしんどい・・そんなときの心理状況と3つ改善方法

まとめ:うつ病の可能性が潜んでいる・・我慢しないで誰かに相談を!

 

この社会で生きている限り

人と話すということは

どうしても避けられない

ミッションになります。

 

 

 

それが億劫になってしまうと、

生きにくくなってしまいますよね。

 

 

 

ですので、

少し話すことがしんどくなった時には、

我慢をせずじっくり休むようにしてください。

 

 

また、

気を許せる友人などに

今の状況を

相談するというのもありです。

一人で耐えようとせず、

我慢せずに周りに相談することも

オススメです!

 

 

 

スポンサーリンク



 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です