LINEで送る
Pocket

 

あなたは日頃の生活の中で

息苦しさを感じていませんか?

 

 

なんとなく、うまくいかない。

 

 

私も仕事をしているとき、

家事をしているとき、

ふとそんな思いが出てくるときがあります。

 

そういうとき、

このようなことを思い浮かべていませんか?

 

 

「遊んではいけない」

 

「お金を使ってはいけない」

 

「休んではいけない」

 

「泣いてはいけない」

 

「怒ってはいけない」

 

 

ない、ない、ない、ないだらけの言葉。

 

 

これが発展すると

もっと様々な「~ない」が出てきます。

 

 

 

「仕事がうまくいかない」

 

「お金がない」

 

「できる自分でないといけない」

 

「家事を完璧にこなさなくてはいけない」

 

「浪費してはいけない」

 

「誰かに認められなくてはいけない」

 

「自分の好きなことばかりやってはいけない」

 

 

 

…などなど。

挙げたらきりがありません(笑)

 

 

 

でも、このないないの言葉をみていると、

何だか息苦しくなりませんか?

様々な圧力がかかってきて、

身動きがとれなくなりませんか?

 

 

 

実際、私も動けなくなってしまいます。

この考えがぐるぐると頭を巡って、

息苦しくなってきます。

 

 

 

実はこの「ないない」という表現、

自分の考えや行動を制限しているのです。

 

 

スポンサーリンク



 

簡単にできる自分を解放する3つの方法、ないないから抜け出そう!

 

 

息苦しさの原因!?自分を制限する「ないない」思考

 

 

 

自分の能力、可能性、表現力…

様々な自分の力を押さえつけて、

「ないない」思考のレールに沿って

動くように制限しているんです。

 

 

 

こんなに制限されていては、

息苦しくなるのは当然ですよね。

 

 

 

そしてこの制限は、

日々の生活にも影響していきます。

なんとなく生きづらいと感じてしまうのです。

 

 

 

もう、やめましょう。

このないない生活、自分を制限する生活を。

 

 

 

ないない生活から解放すれば、

体の自由が効くようになり、

息苦しさはなくなります。

そして、

今感じてる生きづらさを軽減する事ができます。

 

 

 

今回は

管理人も実践している

この「ないない」思考から

解放するための3つのポイントをご紹介します。

 

 

スポンサーリンク



 

簡単にできる自分を解放する3つの方法、ないないから抜け出そう!

 

 

自分には「ある」と考えよう

 

「時間がない」

「お金がない」

「余裕がない」

 

 

 

自分には何もないと考えていませんか?

この考えも自分を苦しめる原因になるのです。

 

 

 

ですが、

一度「自分は持っている、自分にはある」と

考えてみてください。

 

 

 

自分には時間がある

自分にはお金がある

自分には余裕がある

 

 

 

どうでしょう?

考えるだけでも、少しだけ楽になりませんか?

声に出して読み上げてみるともっと効果的です。

 

自分は、

もう持っている、

「ない」と思っていたものは、

実はすでに「ある」んです。

それに気づいていないだけなんです。

 

 

 

いつもしていることの逆をしてみよう

 

例えばいつもの帰り道。

いつもとは違う道を通ってみる。

それだけで、

何かいいアイディアが浮かんだり、

かわいい猫をみつけたり(笑)

 

 

 

普段は「高価なものを食べてはいけない、

安価なものを・・」と

思っているけど、

「高価な食事」をしてみたり。

 

 

 

「節約」にこだわっていたら、

一度思い切り「散財」してみる。

 

 

 

「家事を頑張らなきゃ」と思っているならば、

「家事を頑張らない」としてみる。

 

 

 

こう思うだけで視野が開けて、

目の前がぱっと明るくなります。

明るくなることによって、

ふっと息苦しさも軽くなっていきますよ。

 

 

 

逆のことをするだけで、

見え方がぐっと変わります。

 

 

 

 

自分に許可しよう

 

「~してはいけない」という考えに

捕らわれていませんか?

 

 

 

「浪費してはいけない」、

「食べ過ぎてはいけない」、など・・・

 

 

 

これも自分を強力に制限する言葉です。

「~してはいけない」という制限がかかり、

自分の身動きが

取れなくなってしまっているのです。

(実際私はこの考えに捕らわれてました…)

 

 

 

これを「~してもいい」に

変えてみましょう。

自分に許可を出すんです。

 

 

 

それだけで、解放されるはずです。

 

 

 

「浪費してもいい」、「食べ過ぎてもいい」。

 

 

 

どうでしょう、

こうしたらお金を使うこと、

食事をすることが楽になりませんか?

 

 

 

きっと「~してはいけない」と

思っている裏には、

その行為に対する罪悪感が

潜んでいると思います。

以前、その行為をしたことによって、

ショックなことが起きたため、

その行為をしないようにしないように

動いているんだと思います。

 

 

 

ですが、

それはもう過去の出来事です。

過去に捕らわれて、

今が苦しくなるのはとてもつらいことです。

 

 

 

勇気を出して、

自分に許可してみましょう。

「~してもいい、OKだよ」と。

 

 

 

 

スポンサーリンク



 

簡単にできる自分を解放する3つの方法、ないないから抜け出そう!

 

自分を認めて、許して、らく~に生きよう!

 

 

私もこれまで

「自分には何もない」、

「贅沢してはいけない」、

「質素に生活しなくてはいけない」など、

様々な考えに縛られていました。

そのためか、常に息苦しさを感じていました。

 

 

 

ですが、

このように考えを修正するようになってから、

少しずつですが、

楽に生活できるようになりました。

自分にはすでに「ある」、

いつもと違う方法でやってみる、

「~してもいい」、

ずっと体が重く感じていたのですが、

ちょっとだけ軽くなった気がします。

 

 

 

まだまだ、

「自分には何もない」と

考えてしまうことがあって、

苦しくなってしまいますが・・(笑)

 

 

 

ずっと自分を縛り続けてきた考えを

すぐに改めることは困難です。

少しずつ時間をかけて、

らく~な考えに修正していきたいと思います。

 

ぜひ試してみてください!

スポンサーリンク



LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です